春山歩きが気持ちいい季節! 軽量で疲れないハイキングシューズ16選

SALOMON (サロモン)
HI-TEC (ハイテック)
KEEN (キーン)
caravan (キャラバン)
MERRELL (メレル)
adidas (アディダス)
Columbia (コロンビア)
THE NORTH FACE (ザノースフェイス)
MERPHINE
Mont-bell (モンベル)

ハイキング・登山をより快適に楽しみたいならハイキングシューズがおすすめです。しかしローカット・ミドルカットなど種類が多く選ぶのが難しいですよね。そこで今回はハイキングシューズの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。モンベル・サロモン・コロンビア・メレルなど人気メーカーのシューズも必見です!

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

快適なハイキングは足元から!春休みは山に出かけよう!

3月になり春めいてくるとキャンプ・ハイキングなどアウトドアレジャーに出かけたくなりますよね。しかしウェアやグッズは準備してもシューズはいつものスニーカーを履いていませんか?実はハイキング・山登りにはハイキングシューズがおすすめなんです!

 

ハイキングシューズにはローカット・ミドルカットがあり、足首のサポート力やフィット感に優れたものが多く凹凸のある道や長距離の歩行に適しています。しかしモンベル・サロモン・コロンビア・メレルなど人気メーカーは数多く選ぶのが難しいですよね。

 

そこで今回はハイキングシューズに選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは素材・重さ・ソールの厚さ・機能性を基準に作成しました。購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

ハイキングシューズの選び方とは?

ハイキングシューズはローカット・ミドルカットの2種類に大別され、防水などの機能性もさまざまです。ここでは自分に合った1足を選ぶポイントについてご紹介します。

ハイキングシューズの種類で選ぶ

ハイキングシューズは大きくローカット・ミドルカットに分けられます。見た目だけでなく機能性も大きく異なるので履くシーンや重視したい点で使い分けるのがおすすめです。それぞれの特徴を表にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

  ローカット ミドルカット
デザイン 足首の高さがくるぶしより下 足首の部分が高く、履いたときにくるぶしが隠れる
価格 ミドルカットより安い ローカットよりも高い
足首・くるぶしのサポート力 低い 高い
やわらかさ
砂や砂利の侵入 しやすい しにくい
締め付け感 あまりない 強い
おすすめのシーン ハイキング・キャンプ・旅行・タウンユース 凹凸面の多い場所・岩場の登山
向かないシーン 悪路のハイキング・高難度の登山 平坦な道の長距離歩行

ローカット:快適性を重視する方におすすめ!

ローカットは履いたときにくるぶしが出るデザインで足首が出るので締め付け感がなく、快適に履けるのが特徴です。軽量で疲れにくく、見た目もスニーカーのようなおしゃれなものが多くタウンユースと兼用したい方や初めての1足にも向いています。

 

ただし足首が覆われていない分砂や砂利が入りやすく、サポート性に欠けるので凹凸の多い悪路では足をひねりやすいのがデメリットです。ハイキング・登山(低山)などおおむね平坦な道を長距離歩くシーンに適しています。

ミドルカット:機能性を求める方に最適!

ミドルカットは履いたときにくるぶしが隠れる高さのあるデザインを指します。足首をしっかりホールドして安定性が高く、凹凸の多い道でも足をひねりにくいのがメリットです。岩場の登山など不安定な場所を歩くのに向いています。

 

しかしローカットよりも重さのあるモデルが多く、長時間・長距離歩く場合は疲れやすいのがデメリットです。平坦な道では歩きにくく感じる場合もあります。ミドルカットシューズは凹凸面の多い登山やハイキングなどにおすすめです。

ソールの固さ・厚さ・溝の有無をチェック

ハイキングシューズはソールによって機能性が大きく左右されます。ソールに固さ・厚さがあると凹凸面でも足腰へダイレクトに衝撃が伝わりにくく、歩きやすいのでおすすめです。反対にソールがやわらかく薄いものは疲れやすくハイキングには向きません。

 

またソールの溝もポイントです。溝が深く入っているものは地面としっかり密着して滑りにくくなります。そのため山道でも安定してしっかり歩けるのが魅力です。快適にハイキング・登山をしたい方はソールが固めで厚みがあり、溝が深いものを選びましょう。

