昨日、今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されました。年末の風物詩として長年多くの人々に愛されてきた紅白歌合戦。「これを見ないと年が越せない」という人も多いのではないでしょうか?
有名アーティストのほとんどは紅白歌合戦に出場経験があると思いきや、出場したことがない人も少なくありません。そこで今回は、紅白歌合戦に出場したことがない意外なアーティストについて探ってみました。

1位 B’z
2位 スピッツ
3位 井上陽水
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「B’z」!


ギター・松本孝弘とボーカル・稲葉浩志の2人からなる音楽ユニット。1988年に結成され、来年30周年を迎えます。シングル通算首位獲得数、シングル連続首位獲得数、シングル連続初登場首位獲得数などで歴代1位の記録を樹立。その他日本音楽界における多くの賞を受賞しています。とにかく名曲が多く、『ultra soul』は世界水泳の大会公式テーマソングとして長く愛されています。
デビューから30年近く第一線で活躍し続けていることから、「親子でファン」「親子でライブに行く」という家族も多数。幅広い年齢層から爆発的な人気を得ているB’zは、当然紅白歌合戦に出場した経験があると思いきや、実は一度も出場したことがありません。この時期には休暇をとることを優先させているそうで、12月14日から始まる年またぎの全国ツアー「B'z LIVE-GYM 2017-2018」も年明けの再開は1月7日からとなっています。

2位は「スピッツ」!


草野マサムネ、三輪テツヤ、崎山龍男、田村明浩からなる男性4人組音楽ユニット。『空も飛べるはず』『ロビンソン』『チェリー』などの名曲を多数生み出し、カラオケでよく歌われる人気アーティストとしても知られています。
そんなスピッツも紅白歌合戦に出場したことがありません。結成30周年を迎えたこのタイミングでもしかして!?と期待したファンも多かったようです。

3位は「井上陽水」!


伸びのある独特な歌い方が印象的な超大物歌手・井上陽水。その独特な歌い方を真似するものまね芸人は数多く存在します。『リバーサイド ホテル』『夢の中へ』『少年時代』など、名曲も多数。
そんな井上陽水も紅白出場経験がありません。出場しない理由は「恥ずかしいから」だと噂されています。

このように、超がつくほど有名なアーティストであるにも関わらず、紅白歌合戦に出場したことがない人も少なくありません。4位~44位のランキング結果にも小田和正や松山千春、JUJUなど様々な大物アーティストがランク・インしています。

みなさんは、どのアーティストが紅白歌合戦への出場経験がないと聞いて驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年10月19日~2017年10月19日