サイクルポートの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID4211のサムネイル画像

自転車やバイクを雨風から凌いでくれるサイクルポート。庭や軒先に大切な愛車を置いておくには必須のアイテムでもありますよね。またサイクルポートを置くことで外から見えにくくなるため防犯にも役立ちます。そんなサイクルポートのおすすめランキングです。

防犯にも役立つサイクルポートは必須!

サイクルポートは、屋外などに置ける自転車やバイクなどの保管場所のことを言います。サイクルポートに愛車を置くことで雨風や傷から守るだけではなく、目隠しにもなるため防犯にも役立つのです。

 

最近ではホームセンターやネット通販でも気軽に購入できるサイクルポートですが、種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、サイクルポートの選び方はもちろん、大きさ、材質、種類、自転車の収納台数の目安を元にランキングにしました。ぜひご覧ください。

サイクルポートの人気おすすめランキング15選

15位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

収納庫

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目がかわいいサイクルポート

サイクルポートとしてだけではなく、屋外物置としても大活躍してくれること間違いなしのとてもかわいい商品。四方を囲んでいるタイプのため、雨風からしっかりと愛車を守ってくれるだけではなく台風などがきても安心です。実用性だけではなく見た目にもこだわりたい方にもおすすめしたいサイクルポートをぜひ。

大きさ幅191×奥行111×高さ195材質記載なし
種類本格タイプ収納台数記載なし

口コミを紹介

デザイン重視で購入しました。全くの素人には不向きです。現在電動道具保管庫として使用中。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

hisasix

ひさしっくす サイクルポート

価格:225,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単施工で本格的なサイクルポートを

まるでマンションや施設のようなサイクルポートがほしい方や、見た目にもスッキリとしたサイクルポートをお求めの方にぜひ試していただきたいものです。設置方法も簡単かつ、しっかりとしたつくりのものとなっているため、満足度は言うことなし。

 

面倒な愛車のカバーかけから解放されたいと思っている方や、カバーがバサバサと風ではためくことにイライラしている方などにおすすめしたいアイテムをぜひご検討ください!お値段以上の価値はありますよ。

大きさ幅200×奥行き200×高さ200材質ステンレス・ポリカーボネート
種類本格タイプ収納台数1〜3台

口コミを紹介

大変気に入っております!!ずっと自転車置き場の屋根を探していましたが、なかなか見つからず自転車に毎回カバーをかけていました。今回ひさしっくすさんで新しく出たサイクルポートを見てデザインもおしゃれで他にはない感じなので、即購入、とても迅速親切丁寧に対応していただき、取付けもスムーズでした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

13位

toolsisland(ツールズアイランド)

サイクルテント

価格:4,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運び便利な自転車用山形テント

レジャーやスポーツで自転車をどこかへ持ち出すときにぜひお使いいただきたい簡易的なサイクルポート。ずっと屋外に置いておくようのテントではありませんが、キャンプやレジャーに出かけたときに自転車を収納するようのグッズとして重宝していただきたいものです。

 

ファスナー付きで全開にできるタイプのものなのでとても出し入れがしやすいです。テントの中には自転車だけではなく、キャンプ道具を入れておくこともできます。レジャーにぜひ持ち出してはいかがでしょうか?

大きさ幅85×奥行200×高さ165材質記載なし
種類テントタイプ収納台数1〜2台
12位

ガレージテント0808

価格:18,322円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型サイクルポート!作業道具入れとしても使えます

自転車だけではなく農作業道具を入れたり、子供の遊び道具を入れたり、場合によってはテントの中で子供を遊ばせることも可能なグッズがこちら!入口はファスナーで開閉できるタイプで防護性が高く、どんな日にも大切な愛車を守ってくれる設計となっています。

 

大型タイプのサイクルポートはどうしても組み立てが複雑だったり、組み立てたとしてもなんだか本格的すぎて使いづらかったりしますが、こちらはそのようなことがほとんどありません。とりあえず大きなサイクルポートがほしい!という方におすすめです。

