体圧分散マットレスの人気おすすめランキング10選【質の良い睡眠を】

体圧分散マットレスは、無印やトゥルースリーパーなどメーカーもさまざまです。腰痛や肩こりを解消するために欲しいと思っても選び方が分からない方もいます。ここでは、体圧分散マットレスの選び方とおすすめをランキング形式でご紹介します。

体圧分散マットレスを使って快眠・腰痛対策をしよう

毎日の疲れを取るには、良質な睡眠は欠かせません。ぐっすり眠るにはさまざまな環境が整っているのが大切です。その内のひとつが寝具です。寝具はまくら・掛け布団・マットレス・敷布団で、どれか一つでも体に合わないと睡眠の妨げになります。

 

特にマットレスは体全体を預ける寝具で、硬さや材質などが大切です。体圧分散マットレスは、寝たときに点でかかる圧を分散てせ負担を軽減する狙いがあります。体圧分散マットレスはニトリやエアウィーヴなどのメーカーがあり、材質や機能などもさまざまです。

 

そこで今回は、体圧分散マットレスの選び方とおすすめをランキング形式で紹介します。ランキングはマットレスのサイズ・機能を基準に作成しました。ぐっすり寝るために体圧分散マットレスを探している方は参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

体圧分散マットレスおすすめ

1位

モットンの腰痛対策になるマットレス

モットンの腰痛対策になるマットレスです。日本人の体形だけではなく、日本の風土まで研究して作られています。そのため、購入した方の満足度も高く、多くの方が納得して使用している体圧分散マットレスです。

 

通気性がよくマットレスの中に湿気がこもらず蒸れにくく、寝ていても涼しさを維持できます。敏感肌の方も使用できるように、ダニやホコリなどのパッチテストもクリアしている商品です。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 10Th 重量 約7.5kg
規格 シングル 構造・クッション性 高反発
素材 ウレタンフォーム 機能性 抗菌・防ダニ加工

体圧分散マットレスの選び方

体圧分散マットレスはサイズだけではなく、材質・機能・メーカーなどさまざまな違いがあります。ここでは、体圧分散マットレスの選び方を紹介するため参考にしてください。

素材で選ぶ

体圧分散マットレスに使用している素材はさまざまです。ここでは、ウレタンフォームとポリエステルの特徴について紹介します。

ダニアレルギーが気になるなら「ウレタンフォーム」がおすすめ

ウレタンフォームはプラスチックを泡状にした塊で軽い製品です。さらに、通気性がよく湿気が溜まりにくいため、ダニアレルギーが気になる方におすすめです。軽い製品のため、体圧分散マットレスになっても天日干しができます。

丸洗いするなら「ポリエステル」がおすすめ

ポリエステルはプラスチックを繊維状にしている製品です。水を吸収しないため、丸洗いができ清潔を保持できます。さらに、水切れもよく早く乾きます。体圧分散マットレスの大きなサイズになっても軽いため、女性でも扱いやすい素材です。

構造・クッション性で選ぶ

体圧分散マットレスによって構造やクッション性が異なます。ここからは、多層構造・オープンセル構造・衝撃吸収性に着目して紹介します。

身体にかかる圧を分散させるなら「多層構造」がおすすめ

体圧分散マットレスは、素材を組み合わせて作っている商品があります。多層構造は一つのマットレスの中でフィット感が場所によって異なります。具体的には低反発と高反発を組み合わせていて、それぞれのメリット・デメリットを補うのが特徴です。

 

配置の順番は身体に当たる部分に低反発、低反発の下に高反発の順番です。下に高反発があるおかげで、身体の圧を分散させます。肩こりや腰痛など、身体のコリで悩んでいる方におすすめの組み合わせです。

通気性も重視するなら「オープンセル構造」がおすすめ

通気性も重視するならオープンセル構造はウレタンを使用していて、ウレタン内部に細かい気孔や泡があるのが特徴です。気孔や泡があると、内部で空気が流れ通気性が良くなります。さらに、水はけも増すため水洗いができたり、熱がこもりにくくなったりします。