防水性の高いシューズなら突然の雨にも安心

ハイキングや登山で意外と多いのが急な雨など天気の急変です。そのため防水性を備えたハイキングシューズを選ぶのがおすすめです。防水シューズは通気性に劣るので蒸れてしまいがちですが、最近では防水透湿のモデルが増えています。

 

防水透湿性をもったシューズなら水の侵入を防ぎながら靴の中の湿気を逃がすため、蒸れにくく快適に歩けるのでおすすめです。気をつけたいのは「撥水」加工のシューズで、こちらは水をはじくものの防ぐわけれはないので必ず「防水」表記を確認してください。

ローカットハイキングシューズの人気おすすめランキング8選

8位

adidas(アディダス)

TERREX AX4 プライムグリーン ハイキング

軽さと安定性を両立した人気シューズ

ランニングシューズのような軽やかさとハイキングシューズの安定性を兼ね備えた1足です。二重構造と高いグリップ力で通常のハイキングだけでなく高難度の登山コースやコンディションの悪い場所にも対応します。

基本情報
サイズ展開 25.5~28.0cm
カラー展開 コアブラック・パルスオリーブなど全5色
素材 合成素材・ゴム
重さ 360g
ソールの厚さ 3cm
防水機能 ×
その他特徴 ハイグリップ
もっと見る
7位

HI-TEC(ハイテック)

HKU11 AORAKI WP

水の侵入を防ぎ湿気は逃がす透湿防水テクノロジーを搭載

アオラギWPは透湿防水テクノロジー「DRI-HI Light」を備えているのが特徴で蒸れにくく快適な履き心地ながら防水機能もついているのが魅力です。ハイキングだけでなくキャンプなどのアウトドアシーンで活躍します。

基本情報
サイズ展開 22.0~31.0cm
カラー展開 ブラウングリーン・ブルーグレーなど全6色
素材 合成皮革
重さ 330g
ソールの厚さ 2cm
防水機能
その他特徴 DRI-HI Light(透湿防水)
もっと見る
6位

Columbia(コロンビア)

セイバー ファイブ ロウ アウトドライ

グリップ力が高く悪路に強い

軽量ながら反発力・グリップ力に優れたモデルです。アッパーは細かいメッシュになっているので高い通気性を保ちながらも砂や小石が入りにくく、グリップ力の高いソールで悪路にもしっかり歩けます。

基本情報
サイズ展開 22.5~29.0cm
カラー展開 ブラックボールドオレンジ・バークマウンテンレッドなど全3色
素材 合成繊維・合成皮革
重さ 394g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 透湿・ハイグリップ
もっと見る
5位

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

Vectiv Fastpack FUTURELIGHT

通気性・クッション性に優れ快適にハイキングできる

軽量の防水シューズです。アッパーには独自素材を採用し高い通気性を実現しました。防水性も搭載しており水の浸入を軽減します。クッション性・屈曲性も高いのでハイキングを快適に楽しめる1足です。

基本情報
サイズ展開 25.0~30.0cm
カラー展開 ブラック・オリーブなど全3色
素材 合成繊維
重さ 340g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 防水透湿・軽量
もっと見る
4位

KEEN(キーン)

JASPER

クライミングシューズのようにホールド力が高く履き心地が抜群

クライミングシューズにヒントを得たウォーキング&トレッキングシューズです。ホールド性の高いレースシステムが特徴で、肉厚のフットベッドでクッション性にも優れています。気分で付け替えできるアディショナルレース付きです。

基本情報
サイズ展開 22.5~31.0cm
カラー展開 キャシースパイスブルー・シルバーミンクなど全8色
素材 スエード
重さ
ソールの厚さ 2cm
防水機能 ×
その他特徴 ホールド力・抗菌防臭加工・アディショナルレース付き
もっと見る
3位

caravan(キャラバン)

C1_LIGHT LOW

スニーカー感覚で履ける高機能なローカットモデル

軽さ・やわらかさにこだわったローカットモデルでスニーカー感覚で履けるのが特徴です。履き心地が良いので初心者にもおすすめで、アウトドアだけでなく街歩きにも適しています。

