【2023年最新版】千葉県で利用できるおすすめのガス会社5選

記事ID45716のサムネイル画像

ガス会社といっても料金やセット割、供給エリアの範囲など様々な違いがあります。その中から自分に合ったガス会社を見つけるのは難しいことですよね。そこで今回は千葉でおすすめのガス会社を5選ご紹介します。是非参考にしてみてください。

ガス自由化とは

料金やサービス内容などによって、お客さまが自由にガス会社を選べるようにするというものがガス自由化です。この取り組みは1990年代の円高や世界的な規制緩和の影響で日本のガスや電気の価格が高い時に、他の国と差のないレベルにすることを目的として進められてきました。

 

一気に全国で自由化してしまうと混乱が生じかねないので段階的に自由化を拡げていって、最初はガスの消費量の多い大規模工場などを対象にスタートしていき、その後徐々に自由化を進めていき2017年に家庭向けにまで拡げることで全国自由化というゴールに達成しました。

 

これにより地域で決められたガス会社としか契約できなかった一般家庭でも自由にガス会社を選ぶことができるようになり、選択の自由度が広がりました。

編集部おすすめ!千葉のガス会社を紹介

関東圏の人におすすめ

【50周年を迎えた歴史のあるガス会社】

エルピオ都市ガスは1965年に設立されてから50周年を迎えた歴史のあるガス会社です。1997年に本社ビルが完成し、2014年に社名を株式会社エルピオに変更しています。社員とその家族の未来、将来を幸福にする事に対し確固たる責任を持っています。

 

【関東中心の供給エリア】

エルピオ都市ガスの供給エリアは東京ガス(株)の供給エリアのうち「東京地区等」と規定しているエリアと東邦ガス(株)の供給エリアとなっています。東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、岐阜県、三重県が対象エリアです。

 

【選べる料金プラン】

料金プランがスタンダードプランとガス暖お得プランの2種類があります。スタンダードプランはガス料金最大割引が5.9%となっており、ガス使用帯が20㎥だと年間540円お得になります。ガス暖お得プランだとガス料金最大割引が5.1%となっており、ガス使用帯が20㎥だと冬季で年間480円お得になります。

対応エリア 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、岐阜県、三重県 解約金 無料
月額料金 759円~7,109円(税込み)

LPガスと都市ガスの違い

LPガスと都市ガスはよく耳にする人もいると思います。具体的な違いについて説明するので是非参考にしてみてください。

LPガスとは

LPガスとは「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」の略で、主成分が気体燃料であるプロパンやブタンなどを液化したものを使用しています。ガスを常圧で冷却することで気体から液体に変えて、体積を小さくします。それにより輸送しやすくしています

 

LPガスのメリットは同じ火力でもより少ない量で済む熱効率の高さといった発熱量の高さや、取り付ける際にガスボンベと必要な設備さえあればどの地域でも使える点、災害時にもLPガスはボンベ内から直接家の中に引き込んでいるため、復旧が早いという点などがあります。

 

LPガスのデメリットの一番は都市ガスよりも料金が高いという点です。ガスボンベの配送にかかる人件費や業者が価格を自由に設定できるわりには市場での競争率が低いことが理由です。また、マンションやアパートだと導入費用や維持費がガス代に上乗せされてしまうこともあります。

都市ガスとは

都市ガスとは「Liquefied Natural Gas(液化天然ガス)」の略でLNGとも呼ばれます。こちらはメタンを中心とした液化天然ガスを使用しています。地下に埋められたガス導管を通ってガスを供給します。また、都市ガスは空気よりも軽いという特徴を持っています。

 

都市ガスのメリットはにおいがあることです。本来は無味、無臭なのですがガス漏れ時などにすぐに気付けるようにわざとにおいが付けられています。そして天然ガスは世界各地で産出されているため非常に安定して供給することができます。

 

都市ガスのデメリットは初期費用が高いことです。LPガスはガスボンベから供給するのに対して都市ガスはガス導管を必要とするので、家にガス導管を引いていなかった場合何十万もの工事費用がかかってしまいます。また、災害時にLPガスよりも復旧が遅いという点もあります。

