スコンカーのおすすめ人気ランキング10選【最新モデルも】

スコンカーは人気を集めているVAPEです。しかし、スコンカーはMODやアトマイザーが重要なうえに、2021年や2022年に発売された最新モデルもあるのでなかなか選べません。今回はスコンカーの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

※法律により20歳未満の煙草の購入や喫煙は禁止されており、煙草の購入には年齢確認が必要です。

VAPEでもスコンカーMODは人気が高い

スコンカーはMOD(バッテリー)の内部にリキッドタンクが入っているVAPE(電子タバコ)の一種です。本体のデザインもあって、かっこよく喫煙できるため2017年ごろから人気を集めており、2021年や2022年には最新モデルも発売されています。

 

実は、スコンカーにはさまざまなデザインがあり、サイズや煙の量なども異なります。そのため、自分の好みで選ぼうと思っても、なかなか選べません。また、よりスコンカーを使いこなすならメリット・デメリットの確認も重要です。

 

今回はスコンカーの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。ランキングは種類・重量・材質を基準で作成しました。スコンカーの基本的な知識や使い方などもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

自作しやすいカスタム性の高さにスターターキットもあるセミメカニカル

豊富なデザインとカラーバリエーションが展開されているセミメカニカルタイプです。防水チップを備え、さらに超耐久性ABSナイロンでできているため故障するリスクが低く、コンパクトなので持ち運びも簡単にできます。

 

初心者向けのスターターキットを発売されており、カスタム性も高いので、自分好みのスコンカーを自作したい方にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富であり、デザインもかっこいいので、ぜひ試してみてください。

種類 セミメカニカル 重量 -
材質 超耐久性ABSナイロン

スコンカーの選び方

ここからはスコンカーの選び方をお伝えします。スコンカーを購入するときはさまざまなポイントを押さえておくと、より自分にあったものを選べるので、ぜひご覧ください。

種類で選ぶ

スコンカーは制御基板の種類によって、3種類にわけられます。ここではそれぞれの種類を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

小型で安い価格がいいなら「メカニカル」がおすすめ

メカニカルのスコンカーは小型なうえに安い価格で購入しやすい種類です。制御基板が搭載されていないためサイズが小さく、持ち運びが簡単にできます。しかし、短絡保護機能など安全装置が搭載されていないため、爆発事故が起こるリスクがほかの種類より高いです。

 

ただ、メカニカルはドアパネルやサイドボタンなどをカスタムしやすいため、自分好みのデザインにカスタマイズできます。また、デザインもスタイリッシュでおしゃれなものも多いため、スコンカーの扱いに慣れている方に最適です。

使いやすさと安全性を求めるなら「セミメカニカル」がおすすめ

メカニカルより安全性や使いやすさを求めるならセミメカニカルが最適です。セミメカニカルはメカニカルと違って安全装置が搭載されているので、事故が起こるリスクが下がっています。そのため、初心者にも比較的扱いやすい種類です。

 

ただ、メカニカルと同様にコイルやMODの残量に出力が依存しており、自前でW(ワット)数や煙の調整ができません。他方で、LED表示など使い勝手がいい機能が搭載されている場合もあるので、使いやすさはメカニカルに勝ります。

初心者向けならハイエンドの最新MODもある「テクニカル」がおすすめ

MODのテクニカルは初心者が使いやすい全自動型のスコンカーであり、大型のモデルやハイエンドモデルも揃っています。サイズが大きく、それだけ重量も増すため、メカニカルやセミメカニカルと比較すると携帯性は劣っているので注意してください。

 

ただ、テクニカルは各種安全装置が備わっているうえに、出力を自由に調整できます。さらに温度管理機能など多彩な機能を搭載している最新モデルも多いので、非常に便利です。しかし機能が複雑な分、衝撃や水に弱いので扱いはていねいにしなければなりません。

パーツで選ぶ

スコンカーを購入するなら、アトマイザーやボトルなどパーツも重要です。ここでは各種パーツに注目した選び方を紹介します。

液漏れを防ぐならクリアロなど「アトマイザー」がマッチしたものがおすすめ

スコンカーのアトマイザーは水蒸気を発生させる噴霧装置を指しており、吸い心地や味を左右するパーツです。アトマイザーは多種多様ですが、口径は22mm・バッテリーの接続部分は510口金であれば、ほとんどのバッテリーと組み合わせられます。

 

アトマイザーには液漏れを防げる密封設計を採用しているものもあり、このタイプならリキッドを無駄にするリスクがありません。もし付属品で満足できない場合は互換性があれば、別のアトマイザーを購入して使用できます。

 