体重が心配なら「ポケットコイル」がおすすめ

体重が心配で体圧分散マットレスの購入を迷っているならポケットコイルがおすすめです。ポケットコイルは独立したスプリングがいくつも入っていて、スプリング一つひとつで体を支えます。そのため、スプリングごとに沈むため体重が重い方でも使いやすいです。

快眠を求めるなら「衝撃吸収性」のあるタイプがおすすめ

体圧分散マットレスは、衝撃吸収性で寝心地が左右されます。衝撃吸収性は、体圧を分散させるために大切な性能です。寝返りのたびに圧は発生するため、体圧分散マットレスの衝撃吸収性が低いと体に負担がかかります。

機能性で選ぶ

体圧分散マットレスによって機能性が異なります。ここでは、2つの機能性について紹介します。あると助かる機能の体圧分散マットレスを購入しましょう。

三つ折りするなら「折りたたみ機能」のあるタイプがおすすめ

体圧分散マットレスを収納する予定であれば、三つ折りできる折りたたみ機能のあるタイプがおすすめです。三つ折りできれば収納だけではなく、持ち運ぶときもコンパクトになって運びやすくなります。メーカーによって四つ折りや、分解できるタイプもあります。

洗濯ができないなら「抗菌・防ダニ加工」のしてあるタイプがおすすめ

洗濯ができないタイプなら抗菌・防ダニ加工がしてあるかをチェックしましょう。ほとんどの体圧分散マットレスは、洗濯機に入るサイズではありません。清潔を少しでも保ちたいなら、抗菌・防ダニ加工は大切です。

 

ただし、抗菌・防ダニ加工がしてあっても、風通しを良くしたり定期的に掃除機をかけたりしましょう。もちろん、まくらや掛布団といった寝具も清潔にしておくと、マットレスの清潔を維持しやすくなります。

長い間使うなら「耐久性」のあるタイプがおすすめ

長い間使うなら耐久性のあるタイプを選びましょう。体圧分散マットレスは、メーカーにもよりますが布団よりも高額です。そのため、少しでも長く使うために耐久性があるとランニングコストを考えたときに元が取れます。

 

たとえば、ポケットコイルを使った体圧分散マットレスが耐久性があるタイプです。ただし、耐久性ばかりを気にして寝心地や管理のしやすさを忘れてしまうと使いづらくなります。そのため、ほかのこだわりポイントも考慮して決めましょう。

基本のポイントで選ぶ

さまざまな選び方がありますが、体圧分散マットレスに限らずマットレスを選ぶときの基本的のポイントでの選び方を紹介します。

サイズは「使用する人数」で選ぶのがおすすめ

体圧分散マットレスはさまざまなサイズがあります。選ぶときは、使用する人数で選ぶのも方法のひとつです。たとえば、一人ならシングルやクイーンなら夫婦+子ども一人が目安です。身体の大きさも影響するため、購入するときにサイズを確認しましょう。

コスパで選ぶなら「機能性抜群」なものがおすすめ

体圧分散マットレスのコスパは、マットレスの機能が影響します。硬さだけではなく、肌触りや寝心地などです。体圧分散マットレスは、体圧分散の機能があるのはマストです。使う方によって必要な機能は異なるため、体圧分散機能以外で不要な機能を削りましょう。

メーカーで選ぶ

体圧分散マットレスはさまざまなメーカーが製造・販売しています。ここでは、モットン・エアウィーヴ・ニトリなどのメーカーを紹介します。

高反発マットレスで腰痛対策するなら「モットン」がおすすめ

高反発マットレスで腰痛対策するならモットンがおすすめです。モットンは東京と福岡に拠点がある布団屋です。モットンの製品を使用して「腰痛の悩みが無くなった」「しっかりと睡眠がとれるようになって起床が楽になった」などの声があります。

 

モットンの体圧分散マットレスは、自然な寝返りのサポートを大切にしています。特に腰痛で悩んでいる方におすすめです。快適な硬さを選べるように3種類あり、硬さを表すN値を目安に選択可能です。