ガス料金の仕組み

ガス料金の仕組みについて説明します。

基本料金

基本料金は月ごとのガス使用量に対して毎月かかる月額料金です。ガスを全く使用しなかった場合でも基本料金の支払いは必要となり、都市ガスを利用している家庭だとガスを供給するためのガス配管やガスメーターの維持費用などもかかってきます。

 

LPガスの場合はLPガスの容器、ガスメーター、調整器等のLPガスの供給設備と維持管理費等に必要な固定経費も含まれます。おすすめのガス会社を見つけるためには現在の基本料金と従量料金の単位料金、ガスの使用量を確認しましょう。

 

また、料金プランによって月々のガス代が決まるのですが、安くしたい場合に人気のガス会社だからといってそのガス会社に乗り換えたとしても必ずガス代が安くなるわけではありません。ガス料金の仕組みを知り、どの項目を比較すればいいのかを知っておくことが大切です。

 

基本的に「ガス料金 = 基本料金 + 従量料金(単位料金 × ガス使用量m3)」の計算式でLPガスでも都市ガスでも算出することができます。

従量料金

従量料金は月ごとのガス使用量に対して使った分だけ支払う料金です。ですので基本料金だとガスを使用しなかった場合でも月額の料金は発生しましたが、従量料金は全くガスを使用しなかった場合、月額の料金は求められません。

 

1m3あたりにかかる単位料金にガス使用量をかけて算出するのですが、単位料金は一定ではなく、原料価格の変動によって毎月調整されるためガス会社を選ぶ際は料金表の「基準単位料金」を見て判断しましょう。単位料金の変動はそのガス会社のホームページで確認することができ、毎月の検針票でも確認することができます。

 

LPガスの従量料金はLPガスの輸入価格や為替の変動などに伴って単位料金が変化するほか、LPガスの原料費や配送費も含まれています。また、LPガスを使用するためにガス会社から設備や配管の工事をする必要がある場合、貸与費用が上乗せでかかることがあります。料金の比較が自分では難しいと思った場合、一括見積り比較サービスというものもあるので活用してみましょう。

ガス会社の選び方

ガス会社の選び方についてご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

料金相場から選ぶ

自分が住んでいる、または引っ越そうと思っている家の地域のガス料金相場を調べてみましょう。既に他のガス会社と契約しているという場合は検針票や請求明細書を確認するのもおすすめです。明細を記載していないガス会社もあるため、その場合は電話で直接問い合わせてみましょう

 

LPガスの料金は基本料金+従量料金(1m3あたりの単価×使用量)ですが、LPガスの料金は自由に設定できるため価格はガス会社次第となります。見方を変えれば、平均価格よりも高い場合もありますし安い場合もあるということです。

 

都市ガスの場合はLPガスと違い価格が決まっているので注意が必要です。

ガス会社の安定性で選ぶ

ガス代は安ければ安いほど理想ではありますが、その代わり安定性がないというのも嫌ですよね。ガストラブルは最悪火事などといった大きな事態になりかねないですし信頼できる会社と契約することに越したことはありません

 

機器も一緒に売られているLPガス販売店なら給湯機を購入したときに割引があったり、料金プランが更にお得になることもあります。契約後もメンテナンスやトラブルに丁寧に対応してくれるガス会社をおすすめします。。

 

ガスが出ない、異臭がするなどといった異変が起きた時に迅速に対応してくれるのも大きなポイントになります。不安要素を少しでも減らすためにサポートについて積極的に質問することも大事です。

プロに相談してみる

自分でガス会社を選ぶと後々予想外なトラブルが起こったり落とし穴を見落としてしまう可能性があります。そうならないためにもプロに相談してみるのもいいでしょう。

 

LPガスを取り扱っているガス会社で最初は安い値段で紹介してくるサイトなどがありますが、中には契約後に値上げを繰り返すところもあります。プロパンガス料金消費者協会という場所なら適正価格の供給と契約後に値上げをしないことを約束するガス会社だけを紹介してくれるのでそういった場所で紹介してもらうのもおすすめです。