また、アトマイザーにはコイルごと交換するクリアロ(クリアロマイザー)と、自作コイルが必要なリビルダブルアトマイザーの2種類があります。ただ、初心者にはいきなり使いこなせないので、スターターキットに付属されているものを使用すれば無難です。

コスパを重視するなら「ボトル容量」が大きいものがおすすめ

コスパを重視するなら、スコンカーに使われているボトル容量をチェックしましょう。当然ながら、ボトル容量が大きいほどたくさんリキッドが入るので、その分長く楽しめます。1ml違うだけでも使用時間が変わるので、ぜひチェックしてみてください。

 

それだけでなく、実はボトルの形も重要なポイントです。スコンカーに使われているボトルはスコンクボトルとも呼ばれますが、丸い形と四角い形のものがあります。四角いスコンクボトルは容量が大きいので、たっぷりリキッドを入れたい方におすすめです。

 

ただ、スコンカーはリキッドを全て使い切らないと次のリキッドを使えません。そのままリキッドを入れ替えると前の味が残ってしまうため、大容量だと複数のフレーバーを楽しみにくくなります。この点はよく気をつけてください。

長く使いたいなら21700など大容量の「バッテリー」がおすすめ

ボトル容量だけでなく、アトマイザーのバッテリーも使用時間を左右するパーツです。基本的にスコンカーのバッテリーは2000mAhあれば1日中使用できるので、とくにこだわりがなければ、この容量を選んでください。

 

また、バッテリーは煙の量を左右する出力にも大きな影響を及ぼします。爆煙と呼ばれるほどたくさん煙が出るスコンカーがほしいなら、21700など大容量のバッテリーやデュアルバッテリーが搭載できるスコンカーを購入しましょう。

 

スコンカーによっては複数のバッテリーに対応できるタイプもあれば、デュアルバッテリーに切り替えられる2 in 1タイプもあります。爆煙を楽しみたい方や味にこだわりがある方は、これらのようなタイプがおすすめでうs。

使い心地やデザインが気になるなら「材質」もチェック

実際に使うときの使い心地やデザインが気になるなら、スコンカーの材質もチェックしましょう。スコンカーは一般的に金属製のものが多く、亜鉛合金やカーボンファイバーなどを使われています。金属製は光沢感と高級感があるため、人気が高いです。

 

ただ、金属製のスコンカーは重いので、人によっては携帯に不便さを感じやすいです。カバーにプラスチックやABS樹脂を用いているタイプなら軽くなりますが、その分安っぽいデザインになるので注意してください。

実際に携帯するなら「重量」を確認

実際にスコンカーを外出時に携帯するなら、重量は確認しましょう。あまりに大きく、重いものだと携帯時にかさばるため、人によっては使いにくく感じます。とりわけ金属製の素材を使ったテクニカルは重量が大きくなりがちです。

 

小型で軽量のスコンカーがほしいなら、メカニカルやセミメカニカルのものがおすすめです。ただ、最近は小型化・軽量化に成功したMODテクニカルも販売されており、以前より使いやすいタイプが増えています。

理想的なスコンカーを選ぶなら「予算」をチェック

あらゆる商品に共通していますが、スコンカーも予算をどれだけかけるかによってクオリティが変わります。最近は安い価格で購入できるものも多いですが、機能性や安全性にこだわるなら、ある程度の予算はかけなければなりません。

 

ただ、自分でスコンカーをカスタマイズできる上級者なら、安いメカニカルを購入し、自分でパーツを揃えてカスタマイズする方法もあります。やり方によっては、こちらの方がリーズナブルになる場合もあるので、上級者の方は試してみてください。

通販で購入するなら「口コミ」を確認

通販でスコンカーを購入する場合、あらかじめ口コミなどをチェックしましょう。スコンカーは本体のみや、付属パーツのセット販売など、販売形式が異なるうえに使い心地も異なります。だから口コミを見れば使用感がわかり、失敗するリスクが減るのでおすすめです。

スコンカー人気おすすめランキング10選

対応するバッテリーが多いうえに交換ボトルもついている

3色のカラーリングがある、シンプルでスタイリッシュなスコンカーです。LED表示がついているなど使い勝手がよいうえに、対応するバッテリーが多いので出力の調整が簡単にできます。交換ボトルも付属されている商品です。

種類 セミメカニカル 重量 -
材質 -

小型でありながらも多機能で使いやすい最新モデル

スコンカーのなかでもかなり小型の最新モデルであり、レザーのワンポイントなどデザイン性にもすぐれています。機能性も高く、スマートモードを搭載しているだけでなく、コイルの抵抗値にあわせて自動で出力を調整可能です。