分割できるダブルサイズなら「エアウィーヴ」がおすすめ

体圧分散マットレスを購入しても、収納や運ぶときに困る場合があります。エアウィーヴはシングルサイズやダブルサイズの体圧分散マットレスが分割できます。そのため、配送時には分割された状態で届きます。

 

また、さまざまな環境下で睡眠を研究し、睡眠の質を追求しているメーカーです。体圧分散だけではなく、寝返りのしやすさ・季節に合った快適性・手入れのしやすさなどにもこだわっています。

価格で選ぶなら「ニトリ」がおすすめ

価格で選ぶならニトリがおすすめです。ニトリはさまざまな商品がお手頃価格で購入でき、体圧分散マットレスもほかのメーカーよりも安い値段で購入できます。マットレスは三分割になっていて、定期的にマットの場所を入れ替え可能です。

 

カバーを外すと中のマットを出せるので、マットの場所を入れ替えが簡単です。また、入れ替えるとへたりが少なくなります。三つ折りできるため、収納時に困りません。お手頃価格で扱いやすいタイプを探している方におすすめです。

口コミの良さで選ぶなら「西川」がおすすめ

口コミの良さで選ぶなら西川がおすすめです。特に腰痛がある方から人気です。寝具メーカーの西川もさまざまな体圧分散マットレスが揃っています。三つ折りができたり、丸洗いができたりするタイプがあります。

ベッドのマットレスに使うなら「無印」がおすすめ

シンプルな雑貨や家具が揃っている無印からも、体圧分散マットレスが販売されています。無印の体圧分散マットレスは、ベッドのマットレスです。ただし、洗濯はできないため、使用する際はボックスシーツを使用しましょう。

快眠マットレスなら「トゥルースリーパー」がおすすめ

快眠マットレスならトゥルースリーパーがおすすめです。トゥルースリーパーの体圧分散マットレスは、低反発・中反発・高反発の3種類があります。布団の上から敷くタイプとベッドのマットレスになるタイプがあり、睡眠にこだわっている方におすすめです。

アレルギー体質なら「コットン・リネン」のカバーをチェック

アレルギー体質ならコットン・リネンのカバーをチェックしましょう。体圧分散マットレスはウレタンフォームまたはポリエステルが使用されています。材料に天然素材は使用されていません。そのため、肌が弱い方の場合、アレルギーが出る可能性があります。

 

そこで対策のひとつとして、コットン・リネンのカバーを使用しましょう。カバーを肌に優しい素材にするだけでも、アレルギーが出るリスクが軽減されます。また、カバーがあると汚れても洗濯しやすくなるためおすすめです。

看護や褥瘡用なら「医療用」の体圧分散マットレスをチェック

体圧分散マットレスは家庭だけではく、医療現場でも使用されています。自分で寝返りしたり体を動かしたりできない場合、さまざまな条件が揃うと褥瘡ができやすくなります。対策の一つとして、看護や褥瘡用なら医療用の体圧分散マットレスを使用しましょう。

敷布団派は「体圧分散敷布団」をチェック

敷布団派は体圧分散敷布団をチェックしましょう。体圧分散の敷布団は、ベッドのマットレスの上に敷く使い方も可能です。また、マットレスを購入するよりも安い値段だったり、たたんだりできます。

体圧分散マットレスのおすすめ商品ランキング10選

10位

アイリスオーヤマ

Sheep ポケットコイル

腰痛が治ったとの評判の体圧分散マットレス

腰痛が治ったとの評判の体圧分散マットレスです。抗菌・防カビ・防ダニ加工をしてあるため、アレルギー体質の方でも使用できます。ポケットコイルを528個しているため、細かく体圧を分散できます。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 21Th 重量 約23kg
規格 シングル 構造・クッション性 ポケットコイル
素材 ウレタンフォーム・フェルト・不織布 機能性 抗菌・防臭・防ダニ

