【2023年最新版】TOEIC対策通信講座人気おすすめランキング13選

記事ID38289のサムネイル画像
英語力を測定できるTOEICのスコアは、就職や転職時のアピールに役立ちます。また、通信講座なら場所や時間に縛られることなく学習できるのでおすすめです。今回は安い料金で気軽にはじめられる講座から、800点が目指せる講座までTOEICの対策におすすめの通信講座について紹介します。ぜひ参考にしてください。

目指せ800点!TOEIC対策通信講座で勉強しよう

英語力を測定できる試験であるTOEIC。TOEICを受けると現状の客観的な英語力を把握できますし、TOEICの点数は就職や転職時のアピール材料になります。しかし、独学だとわからないところを質問できないので、目標スコアに届くまで多くの時間を要す場合があります。

 

また、最近では質の高い参考書も多いですが、効率よく得点をアップさせたいなら通信講座で学ぶのがおすすめです。通信講座なら目標点数に合わせた指導を行ってくれるので、目標の得点に近づきやすいです。リスニング対策が付いているところもあるので総合的に点数を上げられます。

 

今回は、TOEICの対策におすすめの通信講座を紹介します。通信講座なら場所や時間に縛られずに学習できるので、自分のスケジュールに合わせて学習したい方におすすめです。TOEIC対策通信講座を探している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

TOEICとは

TOEICは日常生活やビジネスシーンにおける英語のコミュニケーション能力を測定する試験です。TOEICを受験すると英語の基礎力が鍛えられるほか、英語学習のために何が足りていないのかを分析できます。自分の弱点を知り、自分に合った学習の方向性を決められるのでおすすめです。

 

TOEICは自分の英語力を証明できる試験なので、就職や転職時のアピールポイントとして有効です。公務員試験や大学入試の一部科目が免除される場合があります。グローバルな企業ではTOEICのスコアを判断材料に用いられる場合もあるので、学生のうちに取得しておくのがおすすめです。

TOEICは4種類

TOEICは中級~上級レベルのTOEIC Testが2種類、初級レベルのTOEIC Bridge Testが2種類の計4種類あります。それぞれ測定できる英語力が異なるので、目的に合わせて選ぶのがおすすめです。また、就職・転職において提出が必須の場合はどの種類なのかをしっかりチェックしてください。

「聞く」と「読む」英語力を測定するTOEIC Listening & Reading Test

TOEIC Listening & Reading Testは英語を聞く力と読む力を測るテストです。中級~上級者向けであり、4種類のうち1番受験者が多いテストです。問題数はリスニング100問とリーディング 100問の計200問であり、マークシート方式で行われます。

 

リスニングセクションでは会話やナレーションを聞いて設問に回答します。リーディングセクションでは短文穴埋め問題や長文穴埋め問題が出題され、4つの答えの中方最も適当なものを選んでマークします。なお、回答時間はリスニングが45分とリーディングが75分の計120分です。

「話す」と「書く」を測定するTOEIC Speaking & Writing Tests

TOEIC Speaking & Writing Testsは、英語を話す能力と書く能力を測定するテストです。スピーキングセクションの問題数は計11問であり、テスト時間は約20分です。パソコンとヘッドセットを使って音読問題や写真を見て内容を説明する写真描写問題などに回答します。

 

また、ライティングセクションの問題数は計8問であり、テスト時間は約60分です。写真描写問題やEメール作成問題・意見を記述する問題に回答します。意見を記述する問題では、提示されたテーマに基づいて自分の意見を例を挙げて述べているかどうかがチェックされます。

初心者向けのBridge Listening & Reading Tests

Bridge Listening & Reading Testsは、英語を聞く能力と読む能力を測定する初級者~中級者向けのテストです。リスニングが50問、リーディングが50問の計100問に回答します。なお、回答時間はリスニングが約25分、リーディングが35分の計約1時間です。

 

リスニングでは画像選択問題や応答問題などが出されます。4つの選択肢の中から正しい回答を選ぶのでマークミスに気を付けましょう。リーディングでは短文穴埋め問題・長文穴埋め問題などが出されます。最後の問題までたどり着くためにもあらかじめ時間配分を決めておくといいです。

初心者向けのBridge Speaking & Writing Tests

Bridge Speaking & Writing Testsは、英語を話す能力と書く能力を測定する初級者~中級者向けのテストです。スピーキングが8問、ライティングが9問の計100問であり、マークシートではなくパソコンで回答します。なお、回答時間はスピーキングが約15分、ライティングが約37分です。