 

無料で相談に乗ってくれる場所もあるため気軽に相談してみましょう。

千葉のおすすめのガス会社ランキング5選

関東圏の人におすすめ

【50周年を迎えた歴史のあるガス会社】

エルピオ都市ガスは1965年に設立されてから50周年を迎えた歴史のあるガス会社です。1997年に本社ビルが完成し、2014年に社名を株式会社エルピオに変更しています。社員とその家族の未来、将来を幸福にする事に対し確固たる責任を持っています。

 

【関東中心の供給エリア】

エルピオ都市ガスの供給エリアは東京ガス(株)の供給エリアのうち「東京地区等」と規定しているエリアと東邦ガス(株)の供給エリアとなっています。東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、岐阜県、三重県が対象エリアです。

 

【選べる料金プラン】

料金プランがスタンダードプランとガス暖お得プランの2種類があります。スタンダードプランはガス料金最大割引が5.9%となっており、ガス使用帯が20㎥だと年間540円お得になります。ガス暖お得プランだとガス料金最大割引が5.1%となっており、ガス使用帯が20㎥だと冬季で年間480円お得になります。

供給エリア 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、岐阜県、三重県 解約金 無料
月額料金 759円~7,109円(税込み)

セット割引の自由度が高い

レモンガス株式会社は昭和32年に設立され、2012年には創業70年を迎えた長い歴史のあるガス会社です。創業以来「安心・安全・快適な暮らし」を支えるサービスを提供しており、主力であるLPガス企業をはじめ、宅配水アクアクララ事業や電気、インターネット回線事業に続き、都市ガス小売事業も展開しています。

 

レモンガス株式会社の供給エリアは東京ガスの東京地区等である東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県が対象となっています。料金はレモンガスわくわくプランだと20m3で759円(税込み)、80m3~200m3で1,208円(税込み)、500m3~800m3だと6,015円(税込み)となっています。

 

セット割引が色々あり、プレミアム割引だと年間最大3,000円割引、電力セット割引かアクアクララセット割引で年間最大3,960円割引、ガス器具購入割引で最大10,000円割引、レモンガス光セット割引で年間10,560円割引となっています。

供給エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 解約金 3,000円~5,000円
月額料金 759円~11,865円(税込み)

床暖プランがお得

ミツウロコガスは1982年の設立から今年で40周年を迎えるガス会社です。LPガスをはじめ安全で安定したエネルギー供給を行っており、未来の暮らしを守っています。太陽光発電システムも携帯しており、家庭でエネルギーを作ることも可能です。

 

供給エリアは東京ガスエリア、東邦ガスエリア、大阪ガスエリアに別れていて、東京ガスは東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県が対象となっています。料金プランは標準プランと床暖プランがあり、標準プランの場合0m3~20m3で月額734円(税込み)、80m3~200m3で月額1,192円(税込み)、500m3~800m3で月額6,090円(税込み)となっています。

 

床暖プランは冬季の場合0m3~20m3で月額759円(税込み)、20m3~80m3で月額1,265円(税込み)、その他季で0m3~20m3で月額759円(税込み)、80m3~200m3で月額1,232円(税込み)、500m3~800m3で月額6,292円(税込み)となっており、標準プランと比べるとガス料金が3.2%offとなっており、4人家族だとするとガス料金が年間で約3,241円もお得になります

供給エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県 解約金 無料
月額料金 734円~12,053円(税込み)

標準メニューより3%お得

よかエネは株式会社グローバルエンジニアリングのご家庭向け電気、ガスを提供するサービスで、よかエネのよかは福岡県の方言「よか」=「良い」という意味です。よかエネに切替後でも電気は従来の送電線を、ガスも同様に従来のガス管を使用しているので品質が変わるということはありません

 

供給エリアは東京ガス、東邦ガス、大阪ガスに別かれており、東京ガスは東京都、千葉県、茨城県、埼玉県、群馬県、栃木県、神奈川県が対象となっています。料金は0m3~20m3で月額736円(税込み)、80m3~200m3で月額1,232円(税込み)、500m3~800m3で月額6,103円(税込み)となっています。