口コミを紹介

腰痛持ちの母へ送りました。良く眠れると言っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

コアラマットレス

セミダブル 独自開発ウレタンフォーム3層構造

寝返りを自然にサポートしてくれる

知らないうちにする寝返りは、マットレスが体に合っていないと負担がかかります。コアラマットレスは、寝返りを自然にサポートしてくれるように開発しました。目覚めたときに疲れを感じている方は試してみましょう。

商品サイズ(cm) 195L x 120W x 23Th 重量 20kg
規格 セミダブル 構造・クッション性 3層構造
素材 クラウドセル 機能性 -

口コミを紹介

最初に横になったとき、私には柔らか過ぎかな?と感じましたが、しばらく寝ていると体全体がやさしく包まれるように変わり、硬さも丁度で、とても心地よくなりました。寝返りも楽です。購入してよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

体のS字ラインにフィットする

体のS字ラインにフィットする体圧分散マットレスです。マットレスの厚みが22cmあるため、ふんわりとているにもかかわらずしっかり体を支え、自然な姿勢を保ってくれるのが特徴です。

商品サイズ(cm) 195L x 120W x 22Th 重量 ‎24.5kg
規格 セミダブル 構造・クッション性 ポケットコイル
素材 不織布・ウレタンフォーム 機能性 防臭

口コミを紹介

新居用にと購入してから ひと月ちょっと経ちました。 私ら腰痛持ちでぎっくり腰も何回かやってます。 初日は起き上がる時に少し痛みましたが 数日ですぐに慣れ、今ではこれじゃないと ぐっすり眠れません。 眠るまで時間がかかっていた主人も これに変えてから秒で落ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

トゥルースリーパー

プレミアム 5.0 低反発マットレス

快眠を求めたトゥルースリーパーの体圧分散マットレス

快眠を求めたトゥルースリーパーの体圧分散マットレスです。今あるベッドのマットレスに敷くだけで準備完了です。無理のない姿勢を保てる設計になっているため、睡眠中はもちろん目覚めもサポートしてくれます。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 5Th 重量 約4.6kg
規格 シングル 構造・クッション性 衝撃吸収性
素材 ウレタンフォーム 機能性 -

口コミを紹介

2時間に一度目が覚め、困っていました。試しにと思って使ってみたら、朝まで熟睡できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

エアウィーヴの体圧分散マットレスで中材と外カバーが洗濯できる

エアウィーヴの体圧分散マットレスで中材と外カバーが洗濯可能です。意外と寝ているときは汗をかいていて、知らない間にマットレスは汚れています。洗濯できるタイプなら、いつでも清潔な状態で過ごせます。

 

3分割になってマットレスは届くため、届いたら組み立てが必要です。付属のカバーにマットレスを入れるだけで組み立ては完了します。定期的にマットレスの場所を入れ替えると、へたりにくくなります。

商品サイズ(cm) 幅約100cm×長さ約195cm×厚さ約18cm 重量 約17kg
規格 シングル 構造・クッション性 エアファイバー
素材 ‎ポリエステル 機能性 -

口コミを紹介

腰痛に苦しむパートナーのために有名なアスリートが推しているこちらの商品を購入しました。
使った初日から腰痛は和らぎ、おかげさまで快眠できるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

抗菌防臭加工が施してあって寝返りが楽にできる体圧分散マットレス

抗菌防臭加工が施してあって寝返りが楽にできる体圧分散マットレスです。高密度コイルで、寝返りをしても体に負担がかかりにくいのが特徴です。また、外側2列はへたりにくくするために高強度のコイルを使用しています。

 

厚みは20cmあり、カバーの側面はメッシュを使用しているため通気性は抜群です。抗菌防臭加工が施してあるため、匂いや菌などが気になる方にもおすすめです。生地はふんわりしているタイプを使用しています。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 20Th 重量 約22kg
規格 シングル・セミシングル・クイーン・セミシングルショート・ダブル・セミダブル 構造・クッション性 ポケットコイル
素材 高反発ウレタン 機能性 抗菌防臭加工

口コミを紹介

自分は硬めのマットが欲しかったのでちょうどいい硬さで、寝返りも楽でとても気にいりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

