現在活躍している人気歌手の中には、歌い方に特徴がある人も少なくありません。では、特に歌い方が個性的だと思われているのは一体誰なのでしょうか。
そこで今回は、歌い方が独特な歌手について探ってみました。

1位 桑田佳祐
2位 椎名林檎
3位 宇多田ヒカル
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「桑田佳祐」!


若い世代から中高年まで、幅広い層から人気を集めている桑田佳祐。1978年にサザンオールスターズとしてデビューし、『勝手にシンドバッド』『いとしのエリー』『真夏の果実』『涙のキッス』『TSUNAMI』など、数々の名曲を世に送り出してきました。
時代を問わず愛される曲調はもちろん、サザンオールスターズの大きな特徴といえば桑田佳祐の歌い方。ややしゃがれた味のある声でのびやかに、ときにコミカルに歌い上げる歌い方が特徴的。
どこか哀愁も感じられることから「あの声で愛を歌われると感動するし切なくなる」という人も多数。1位となりました。

2位は「椎名林檎」!


独特な世界観を持つことで有名な椎名林檎。タイトル、歌詞、曲調、ミュージックビデオ、全てがまるでアート作品を見ているかのよう。ここ数年は歌手としてだけでなく、リオ五輪の閉会セレモニーの企画・演出メンバーとして参加するなど、個性的な感性と経験を武器に多方面で活躍しています。
そんな彼女はねっとりと絡みつくような歌い方が特徴的。フレーズとフレーズの間を切らずにつなげて歌いあげる独特な歌い方に「中毒性があってハマる」と感じている人が多数。2位となりました。

3位は「宇多田ヒカル」!


今では日本を代表する歌姫の一人として知られている宇多田ヒカル。デビュー曲『Automatic』で大ブレイクし、数々のヒット作を連発。アルバム『First Love』は767.2万枚の売り上げを記録し、日本国内の歴代アルバムセールス1位となっています。
ハスキーで落ち着いた声が特徴的で、吐息交じりのアンニュイな歌い方が彼女の持ち味。そんな歌い方を聞いて「カッコイイ」「スッと耳に入ってくる」という人が多数。3位となりました。

このように、幅広い年齢層から支持され、長年活躍している歌手が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~50位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの歌手の歌い方が独特だと思いますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年11月08日~2017年11月09日