大きさ幅246×奥行246×高さ220材質スチール・ポリエステル
種類テントタイプ収納台数記載なし

口コミを紹介

結論は買って良かったです。
他のレビューには組立について不満を書いている方も居ますが、自分は全く不満なく組み立てる事が出来ました。
品質も値段以上だと思いますし、文句あるならもっと高いのを購入した方がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ダイマツ

万能物置

価格:56,856円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながらもしっかりとした作り

本格的なサイクルポートを置きたいけれど、そこまでスペースがなく大きなサイズのものはおけないという方のために作られたサイクルポートです。収納台数1〜2台が停車できるもので、自転車の他にも洗濯物を干すことも可能。

 

お庭が小さいという方や、お庭にそこまでおけるスペースがないという方、スペースはないけれどしっかりとしたサイクルポートを設置したいとお考えの方はぜひご検討をください。

大きさ幅161×奥行161×高さ192材質記載なし
種類本格タイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

この商品は素晴らしいと思います。下手にDIYするより、お得で長持ち

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ぼん家具

サイクルガレージ 折りたたみ式

価格:11,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目がかわいいサイクルポート

本格的なものではなくてもいいから、とにかく雨風がしのげるコンパクトなものがほしい!という方におすすめしたいとってもかわいいサイクルポート。3カラー発売されているため、自分お好みやおうちの雰囲気に合わせて購入できるだけではなく、ちょっとした雨よけとしても使えます。

 

さらにコンパクトで折りたたみも簡単、持ち運びもできるサイクルポートは1つあると大変便利なアイテムです。

大きさ幅191×奥行き68×高さ136材質PVC・スチール
種類簡易タイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

サイクルポートを置くスペースがないのでこちらを購入しました。
出し入れの時や、邪魔な時は屋根を上げればイイだけです。
後ろ側にシートを垂らせば3台半くらいいけます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ダイマツ

多目的万能物置

価格:66,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なサイクルポートをお探しなら

せっかく設置するならばマンションや施設にあるようなしっかりとしたサイクルポートがほしい!という方におすすめなのがこちら。横雨に強いスチールタイプを採用している多目的万能物置で自転車を停めるのはもちろん。バイクや三輪車、子供の遊び道具、さらには服を干したり傘を収納したりと使い方は無限大。

 

特に洗濯物を干せるくらいの大きさがあるため、陰干しをする衣類を干すのにちょうどよさそうです。サイクルポート兼、物置兼、洗濯物干し場所がほしい方は必見です。

大きさ間口2347×奥行1615×高さ1920材質記載なし
種類本格タイプ収納台数2〜3台

口コミを紹介

安く自転車置き場を作りたくて購入しました。正直一人で組み立ては無理だと思います。部品はそこまで重くないので、女性でも誰でもいいので、支えてくれる人さえいれば大丈夫。電動工具を使わず、半日で完成します。ちなみに我が家では、コンクリートを自分でこねて、床を作り、支柱を固定しました。とてもしっかりした良い商品ですが、説明書がわかりにくいことが難点です。ちなみに、今年の台風でビクともしませんでした!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

山善(YAMAZEN)

ガーデンマスター 蛇腹式サイクルガレージ

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

出し入れ簡単なコンパクトサイクルポート

とても出し入れがしやすい蛇腹式の屋根が特徴的な人気のサイクルポート。収納台数は2台とコンパクトな見た目ながらも十分な収納スペースを確保しています。自転車だけではなく、子供の遊び道具を収納したり、屋外で使うものを収納したりと使い方はそれぞれ。

 

とても開閉しやすいオープンタイプのサイクルポートはお子様連れで、どうしても両手がふさがりがちな時でも簡単に自転車を出せるためとても便利。何かと忙しいママにこそご検討していただきたいサイクルポートです。

大きさ幅112×奥行280×高さ160材質スチール・ポリエステル
種類簡易タイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