 

履きやすさとともにスニーカーにはないグリップ力・安定感・防水透湿性にも優れておりハイキングや近場の登山にもぴったりです。多岐に使える1足をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

基本情報
サイズ展開 22.5~30.0cm
カラー展開 ブラック・サンドの全2色
素材 ハニカムメッシュポリエステル
重さ 365g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 軽量・やわらかい
もっと見る
2位

SALOMON(サロモン)

X ULTRA 4 GTX

サポート力と滑りにくさに優れ高度なトレイルにも対応

安定性・グリップ力・防水性に定評のあるサロモンの人気シューズです。足の外側を安定させた設計で足首の関節を保護し、全地形対応グリップアウトソールで滑りやすい地面やぬかるみでもしっかりグリップします。

 

アップヒル・ダウンヒルどちらにも適しているので高度なトレイルに挑みたい方、より機能性の高い1足をお探しの方にぴったりです。

基本情報
サイズ展開 25.0~32.0cm
カラー展開 マグネット・ブラックなど全4色
素材 合成素材
重さ 386g
ソールの厚さ 3.1cm
防水機能
その他特徴 滑りにくい・高耐久・高フィット
もっと見る
1位

MERRELL(メレル)

CHAMELEON 8 STORM GORE-TEX

岩場から街歩きまで広く活躍するメレルの人気シリーズ

メレルの王道ハイキングシューズ「カメレオン ストーム」シリーズの第8世代モデルです。TPU素材のプレートをつま先からかかと部分まで包み込むように覆い、障害物から足を保護して安定性を高めています。

 

ソールにはグリップ力に優れたVibramソールを採用し、深さ5ミリもの溝で滑りにくいのが魅力です。これらの機能性だけでなくファッション性も兼ね備えているのでタウンユースにも活躍します。

基本情報
サイズ展開 25.0~30.0cm
カラー展開 ブラック・ライケンなど全4色
素材 合繊(GORE-TEXメンブレン)
重さ 480ℊ
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 撥水・透湿・高グリップ
もっと見る

ローカットハイキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ展開 カラー展開 素材 重さ ソールの厚さ 防水機能 その他特徴
アイテムID:12408354の画像

Amazon

楽天

ヤフー

岩場から街歩きまで広く活躍するメレルの人気シリーズ

25.0~30.0cm

ブラック・ライケンなど全4色

合繊(GORE-TEXメンブレン)

480ℊ

撥水・透湿・高グリップ

アイテムID:12408356の画像

Amazon

楽天

ヤフー

サポート力と滑りにくさに優れ高度なトレイルにも対応

25.0~32.0cm

マグネット・ブラックなど全4色

合成素材

386g

3.1cm

滑りにくい・高耐久・高フィット

アイテムID:12408355の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スニーカー感覚で履ける高機能なローカットモデル

22.5~30.0cm

ブラック・サンドの全2色

ハニカムメッシュポリエステル

365g

軽量・やわらかい

アイテムID:12408357の画像

Amazon

楽天

ヤフー

クライミングシューズのようにホールド力が高く履き心地が抜群

22.5~31.0cm

キャシースパイスブルー・シルバーミンクなど全8色

スエード

2cm

×

ホールド力・抗菌防臭加工・アディショナルレース付き

アイテムID:12408484の画像

Amazon

楽天

ヤフー

通気性・クッション性に優れ快適にハイキングできる

25.0~30.0cm

ブラック・オリーブなど全3色

合成繊維

340g

防水透湿・軽量

アイテムID:12408485の画像

Amazon

楽天

ヤフー

グリップ力が高く悪路に強い

22.5~29.0cm

ブラックボールドオレンジ・バークマウンテンレッドなど全3色

合成繊維・合成皮革

394g

透湿・ハイグリップ

アイテムID:12408494の画像

Amazon

楽天

ヤフー

水の侵入を防ぎ湿気は逃がす透湿防水テクノロジーを搭載

22.0~31.0cm

ブラウングリーン・ブルーグレーなど全6色

合成皮革

330g

2cm

DRI-HI Light(透湿防水)