495個のポケットコイルで耐久性に優れた体圧分散マットレス

495個のポケットコイルで耐久性に優れた体圧分散マットレスです。一つひとつのポケットコイルが体を支えるため、体の部位ごとにちょうどいい圧まで分散されます。そのため、腰痛対策になる商品です。

 

マットレスにはふんわりクッションを使用しているため、ポケットコイルの硬さが直接、体に伝わる状態にはなりません。また、3ヶ月を目安に定期的に上下を入れ替えると、へたりを抑えられます。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 20T 重量 約15.2kg
規格 シングル 構造・クッション性 ポケットコイル
素材 不織布・ウレタンフォーム 機能性 -

口コミを紹介

今まで布団で寝ていたけど腰の痛みが和らがないので堪らずこちらを購入
硬すぎず柔らかすぎずとても毎日の睡眠が心地いいです

出典:https://www.amazon.co.jp

圧縮されて届く無印の体圧分散マットレス

圧縮されて届く無印の体圧分散マットレスです。無印好きにはたまらない無印の体圧分散マットレスは、ポケットコイルを使用して睡眠をサポートしています。無印のベッドフレームに合うサイズのため、揃えたい方におすすめです。

商品サイズ(cm) 幅97×奥行195×高さ19cm 重量 19.5kg
規格 シングル 構造・クッション性 ポケットコイル
素材 ポリエステル・ポリウレタン 機能性 -

口コミを紹介

弾力も素晴らしく、それまであった朝の腰痛がなくなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

腰痛の方におすすめできる西川の三つ折りできる商品

腰痛の方におすすめできる西川の三つ折りできる商品です。寝具メーカーの西川の体圧分散マットレスで、高反発ウレタンを使用しているため寝返りをサポートします。マットレスは3つに別れているため、入れ替え可能です。

 

また、三つ折りできるため収納に困りません。ベッドマットレスの上に敷いたり、床に直接敷いたりして使えます。外側のシーツは洗濯できるため、汚れても清潔を保てるタイプです。

商品サイズ(cm) 97X200X8.5cm 重量 6.9kg
規格 シングル 構造・クッション性 オープンセル構造
素材 ウレタンフォーム 機能性 三つ折り
1位

モットンの腰痛対策になるマットレス

モットンの腰痛対策になるマットレスです。日本人の体形だけではなく、日本の風土まで研究して作られています。そのため、購入した方の満足度も高く、多くの方が納得して使用している体圧分散マットレスです。

 

通気性がよくマットレスの中に湿気がこもらず蒸れにくく、寝ていても涼しさを維持できます。敏感肌の方も使用できるように、ダニやホコリなどのパッチテストもクリアしている商品です。

商品サイズ(cm) 195L x 97W x 10Th 重量 約7.5kg
規格 シングル 構造・クッション性 高反発
素材 ウレタンフォーム 機能性 抗菌・防ダニ加工

口コミを紹介

夫婦ともに椎間板ヘルニアで腰痛もちで、マットレスの購入を検討し、ダメ元でまずは私用のシングルを購入。硬さちょうどいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

体圧分散マットレスおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 商品サイズ(cm) 重量 規格 構造・クッション性 素材 機能性
アイテムID:11499824の画像