種類 - 重量 77g
材質 -

口コミを紹介

チェーンを長時間続けてタンクに熱をもちますが液漏れは全く起こりません。
コンパクトでバッテリーのもちも良く大変重宝しています。
それと、早い発送に丁寧な梱包、文句なしの五つ星です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボトルを入れるだけでデュアルMODに変更できる汎用性の高さが魅力

シングルスコンカーですが、出力の調整がしたいならデュアルMODにも変更できます。バッテリー部分にボトルかバッテリーを入れるだけで変更できるので、非常に使いやすいです。ほかの2 in 1タイプと比べても手軽に扱えます。

種類 - 重量 135g
材質 -

液漏れの心配がないアトマイザーで爆煙をたっぷり楽しめる

取り付けが簡単なうえに密封設計を採用したアトマイザーを使用しているので、液漏れの心配がありません。パワー調節機能がついているため、爆煙など煙の量を変えられ、好みの味を楽しめます。もちろん爆煙にも対応可能です。

 

出力だけでなく、温度管理機能もついているので、自分の理想的な味や煙を実現できます。それだけでなく、過放電・ショット・過充電など、各種トラブルに対する保護機能も充実しているため、安全性も非常に高いです。

種類 テクニカル 重量 130g
材質 -

口コミを紹介

質感、使いやすさ共に良好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

すぐれたデザインと高い安全性能を持つ通販でも人気なスコンカー

ユニークなモザイクエディションを採用したデザインが通販でも人気が高いです。デザイン性だけでなく安全性も高く、MOD本体の温度が85度以上に達すると自動で電源切れ、10秒以上のファイアーでシャットオフをします。

種類 - 重量 -
材質 アルミニウム
5位

クリアロなどの多様なアトマイザーが使えるセミメカニカル

ボトルではなくボタンを押してリキッドを供給するシンプルなセミメカニカルタイプのスコンカーです。ボタンの押し方でさまざまな操作ができるうえに、直径25mmまでならクリアロなどさまざまなアトマイザーが使えます。

種類 セミメカニカル 重量 260g
材質 -

MODのテクニカルタイプでありながら小型・軽量を実現

MODでもテクニカルは大型で重いタイプが多い傾向があるのに、小型・軽量を実現しています。出力調整機能・LED表示など、使い勝手がよい機能を揃えており、カラーバリエーションも豊富なうえに価格もリーズナブルです。

種類 テクニカル 重量 -
材質 -

希少なBOROタンクに適応した濃厚なミストが味わえるスコンカー

希少なビレットボックス規格のBOROタンクにも適応した、カスタイマイズ性が高いスコンカーです。ビレットボックスより小さいので、持ち運びがしやすく、携帯性がアップしています。デザインもシンプルでおしゃれです。

 

エアフローピンが4種類付属されており、自分の好みにあわせて交換できます。絞りが効いているチャンバー・チムニー設計を採用しているため、濃厚なミストをたっぷりと味わえるので、VAPE上級者にもおすすめです。

種類 - 重量 250g
材質 -

21700など幅広いバッテリーに対応した温度管理機能つきハイエンドモデル

5~100Wまでの幅広い出力範囲を持っており、自分の好みにあわせて煙の量や味わいを調整できます。さらに音頭管理機能があるのでハイエンドながらも初心者にも使いやすいです。また、丈夫な亜鉛合金で作られています。

 

汎用性も高く、市販されているほとんどアトマイザーが使えるので、好みでカスタムしたい方にも適しています。それだけでなくバッテリーも21700・20700・18650などに対応しているため、非常に使いやすいモデルです。

種類 テクニカル 重量 320g
材質 亜鉛合金

自作しやすいカスタム性の高さにスターターキットもあるセミメカニカル

豊富なデザインとカラーバリエーションが展開されているセミメカニカルタイプです。防水チップを備え、さらに超耐久性ABSナイロンでできているため故障するリスクが低く、コンパクトなので持ち運びも簡単にできます。

 

初心者向けのスターターキットを発売されており、カスタム性も高いので、自分好みのスコンカーを自作したい方にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富であり、デザインもかっこいいので、ぜひ試してみてください。

