毎年新しいバンドが注目され、ミュージックシーンは若い世代が台頭してきています。しかし、70~90年生まれのおじさんバンドも負けてはいません。長年多くの人に愛される作品を多数生み出しているバンドも多数!
そこで今回は、最高にかっこいいおじさんバンドについて探ってみました。

1位 サザンオールスターズ
2位 Mr.Children
3位 スピッツ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「サザンオールスターズ」!


1978年にデビューした、桑田佳祐がボーカルを務める伝説のバンド・サザンオールスターズ。1970年代には『勝手にシンドバッド』『いとしのエリー』、1980年代には『チャコの海岸物語』、1990年代には『真夏の果実』『涙のキッス』『エロティカ・セブン EROTICA SEVEN』といった誰もが知る名曲を輩出し、2000年以降も『TSUNAMI』『涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜』『東京VICTORY』など、次々とヒット曲を生み出しています。
長年第一線で活躍を続け、人気は衰え知らず。親子でライブを楽しむという人も少なくありません。桑田佳祐は現在61歳。まだまだ若い世代に負けず劣らずの勢いを見せてくれることから、1位となりました。

2位は「Mr.Children」!


1992年にデビューし、“ミスチル”の愛称で知られているMr.Children。1990年代に『抱きしめたい』『CROSS ROAD』『innocent world』『Tomorrow never knows』などの曲で人気を不動のものにし、2000年以降も『掌』『しるし』『Sign』『GIFT』『HANABI』などのヒットソングを輩出。
イケメンボーカルの桜井和寿はいつ見ても変わらず、まだまだ若いイメージですが、現在47歳。若々しいルックスで色あせない曲を歌い続けていることから、2位となりました。

3位は「スピッツ」!


1991年にデビューしたスピッツ。『君が思い出になる前に』『空も飛べるはず』『ロビンソン』『チェリー』といった人気曲を多数輩出。昔カラオケでスピッツの曲を必ず歌っていたという人も多いはず。
ボーカルの草野マサムネは現在49歳。懐かしくもあり、どこか切ない名曲を多く生み出したスピッツが3位となりました。

このように、若者に負けないオーラをまとい、人の心を打つ曲を作り続けているバンドが上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのおじさんバンドがかっこいいと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年9月13日~2017年9月13日