楽天

Amazon

ヤフー

モットンの腰痛対策になるマットレス

195L x 97W x 10Th

約7.5kg

シングル

高反発

ウレタンフォーム

抗菌・防ダニ加工

アイテムID:11499826の画像

楽天

Amazon

ヤフー

腰痛の方におすすめできる西川の三つ折りできる商品

97X200X8.5cm

6.9kg

シングル

オープンセル構造

ウレタンフォーム

三つ折り

アイテムID:11500153の画像

楽天

Amazon

ヤフー

圧縮されて届く無印の体圧分散マットレス

幅97×奥行195×高さ19cm

19.5kg

シングル

ポケットコイル

ポリエステル・ポリウレタン

-

アイテムID:11499794の画像

楽天

Amazon

ヤフー

495個のポケットコイルで耐久性に優れた体圧分散マットレス

195L x 97W x 20T

約15.2kg

シングル

ポケットコイル

不織布・ウレタンフォーム

-

アイテムID:11499803の画像

楽天

Amazon

ヤフー

抗菌防臭加工が施してあって寝返りが楽にできる体圧分散マットレス

195L x 97W x 20Th

約22kg

シングル・セミシングル・クイーン・セミシングルショート・ダブル・セミダブル

ポケットコイル

高反発ウレタン

抗菌防臭加工

アイテムID:11500170の画像

楽天

Amazon

ヤフー

エアウィーヴの体圧分散マットレスで中材と外カバーが洗濯できる

幅約100cm×長さ約195cm×厚さ約18cm

約17kg

シングル

エアファイバー

‎ポリエステル

-

アイテムID:11500300の画像

楽天

Amazon

ヤフー

快眠を求めたトゥルースリーパーの体圧分散マットレス

195L x 97W x 5Th

約4.6kg

シングル

衝撃吸収性

ウレタンフォーム

-

アイテムID:11500597の画像

楽天

Amazon

ヤフー

体のS字ラインにフィットする

195L x 120W x 22Th

‎24.5kg

セミダブル

ポケットコイル

不織布・ウレタンフォーム

防臭

アイテムID:11500623の画像

楽天

Amazon

ヤフー

寝返りを自然にサポートしてくれる

195L x 120W x 23Th

20kg

セミダブル

3層構造

クラウドセル

-

アイテムID:11500637の画像

楽天

Amazon

ヤフー

腰痛が治ったとの評判の体圧分散マットレス

195L x 97W x 21Th

約23kg

シングル

ポケットコイル

ウレタンフォーム・フェルト・不織布

抗菌・防臭・防ダニ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

体圧分散マットレスのメリット

普通のマットレスではなく、わざわざ体圧分散マットレスにするメリットがあります。ここでは、体圧分散マットレスの主なメリットを2つ紹介します。

圧が分散されるため褥瘡になりにくくなる

体圧分散マットレスを使うメリットは、何と言っても体にかかる圧が分散される点です。さらに、寝たきりの方にとっては褥瘡になりにくくなるのもメリットです。腰痛や肩こりにで悩んでいる方も、体圧分散マットレスを使用すると寝やすくなるとの声があります。

 

ただし、体に合う体圧分散マットレスは、人によって異なります。体圧分散マットレスなら、どれでも使いやすいわけではありません。自分の体に合った体圧分散マットレスを見つけましょう。

寝ているときの肩こりや腰痛対策の一つになる

寝ているときの肩こりや腰痛対策の一つになります。寝具によって、肩こりや腰痛になりやすくなります。普通の寝具で肩こりや腰痛に悩んでいるなら、寝具が原因になっている可能性も考えられます。そのため、体圧分散マットレスに変えるのも方法のひとつです。

体圧分散マットレスのデメリット

体圧分散マットレスにもデメリットがあります。ここからは、デメリットを紹介します。メリットと合わせてデメリットも知っておきましょう。

体圧が分散されすぎると寝ているときの姿勢が安定しない

体圧が分散され過ぎると、寝ているときの姿勢が安定しないのがデメリットの一つです。ある程度の硬さがなければ、寝ているときの姿勢が安定しません。たとえば、腰が沈みすぎて疲れます。そのため、体圧分散マットレスの硬さを見極めるのは大切です。

柔らかすぎると寝返りがしづらくなる

柔らかすぎると寝返りがしづらくなります。スムーズに寝返りができる状況は、しっかりと睡眠を取るためだけではなく、肩こりや腰痛対策にもなります。そのため、体圧分散マットレスに寝たとき、寝返りがスムーズにできるかチェックしましょう。

まとめ

体圧分散マットレスを使うと、寝返りがしやすくなったり肩こり・腰痛対策になったりします。しかし、体圧分散マットレスによって硬さが異なるため、自分にあったタイプを選ぶのが大切です。紹介した選び方やランキングを参考にして、お気に入りを見つけましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事