実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング

昔から当たり前のように身近にあったお菓子の中には、様々な理由から残念ながら販売中止になったものも少なくありません。
そこで今回は、販売中止になったと聞いて驚くお菓子について探ってみました。

1位 カール
2位 サイコロキャラメル
3位 チューペット
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「カール」!

麦わら帽子に印象的な口ひげ、首に巻いたタオルがトレードマークのカールおじさんでお馴染みのカール。サクッとした食感と濃厚な味わいで長年多くの人々に愛されてきたスナック菓子です。「カールチーズあじ」「カールうすあじ」「カールカレーあじ」が定番フレーバーで、スーパーのお菓子コーナーには必ずと言ってよいほど置かれていました。
そんな誰もが知る定番のお菓子であるカールは、2017年8月生産分をもって中部地方以東の販売を終了しています。そのため、現在カールは西日本限定のお菓子となっています。販売エリアを縮小しただけでなく、フレーバーも整理され、現在は「カールチーズあじ」と「カールうすあじ」のみが販売されています。

2位は「サイコロキャラメル」!

駄菓子の定番とも言えるサイコロキャラメル。正方形のパッケージに赤と白のサイコロのデザインが施されており、食べ終わった後もサイコロとして使用することができる斬新なお菓子として注目を集めていました。中身のミルクキャラメルはどこか懐かしく安心感のある味わい。
そんな誰もが一度は見たことがあるお菓子の定番だったサイコロキャラメルも、2016年3月に販売終了。89年の歴史に幕を閉じました。現在は工場がある北海道限定で販売されており、北海道土産として注目されているようです。

3位は「チューペット」!

「チューペット」

長い棒状で、真ん中でパキッと割って食べるチューペット。子どものころに兄弟や友人と分け合って食べた記憶がある人も多いのではないでしょうか。そんな多くの人の思い出の味でもあるチューペットは、2009年9月に販売終了しています。
類似商品が今もなお店頭に並んでいることから、チューペットが姿を消したことに気がつかなかったという人も多いようです。
このように、スーパーに行けば当たり前のように手に取ることができると思っていた定番のお菓子の中には、既に販売中止になったものも少なくありません。気になる4位~22位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのお菓子が販売中止になったと聞いて驚きましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,069票
調査期間:2017年6月28日~2017年7月12日

続きを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

名作&衝撃作だらけ!もう一度見たい野島伸司作品は?

  • ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年)

    投票
  • 美しい人(1999年)

    投票
  • ヒーローインタビュー(1994年)

    投票
  • すてきな片想い(1990年)

    投票
  • パパ活(2017年)

    投票
  • 時には母のない子のように(1988年)

    投票
  • この世の果て(1994年)

    投票
  • あいくるしい(2005年)

    投票
  • 49(2013年)

    投票
  • ゴールデンボウル(2002年)

    投票
  • KISSしたい睫毛(2018年)

    投票
  • 新・星の金貨(2001年(原案担当))

    投票
  • 高校教師シリーズ(1993年、1993年(映画版、原作・脚本担当)、2003年)

    投票
  • 家なき子シリーズ(1994年(企画担当)、1994年(映画版、企画・原案担当)、1995年(企画担当))

    投票
  • 未成年(1995年)

    投票
  • 世紀末の詩 The Last Song(1998年)

    投票
  • 彼氏をローンで買いました(2018年)

    投票
  • 聖者の行進(1998年)

    投票
  • 百合だのかんだの(2019年)

    投票
  • ラブシャッフル(2009年)

    投票
  • 人間・失格-たとえばぼくが死んだら-(1994年)

    投票
  • 明日、ママがいない(2014年(脚本監修担当))

    投票
  • 愛しあってるかい!(1989年)

    投票
  • スキ!(1990年)

    投票
  • リップスティック(1999年)

    投票
  • 世にも奇妙な物語「死ぬほど好き」(1990年)

    投票
  • 君は僕をスキになる(1989年)

    投票
  • アルジャーノンに花束を(2015年(脚本監修担当))

    投票
  • 理想の息子(2012年)

    投票
  • フードファイト(2000年(企画担当))

    投票
  • プライド(2004年)

    投票
  • 薔薇のない花屋(2008年)

    投票
  • 愛という名のもとに(1992年)

    投票
  • お兄ちゃん、ガチャ(2015年)

    投票
  • ひとつ屋根の下シリーズ(1993年、1997年)

    投票
  • 仔犬のワルツ(2004年(企画担当))

    投票
  • 君が嘘をついた(1988年)

    投票
  • GOLD(2010年)

    投票
  • OUR HOUSE(2016年)

    投票
  • 101回目のプロポーズ(1991年)

    投票
  • 高嶺の花(2018年)

    投票
  • シニカレ(2012年)

    投票
投票受付期間:2020/08/04 11:00 ~ 2020/08/18 10:59

投票します。よろしいですか?