アイテムID:12408822の画像

Amazon

楽天

ヤフー

軽さと安定性を両立した人気シューズ

25.5~28.0cm

コアブラック・パルスオリーブなど全5色

合成素材・ゴム

360g

3cm

×

ハイグリップ

ミドルカットハイキングシューズの人気おすすめランキング8選

8位

MERPHINE

ハイキングシューズ

色柄が豊富でおしゃれなデザインだから街歩きにも使える

繊細なメッシュを採用し通気性に優れたハイキングシューズです。足首までしっかり覆うのでサポート力があり、滑り止め付きのソールでコンディションの悪い地面でも進めます。色柄が豊富で街歩きにも使いやすい1足です。

基本情報
サイズ展開 23.0~28.0cm
カラー展開 オレンジ・ベージュなど全7色
素材 レザー
重さ
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 透湿性・衝撃吸収・滑り止め
もっと見る
7位

Mont-bell(モンベル)

COW MID-CUT

足首までしっかりサポートするモンベルのミドルカット

ボアシステムを持つミドルカット登山靴で、足首までしっかりサポートしてくれるのが特徴です。生活防水効果があるので天気の急変にも対応できます。グリップ力のあるソールは岩場にもぴったりです。

基本情報
サイズ展開 22.5~28.0cm
カラー展開 ブラック
素材 合皮
重さ 450g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 高グリップ
もっと見る
6位

HI-TEC(ハイテック)

HKU13 AORAKI CLASSIC WP

カジュアルなデザインで街歩きにも活躍する

イギリスのアウトドアメーカー・ハイテックの人気シリーズです。起毛調の素材を使用したカジュアルな見た目が特徴で、タウンユースと兼用で使いたい方にも向いています。耐水性・透湿性に優れ快適に履ける1足です。

基本情報
サイズ展開 22.0~31.0cm
カラー展開 ブラック・ターコイズなど全5色
素材 合成皮革
重さ 340g
ソールの厚さ 2cm
防水機能
その他特徴 透湿性・高グリップ・スペアシューレース付き
もっと見る
5位

SALOMON(サロモン)

EVASION 2 MID LTR GORE-TEX

グリップ力が高く悪路でもしっかり歩ける

スプリットレザーとゴアテックスにより保護機能・耐久性に優れたモデルです。ミドルカットなので凹凸の激しい路面でも足首をサポートし、グリップ力の高いソールでどんなコンディションでもトレッキングできます。

基本情報
サイズ展開 25.0~28.5cm
カラー展開 マグネット
素材 合成繊維(ゴアテックス)
重さ 475g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 透湿性・高グリップ
もっと見る
4位

KEEN(キーン)

NXIS EVO MID WP

サポート力に優れた防水透湿シューズ

KEEN独自の防水透湿素材を採用し快適な履き心地が魅力です。ミドルカットで足首を守り、アキレス腱はパットを入れてより高いフィット感を実現しています。おしゃれなデザインで街歩きにも適した1足です。

基本情報
サイズ展開 22.5~26.0cm
カラー展開 ブラック・オリーブなど全7色
素材 レザー
重さ 320g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 透湿性・軽量・高サポート
もっと見る
3位

MERRELL(メレル)

Moab 3 Synthetic Mid Gore-Tex

グリップ力・クッション性に優れハイキングを快適に楽しめる

防水透湿性のあるゴアテックス素材を採用した人気シューズです。優れた耐久性とグリップ力を兼ね備えたメレル専用アウトソール「Vibram TC5+」でさまざまな路面に対応できます。

 

クッション性の高いミッドソール・インソールを採用しているのに加え、衝撃吸収性の高いエアークッションでかかとを守ってくれるのが特徴です。疲れにくく快適にハイキングができます。

基本情報
サイズ展開 25.0~30.0cm
カラー展開 コヨーテ・ブラックなど全3色
素材 合成繊維(ゴアテックス)
重さ 440g
ソールの厚さ 3cm
防水機能
その他特徴 透湿・高クッション・衝撃吸収
もっと見る
2位

SALOMON(サロモン)