コミネ、ドッペルギャンガーで迷っていた時(どちらも気になるマイナスレビューがあり)交換用カバー以下で買えるこちらの商品を、もし失敗してもいいやくらいな気持ちで購入しましたが結果大満足でした

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

コミネ(Komine)

モーターサイクルドーム

価格:31,681円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドーム型の見た目もおしゃれなサイクルポート

全体を覆うタイプのサイクルポートで、見た目もとてもよくかつ、大切な愛車を雨風からしっかりと守ってくれる優秀なアイテムです。また雨風に対する強さだけではなく、雨や低音、引き裂きにも強くできています。組み立てもとても簡単で、必要ないときはすぐに折りたためるのもよいポイント。

 

さらに車体に触れなくても開閉可能で、すぐに出庫できるのもおすすめのポイントなのです。

大きさ高さ152×奥行265×幅100材質ポリエステル・スチール
種類ドームタイプ収納台数大型バイク1台可能

口コミを紹介

ハーレー48用に自宅の庭で使用中ですが今のところ問題ありません。
サイズはL(103)の方です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TOSHO

バイクガレージGAREASY(ガレイジー)

価格:49,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型バイクも余裕で入る!

丈夫なPVコーティングされたシートと特別な加工がほどこされたパイプが材料に使われているため、大変丈夫で長持ちです。また設営もとても簡単で女性だけでも組み立て可能です。大型サイズも余裕で入る高さと広さを誇っており、使い方も無限大。

 

大型バイクを収納するだけではなく中に簡易的な机を設置して作業場所としても活用できます。丈夫なサイクルポートが欲しい、サイクルポートとしてだけではなく簡易的なガレージとして使用したいという方にぜひおすすめしたいものです。

大きさ幅168×奥行308×高さ179材質記載なし
種類テントタイプ収納台数大型バイク1台可能

口コミを紹介

作りは割と堅牢。一度だけ、何年か前に強風で倒壊しかけたことがあったけど、それ以外は台風の時でも設置したままいけた。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

南栄工業

サイクルハウス

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょうどよいサイズ感としっかりとした耐久性

サイクルポートはほしいけれど、大きすぎず小さすぎない、かつ簡易的に組み立てられるけれどそこそこ耐久性のあるものがほしい!なんていう欲張りな方にぜひおすすめしたいアイテムです。

 

各通販サイトでも人気が高いこちらの商品はバイクや自転車が3台停められる程度の広さとなっています。2台では足りないけれどあまり大きすぎるサイクルポートはいらない、なんて方にもおすすめのちょうどよいコンパクトサイズがおすすめです。

大きさ幅156×奥行220×高さ165材質スチール・ポリエステル
種類テントタイプ収納台数1〜3台

口コミを紹介

バイク(CB400SF)を冬入れるために購入しました。3台用を買いましたがCB400SFなら2台入りそうです。今までは帰ってきた後エンジンが冷めるのを待ってからバイクカバー掛けてましたがその手間が無くなりました。
耐久性はまだ分かりませんが気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

山善(YAMAZEN)

片屋根式サイクルガレージ

価格:22,415円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車を取り出しやすいサイクルポート

メッシュになっているため、とても風通しがよいだけではなく四方を囲ってくれているため雨風からも守ってくれるというハマる人には大変おすすめのサイクルポート。入口が1つではないため自転車や中に入れたものがとても取り出しやすいというのも人気のポイント。

 

さらに見た目よりも中は広いので、収納力が抜群というのも大変人気を集めているポイントとなっています。取り出しやすいサイクルポートを求めている方や、四方が開閉可能なサイクルポートを探している方には大変おすすめです。

大きさ幅190×奥行112×高さ176材質スチール・ポリエステル
種類テントタイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

色々見てこちらに決めました。前も横も空くのが良いです。組み立てがちょっと面倒くさかったですが、値段も安いのに物が良いので、それは仕方ありませんね。飛ばないようにしっかり止めましょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Bonarca (ボナルカ)

サイクルハウス

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量収納!使い方無限大のサイクルポート

自転車やバイクを複数収納したい方、サイクルポートとしてだけではなく屋外倉庫としても使いたい方におすすめなのがこちらのサイクルポートです。最大6台もの自転車を収納可能な、超特大サイズのサイクルポートです。

 

ちなみにこちらの商品は3サイズ展開がされており、最大6台収納できるものから1台収納のコンパクトなものまであります。

 

気になる耐久性もお墨付き。強度の強いフレームはサビにくいように加工されています。大きなサイズのサイクルポートをお探しの方はぜひご検討を!