種類 セミメカニカル 重量 -
材質 超耐久性ABSナイロン

スコンカー人気おすすめランキング8選

商品 画像 商品リンク 特徴 種類 重量 材質
アイテムID:11527715の画像

楽天

Amazon

ヤフー

自作しやすいカスタム性の高さにスターターキットもあるセミメカニカル

セミメカニカル

-

超耐久性ABSナイロン

アイテムID:11518833の画像

Amazon

ヤフー

21700など幅広いバッテリーに対応した温度管理機能つきハイエンドモデル

テクニカル

320g

亜鉛合金

アイテムID:11527176の画像

楽天

Amazon

ヤフー

希少なBOROタンクに適応した濃厚なミストが味わえるスコンカー

-

250g

-

アイテムID:11518841の画像

楽天

ヤフー

MODのテクニカルタイプでありながら小型・軽量を実現

テクニカル

-

-

アイテムID:11527152の画像

Amazon

クリアロなどの多様なアトマイザーが使えるセミメカニカル

セミメカニカル

260g

-

アイテムID:11543706の画像

楽天

Amazon

ヤフー

すぐれたデザインと高い安全性能を持つ通販でも人気なスコンカー

-

-

アルミニウム

アイテムID:11518825の画像

楽天

Amazon

ヤフー

液漏れの心配がないアトマイザーで爆煙をたっぷり楽しめる

テクニカル

130g

-

アイテムID:11517981の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ボトルを入れるだけでデュアルMODに変更できる汎用性の高さが魅力

-

135g

-

アイテムID:11543702の画像

Amazon

ヤフー

小型でありながらも多機能で使いやすい最新モデル

-

77g

-

アイテムID:11518819の画像

ヤフー

対応するバッテリーが多いうえに交換ボトルもついている

セミメカニカル

-

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

そもそもスコンカーはどんなVAPE?

スコンカーはVAPEの一種ですが、内蔵されているリキッドボトルを直接押してリキッドを供給するタイプを指します。スコンカーはリキッドを補充したいときにアトマイザーを外す必要がないため、スムーズにリキッドをチャージできます。

 

スコンカーは別名BF(ボトムフィーダー)とも呼ばれており、さまざまな種類が販売されています。ただ、そのなかでもスコンカーはメカニカル・セミメカニカル・テクニカルの3種類にわかれており、いずれも使い心地が違うので注意してください。

 

スコンカーはタバコと同じように使えますが、ニコチンがないものも販売されているので、禁煙を考えている方にもおすすめです。以下の記事では手巻きタバコローラーの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

スコンカーのメリット・デメリット

ここではスコンカーを使ううえでのメリット・デメリットを紹介します。実際に使うときに備えて、ぜひ参考にしてください。

スコンカーのメリット

スコンカーはほかのVAPEと比較してリキッドボトルの容量が大きいため、たっぷり煙を楽しめます。大容量の分、交換の頻度が少ないため予備のリキッドを持ち歩く必要がないうえに、ボトルやチムニーを外さなくてもリキッドのチャージができます。

 

さらにスコンカーはメカニカルタイプであればカスタマイズしやすいため、オリジナルのVAPEと作りたい上級者にもおすすめです。アトマイザーやバッテリーも豊富に販売されているので、パーツも簡単に揃います。

 

もちろん、ほかのVAPEと同様に複数のフレーバーを楽しめる点もスコンカーの魅力です。ニコチンの有無も選べるので、喫煙を続けたい方にも禁煙したい方にもマッチします。さらにデザイン性も高いので、かっこよくVAPEを吸いたい方にもおすすめです。

スコンカーのデメリット

スコンカーはアトマイザーがBFピンがついている専用のものでなければ使用できません。そのため、元々使用していたアトマイザーだと使えないため、VAPEをスコンカーに切り替えたいときは事前にチェックする必要があります。

 

また、別のフレーバーを試したいと思っても、前のリキッドが残っていると混ざるため吸いきらなければフレーバーを交換できません。それだけでなく、大容量のボトルなので、液漏れすると大惨事になるリスクがあります。

自作でスコンカーをカスタマイズするときの注意点

自作でスコンカーをカスタマイズする場合、とりわけ気をつけなければならないのがMODの設定です。スコンカーのMODはテクニカルとメカニカルの2種類がありますが、前者は電圧さえ設定すれば自動で数値を設定できるので、あまり失敗しません。

 

対してメカニカルMODは自由度が高く、カスタマイズの応用がしやすいですが、スコンカーの性能を決める要素を全て自分で設定しなければなりません。そのため、電圧の設定だけでなく、コイルもMODにあわせて用意する必要があります。

 

もしメカニカルMODでスコンカーを自作する場合、自分が設定したい電圧の数値にあわせて、最適なコイルを選びましょう。もしコイルの選択を誤るとショートしてしまいます。そのため、メカニカルMODはカスタマイズ初心者にはおすすめできません。

まとめ

スコンカーはVAPEのなかでもカスタマイズ性が高く、デザイン性にすぐれたモデルが多いため、おしゃれを演出しやすいです。しかし、種類によって使い心地が変わるので、自分にあったものを的確に選んでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事