X ULTRA 3 WIDE MID GORE-TEX

日本人の幅広足にも嬉しいワイド設計

ハイレベルの防水性と透湿性を備えるゴアテックスを採用したトレッキングシューズです。シューズ内部をドライに保つので長時間歩いても心地よい履き心地が叶います。

 

ソールには2種類のラバーを組み合わせているのでより強力なグリップ力があり、ヒール部分の特殊なパターンは下り坂でも滑りにくいのが特徴です。幅広足に嬉しいワイド設計で、ゆったりとフィットします。

基本情報
サイズ展開 22.5~30.0cm
カラー展開 グレー・ブラックなど全4色
素材 合成繊維(ゴアテックス)
重さ 472g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 透湿性・撥水性・砂よけ・幅広設計
もっと見る
1位

caravan(キャラバン)

C1-02S ゴアテックス

高機能ながらやわらかく初心者でも履きやすい

経験豊富な登山愛好家たちからも高い支持を得ている登山靴です。履き口まわりにはやわらかい生地とクッション材を採用しているので、足首をしっかりホールドしつつもやさしい肌あたりになっています。

 

指先まわりはゆとりを多く、アキレス腱部分は浅めにカットするなど快適性にこだわっており初心者でも違和感なく履けるのが魅力です。独自のソールや衝撃吸収インソールで悪路にも適しています。

基本情報
サイズ展開 22.5~30.0cm
カラー展開 ブラウン・ネイビーなど全8色
素材 合成皮革
重さ 590g
ソールの厚さ
防水機能
その他特徴 やわらかい・高クッション・グリッププ
もっと見る

ミドルカットハイキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ展開 カラー展開 素材 重さ ソールの厚さ 防水機能 その他特徴
アイテムID:12408487の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高機能ながらやわらかく初心者でも履きやすい

22.5~30.0cm

ブラウン・ネイビーなど全8色

合成皮革

590g

やわらかい・高クッション・グリッププ

アイテムID:12408500の画像

Amazon

楽天

ヤフー

日本人の幅広足にも嬉しいワイド設計

22.5~30.0cm

グレー・ブラックなど全4色

合成繊維(ゴアテックス)

472g

透湿性・撥水性・砂よけ・幅広設計

アイテムID:12408358の画像

Amazon

楽天

ヤフー

グリップ力・クッション性に優れハイキングを快適に楽しめる

25.0~30.0cm

コヨーテ・ブラックなど全3色

合成繊維(ゴアテックス)

440g

3cm

透湿・高クッション・衝撃吸収

アイテムID:12408490の画像

Amazon

楽天

ヤフー

サポート力に優れた防水透湿シューズ

22.5~26.0cm

ブラック・オリーブなど全7色

レザー

320g

透湿性・軽量・高サポート

アイテムID:12408501の画像

Amazon

楽天

ヤフー

グリップ力が高く悪路でもしっかり歩ける

25.0~28.5cm

マグネット

合成繊維(ゴアテックス)

475g

透湿性・高グリップ

アイテムID:12408506の画像

Amazon

楽天

ヤフー

カジュアルなデザインで街歩きにも活躍する

22.0~31.0cm

ブラック・ターコイズなど全5色

合成皮革

340g

2cm

透湿性・高グリップ・スペアシューレース付き

アイテムID:12408517の画像

Amazon

足首までしっかりサポートするモンベルのミドルカット

22.5~28.0cm

ブラック

合皮

450g

高グリップ

アイテムID:12408504の画像

Amazon

楽天

ヤフー

色柄が豊富でおしゃれなデザインだから街歩きにも使える

23.0~28.0cm

オレンジ・ベージュなど全7色

レザー

透湿性・衝撃吸収・滑り止め

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

【豆知識】ハイキングシューズにはどんなメーカーがある?