大きさ高さ165×幅157×奥行220材質アルミ・ナイロン
種類テントタイプ収納台数1〜6台

口コミを紹介

シートは思ったよりも丈夫で、破れ・漏れは今のところ心配なさそうです。
容量も大きくかなり重宝してます

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

谷村実業

サイクルハウスII

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨風から大切な愛車を守る

とても使いやすく持ち運びも便利な簡易タイプのサイクルポートをお探しならばこちらがおすすめです。屋外で保管している自転車やバイクを日差しや雨から守れるだけではなく、レジャーでも使えそうなほどコンパクトな商品です。

 

とても使いやすく女性でも簡単に組み立てられる商品であるだけではなく、見た目も可愛いところがおすすめされているポイント。そこまで本格的なサイクルポートはいらないけれど、ある程度品質にはこだわりたいと考えている方にはぜひおすすめしたい商品です。

大きさ幅185×奥行き103×高さ150〜120材質スチール・ポリエステル
種類簡易タイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

組み立てから、広さに驚きましま。軽いので風がある時が心配ですが様子を見て行きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

晴々ガーデン

高耐久シート サイクルハウス

価格:12,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫で長持ち!

テントタイプのサイクルポートならぜひこちらの商品をご検討ください!とても耐久性に優れている生地を使用しているため、他社のテントタイプのサイクルポートよりもかなり丈夫なのだとか。

 

テントタイプのサイクルポートは比較的組み立ても簡単で、手軽に使えるものばかりではありますがどうしてもシートが劣化しやすく場合によっては1年も持たずに劣化してしまうことも。

 

しかしこちらのサイクルポートに使われている生地はプロテントに使われている高級タープ生地を採用しているとのこと。長持ちをしてくれる使いやすいサイクルポートを求めている方におすすめです。

大きさ幅100×奥行182×高さ162cm材質アルミ・ポリエステル
種類テントタイプ収納台数1〜2台

口コミを紹介

コンパクトでも結構丈夫。台風時の風にも負けない安心設計で結構重宝してる。買って良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

サイクルポートの選び方

サイクルポートはたくさんの種類が存在しています。それぞれにそれぞれの特徴がありますので、ランキングを参考に自分に合ったサイクルポートを選ぶことが大切です。最後はそんなサイクルポートを選ぶときに気をつけていただきたいポイントをご紹介します。

 

ぜひ自分の用途や好みに合ったサイクルポートを選ぶようにしてくださいね!

大きさで選ぶ

まず注目をしていただきたいのが大きさです。サイクルポートは大きければ大きいほど、収納力も大きくなります。そのため自転車やバイクを収納するだけではなく、屋外倉庫としても活用できるというメリットもあります。しかし逆に場所をとるため置ける場所が限られるというデメリットもあります。

大きなサイズ

大きなサイズのサイクルポートは作りがしっかりしているものが多いだけではなく、自転車などを収納する以外にも子供の遊び道具やお庭で使用するものやレジャーで使用するものなど、主に屋外で使うものを収納する倉庫としても活用できます。

 

しかし、大きなサイズのサイクルポートはそれだけ場所をとってしまうため、庭がないご家庭やあっても小さい場合は気軽に置けません。また大きすぎると目立ってしまうため、物によっては見栄えがあまりよくないというデメリットもありま。

小さなサイズ

自転車1〜2台ほどを収納できるコンパクトサイズのサイクルポートは場所を取らないため、置く場所に困らないのがメリットです。自転車やバイクを収納するだけならば小さなサイズで十分だといえます。