 

よかエネは一般ガス事業者の標準メニューから3%引きで通常よりもお得な料金になっています。一人暮らしで例えると年間で4,368円お得になり、三人家族だと年間で7,668円お得になります。よかエネ独自の調達方法によりこの安さで提供することが可能となっています。

供給エリア 東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、群馬県、山梨県、埼玉県、茨城県、愛知県、岐阜県、静岡県、長野県、大阪府、京都府、和歌山県、滋賀県、兵庫県、三重県、奈良県 解約金 無料
月額料金 736円~12,078円(税込み)

でんきセット割がお得

Looopガスは2011年に設立された太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電の技術開発や販売からスタートした会社です。2019年には関東エリア向けの都市ガスプランであるLooopガスをスタートしました。このLooopガスの都市ガスは株式会社CDエナジーダイレクトという会社から供給されています。

 

供給エリアは東京ガスの対象である東京都、千葉県、茨城県、埼玉県、神奈川県、栃木県、群馬県です。通常の料金プランは6段階に別れていますが、Looopガスは0m3~20m3から500m3~800m3でも月額1,000円(税込み)と決まっており1段階だけとなっているので、使用量に合わせて値段が上がるということがありません

 

Looop電気とLooopガスの「でんきセット割」というものがあります。Looop電気の利用者で東京供給エリアに限定されてはいますが、消費税が8%から10%に増税された今でもこの「でんきセット割」を利用すると2%の増税分が割引になります。そのためもちろん他の会社よりも安い値段で利用することができます。

供給エリア 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、栃木県、群馬県、茨城県 解約金 無料
月額料金 1,000円(税込み)

都市ガスを切り替える際のチェック事項

ここでは、都市ガスを切り替える際に注意すべきチェック事項について紹介します。都市ガスを切り替えることを検討されている方はぜひ参考にしてください。

居中地域が供給可能エリアか

ガス会社と契約するときに確認しないといけないのが自分が住んでいる地域は供給エリア内かどうかです。有名なガス会社だからといっても供給できるエリアは限られています。供給エリアは主に東京ガス、東邦ガス、大阪ガスなどで別れています。

 

東京ガスは東京都、千葉県、茨城県、埼玉県、栃木県、群馬県、神奈川県が対象エリアとなっています。ホームページなどからチェックできるところも多いため、一度確認してみましょう

初回事務手数料無料、解約違約金の有無

そしてもう一つ確認することは初回事務手数料と解約違約金の料金です。これも会社によって様々なので確認しないといけません。解約金、違約金に関しては無料のところも多いが、会社によっては解約金、違約金が発生することもありますので、契約前に確認することをおすすめします。

ガス会社を変えて家計に優しい生活を

今回は千葉でおすすめのガス会社をご紹介しました。ガスは毎日使うもののため、少しの差でもチリが積もれば大きな金額差となります。この記事を参考に、現在のガス会社の料金を再度見直して、料金や割引等を確認して自分に合ったガス会社を探してみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

千葉県の葬儀社ランキング10選

千葉県の葬儀社ランキング10選

その他
千葉のハウスクリーニング人気おすすめランキング10選【比較表で分かりやすく】

千葉のハウスクリーニング人気おすすめランキング10選【比較表で分かりやすく】

その他のサービス
【千葉で働く】薬剤師転職サイト人気おすすめ9選【2023年最新版】

【千葉で働く】薬剤師転職サイト人気おすすめ9選【2023年最新版】

その他記事
千葉の日本酒おすすめ人気ランキング12選【地酒をご紹介!】

千葉の日本酒おすすめ人気ランキング12選【地酒をご紹介!】

お酒
千葉県民におすすめのウォーターサーバー4選!みんなはどれ使ってる?

千葉県民におすすめのウォーターサーバー4選!みんなはどれ使ってる?

その他
千葉のブライダルエステ人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

千葉のブライダルエステ人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

サービス