ハイキングシューズは多くのメーカーから発売されています。好みのブランドがある方はそこから商品をしぼったり、またウェアやグッズと同じブランドで統一したりするのもおすすめです。以下で人気メーカーをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

mont-bell(モンベル)

国内最大手のアウトドアブランド・モンベルは軽量かつ安定性の高い機能的なモデルが揃います。メンズ・レディースの商品が多いのはもちろん、子供用のラインナップが豊富なのが特徴です。しっかり足首を固定できるミドルカットも揃い登山でも活躍します。

SALOMON(サロモン)

サロモンはおしゃれなデザインと軽量性・防水性など機能性の高さで注目を集めるフランスのアウトドアブランドです。グリップ性・クッション性に優れた独自のソール「コンタグリップ」を採用したシューズは悪路の登山でも安定した歩行が叶います。

Columbia(コロンビア)

コロンビアはアメリカの総合アウトドア・スポーツウェアメーカーです。高い防水透湿機能や滑りにくく泥抜けの良いソールなど機能性の高いトレッキングシューズが揃います。幅広設計のモデルも充実しており、足幅が広い方にもおすすめです。

MERRELL(メレル)

メレルはハイキングシューズの完成から始まったアメリカのアウトドアシューズブランドです。防水性・透湿性を兼ね備えたゴアテックス素材を採用したモデルが多く、悪天候でも快適性を保てます。またリサイクル素材を使用するなど環境にも配慮したブランドです。

ハイキングシューズとトレッキングシューズは何が違う?

ハイキングシューズと同じようなものにトレッキングシューズがあります。ハイキングシューズはやわらかく歩きやすいものが多く、整備された平坦な道を長時間・長距離歩くのに適したものです。スニーカーに近く、タウンユースできるものもあります。

 

一方のトレッキングシューズはミドルカットで足首をしっかり固定できるものが多く、ソールも厚く登山道に適しているのが特徴です。スニーカーも含めて違いを表にまとめましたので参考にしてください。

 

  ハイキングシューズ トレッキングシューズ スニーカー
足首サポート 劣る 高い なし
ソール 薄め~やや厚め 厚い 薄め
おすすめシーン 平坦な道・街歩き 登山・凹凸の多い道 街歩き

 

以下の記事ではトレッキングシューズ・疲れないスニーカーの人気おすすめランキングをご紹介しています。記事内でそれぞれの特徴を詳しくご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

こだわりのインソールでさらに快適なハイキングを!

もっと快適にハイキングを楽しみたい方はシューズに加えてインソール(中敷き)にもこだわりましょう。インソールにはフィット感を高めたり、靴擦れを防止したり、足の保温をしたりと機能性を高める役割があります。

 

以下の記事ではインソールの人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ自分に合った1枚を探してみてください。

【注意】本格的な登山に挑むなら万全の準備が不可欠

近場のハイキングではなく標高が高い高難度の登山に挑む方は登山用のトレッキングシューズや相応の道具をチェックし万全の準備をしてください。キャンプも兼ねる場合はテント・パーコレーターなども用意しましょう。

 

以下の記事では登山用テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひこちらも参考にしてください。

まとめ

ハイキングシューズの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しました。ハイキングシューズはモデルにより機能性・快適性が大きく異なります。ぜひ本記事を参考に自分に合った1足を探してハイキングを楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

メンズレインシューズのおすすめ人気ランキング25選【蒸れない・おしゃれなブランドも】のサムネイル画像

メンズレインシューズのおすすめ人気ランキング25選【蒸れない・おしゃれなブランドも】

靴・シューズ
レインシューズのおすすめ人気ランキング20選【疲れない長靴やレディースも】のサムネイル画像

レインシューズのおすすめ人気ランキング20選【疲れない長靴やレディースも】

靴・シューズ
レインブーツの人気おすすめランキング15選【ロゴスに長靴はある?】のサムネイル画像

レインブーツの人気おすすめランキング15選【ロゴスに長靴はある?】

靴・シューズ
ニューバランスの人気おすすめランキング17選【レディース向けや履き心地がいいものも】のサムネイル画像

ニューバランスの人気おすすめランキング17選【レディース向けや履き心地がいいものも】

靴・シューズ
【マニア監修】ナイキスニーカーの人気おすすめランキング28選【メンズに人気のものも】のサムネイル画像

【マニア監修】ナイキスニーカーの人気おすすめランキング28選【メンズに人気のものも】

靴・シューズ
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。