 

しかし、小さなサイズであるがゆえに自転車やバイク以外のものを収納できないのはもちろん、物によっては大きなサイズのバイクを収納できない可能性も。サイクルポートを購入する際は、どれくらいのものをどのような用途で使用するかをしっかりと考えてから検討するようにしましょう。

種類で選ぶ

続いてチェックしていただきたいのが種類です。サイクルポートには簡易的に設置できるものからまるでガレージのように使えるタイプ、さらには本格的なサイクルポートまでさまざまです。予算やどのようなものが欲しいかというのをしっかりと考えて検討しましょう。

簡易タイプ

1台自転車を置くだけならば簡易的なサイクルポートで十分です。ほかのサイクルポートに比べてリーズナブルに手に入るだけではなく、組み立ても簡単なものが多いので気軽に使えます。

 

また持ち運びもできますので、必要なときに必要な場所に設置をするという使い方もできる大変便利なアイテムと言えるでしょう。ただし、簡易的なものはそれだけ耐久性も低いパターンが多いので、しっかりと自転車を守りたいという方にはおすすめしません。

テントタイプ

簡易的なものよりもさらにしっかりしているサイクルポートをお探しならばテントタイプがおすすめです。フレームを組み立てて上からシートを被せて組み立てるタイプが多く、組み立ても比較的簡単、かつ耐久性も簡易的なものよりも丈夫なのでおすすめです。

 

また大きさやデザインもさまざまあり、自分の好みや用途に合わせて選びやすいというのも大きなポイントです。ただし、テントタイプでも台風などには耐えられないことも多いため高級車を絶対に守りたい!という方にはおすすめできないかもしれません。

本格タイプ

本格的に自分の愛車を守りたいのであれば、業者に頼んで設置してもらうような丈夫なサイクルポートを設置した方が安心でしょう。最近ではネット通販などで購入し、自分で設置できる本格タイプも多数存在しています。

 

それなりに技術が必要となりますが、自分の腕に自信のある方はぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?耐久性、デザイン性は郡を抜いていますので、自分の愛車を守るためならば思い切って設置するとよいでしょう。

見た目で選ぶ

それでもどうしてもサイクルポートを決められないという方は見た目で選んでみることをおすすめします。サイクルポートの目的は自転車やバイクを停めておく場所を確保することが目的ではありますが、やはり外の目立つ場所に置いておくものです。それなりに見た目にこだわる方も多いようです。

おしゃれなサイクルポート

やはり見た目がかわいいサイクルポートは人気です。簡易的なサイクルポートもよいですが、本格的な仕様のサイクルポートもデザイン性に優れたものが多いです。見た目の好みであったり、大きさなどによって選ぶべきものが変わってくるでしょうが、最終的な決め手に悩んだらぜひ見た目にこだわってはいかがでしょうか?

シンプルなデザインのもの

デザイン性にこだわりはもっていないけれど、やはりある程度の見た目にはこだわりたいという方はシンプルなものを選んではいかがでしょうか?最近では一見すると何かわからないようなスッキリとしたデザインのものであったり、あえて自転車を見せて収納するものもあります。

 

サイクルポート選びに困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

サイクルポートののおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5026625の画像

    晴々ガーデン

  • 2
    アイテムID:5026639の画像

    谷村実業

  • 3
    アイテムID:5026653の画像

    Bonarca (ボナルカ)

  • 4
    アイテムID:5026669の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 5
    アイテムID:5026682の画像

    南栄工業

  • 6
    アイテムID:5026828の画像

    TOSHO

  • 7
    アイテムID:5026837の画像

    コミネ(Komine)

  • 8
    アイテムID:5026844の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 9
    アイテムID:5026851の画像

    ダイマツ

  • 10
    アイテムID:5026860の画像

    ぼん家具

  • 11
    アイテムID:5026865の画像

    ダイマツ

  • 12
    アイテムID:5026870の画像

  • 13
    アイテムID:5026881の画像

    toolsisland(ツールズアイランド)

  • 14
    アイテムID:5026889の画像

    hisasix

  • 15
    アイテムID:5026900の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 商品名
  • 高耐久シート サイクルハウス
  • サイクルハウスII
  • サイクルハウス
  • 片屋根式サイクルガレージ
  • サイクルハウス
  • バイクガレージGAREASY(ガレイジー)
  • モーターサイクルドーム
  • ガーデンマスター 蛇腹式サイクルガレージ
  • 多目的万能物置
  • サイクルガレージ 折りたたみ式
  • 万能物置
  • ガレージテント0808
  • サイクルテント
  • ひさしっくす サイクルポート
  • 収納庫
  • 特徴
  • 丈夫で長持ち!
  • 雨風から大切な愛車を守る
  • 大容量収納!使い方無限大のサイクルポート
  • 自転車を取り出しやすいサイクルポート
  • ちょうどよいサイズ感としっかりとした耐久性
  • 大型バイクも余裕で入る!
  • ドーム型の見た目もおしゃれなサイクルポート
  • 出し入れ簡単なコンパクトサイクルポート
  • 本格的なサイクルポートをお探しなら
  • 見た目がかわいいサイクルポート
  • コンパクトながらもしっかりとした作り
  • 大型サイクルポート!作業道具入れとしても使えます
  • 持ち運び便利な自転車用山形テント
  • 簡単施工で本格的なサイクルポートを
  • 見た目がかわいいサイクルポート
  • 価格
  • 12300円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 22415円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 49980円(税込)
  • 31681円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 66800円(税込)
  • 11980円(税込)
  • 56856円(税込)
  • 18322円(税込)
  • 4500円(税込)
  • 225720円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 大きさ
  • 幅100×奥行182×高さ162cm
  • 幅185×奥行き103×高さ150〜120
  • 高さ165×幅157×奥行220
  • 幅190×奥行112×高さ176
  • 幅156×奥行220×高さ165
  • 幅168×奥行308×高さ179
  • 高さ152×奥行265×幅100
  • 幅112×奥行280×高さ160
  • 間口2347×奥行1615×高さ1920
  • 幅191×奥行き68×高さ136
  • 幅161×奥行161×高さ192
  • 幅246×奥行246×高さ220
  • 幅85×奥行200×高さ165
  • 幅200×奥行き200×高さ200
  • 幅191×奥行111×高さ195
  • 材質
  • アルミ・ポリエステル
  • スチール・ポリエステル
  • アルミ・ナイロン
  • スチール・ポリエステル
  • スチール・ポリエステル
  • 記載なし
  • ポリエステル・スチール
  • スチール・ポリエステル
  • 記載なし
  • PVC・スチール
  • 記載なし
  • スチール・ポリエステル
  • 記載なし
  • ステンレス・ポリカーボネート
  • 記載なし
  • 種類
  • テントタイプ
  • 簡易タイプ
  • テントタイプ
  • テントタイプ
  • テントタイプ
  • テントタイプ
  • ドームタイプ
  • 簡易タイプ
  • 本格タイプ
  • 簡易タイプ
  • 本格タイプ
  • テントタイプ
  • テントタイプ
  • 本格タイプ
  • 本格タイプ
  • 収納台数
  • 1〜2台
  • 1〜2台
  • 1〜6台
  • 1〜2台
  • 1〜3台
  • 大型バイク1台可能
  • 大型バイク1台可能
  • 1〜2台
  • 2〜3台
  • 1〜2台
  • 1〜2台
  • 記載なし
  • 1〜2台
  • 1〜3台
  • 記載なし

まとめ

サイクルポートは自転車を停めておくだけではなく、屋外で使うものを収納するアイテムとしても利用できますし、逆に自転車を停めておくだけの収納スペースとしてだけ使う方法もあります。サイクルポートを購入するときは、何を重点的に考えるのか、どのようなものが欲しいのか、考えて購入してくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