 

スピーキングでは音読問題・写真描写問題・ストーリー作成問題などが出されます。それぞれ回答時間が30秒から60秒なので、瞬時に英語で答えられる力を身に着けておくといいです。ライティングでは写真描写問題・ストーリー記述問題・短文メッセージ返信問題などが出されます。

通信講座でTOEICを学ぶメリット・デメリット

ここからは、通信講座でTOEICを学ぶメリットとデメリットを解説します。TOEICを学習する方法には通信講座・独学・スクールの3つがあります。その中でも、通信講座は考えて作られた学習プログラムに沿って学習するため、結果につながりやすいのが特徴です。

メリット

以下では、通信講座でTOEICを学ぶメリットについて紹介します。TOEICの通信講座を受けようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

スクールに出向く必要がない

通信講座ならスクールに出向く必要がありません。スクールに毎回通うのは面倒に感じやすいため、学習を途中で挫折してしまう方が多いです。特に社会人の方は、仕事が終わってからスクールに通い続けるのは大変ですよね。

 

通信講座は好きな場所で質の高いTOEICの学習ができるので、勉強しようと思ったタイミングですぐに着手できます。仕事の休憩時間や通勤のすき間時間も無駄にせず学習できます。また、スクールに通うための交通費を節約できるのでおすすめです。

場所や時間に縛られずに学習できる

通信講座は場所や時間に縛られずに学習できるのがメリットです。スクールは授業時間が決められているので、社会人の方は時間を合わせるのが大変ですよね。通信講座なら場所や時間を気にせず、講座カリキュラムのペースの中で自分なりに時間を決められるので続けやすいです。

コスパが良い

通信講座は効果が出るように考えて作られた学習プログラムに沿って学習するため、コスパが高いのが特徴です。いくら長くやっていても、間違った方法で学習しているとなかなか結果につながりません。教材にかかる費用や安くても無駄に時間をかけて独学するのはコスパが悪いです。

 

通信講座なら自分の苦手分野やレベルに合わせた学習ができるので、速攻で効果を得やすいです。また、通信講座ならスクールより安い費用で学習できます。そのため、TOEICの対策にコスパの高さを求めたい方には通信講座がおすすめです。

独学と違いプロの講師に質問できる

通信講座によってはプロの講師に質問できるサービスが付いています。独学だとわからない問題があった場合に自分で解決しなければならないため、途中でつまづきやすいです。特に初心者の方は、途中でつまずくとそのあともわからなくなるので学習の効率がかなり悪いです。

 

通信講座ならメッセージやメールでわからないところをプロの講師に質問できるので、学習をスムーズに進められます。また、通信講座によっては学習方法の相談に乗ってくれるサービスを設けているところもあるので、効率よく学習を進めていけます。

デメリット

以下では、通信講座でTOEICを学ぶデメリットについて紹介します。通信講座に申し込んだな後に後悔しないよう、あらかじめデメリットを把握しておくといいです。

モチベーションを保ちにくい

通信講座は時間や場所に縛られず学習できる反面、モチベーションを保ちにくいです。スクールなら学習仲間ができるので、互いに鼓舞しながら学習を進められます。しかし、通信講座は基本的に一人で学習するため、気を引き締めないとだらけたりさぼったりしやすくなります。

わからない問題を放置しがちになる

通信講座は、塾や英会話と違ってわからない問題があったときにすぐ質問できる講師が近くにいません。チャット機能を使って質問できる講座もありますが、わからない問題ごとに質問を送るのは面倒ですよね。回答を待つ時間が必要なのでわかるようになるまで時間がかかります。

TOEIC対策通信講座の選び方

ここからは、TOEIC対策通信講座の選び方についてくわしく解説します。通信講座によって学習方法や学習内容は異なるため、自分に合う講座を選ぶためにもしっかりチェックしてください。効率よく得点アップを狙うなら、学習サポート体制や教材のクオリティも確認するといいです。

自分の目標スコアに合っているかをチェック

TOEIC対策通信講座を選ぶときは、自分の目標スコアに合っているかどうかをチェックしてください。TOEIC対策講座にはレベル別にコースが設けられている場合が多いです。650点や800点など、目標スコアごとに押さえるべき内容やテストのとき方は異なります。

 

自分のレベルに合ったコースを選ぶと、レベル別に設けられた学ぶべきポイントを効率よく習得できるのでおすすめです。TOEICを受けた経験がない方は初心者コースや入門コースを選びましょう。初心者コースなら問題の解き方だけでなく時間配分も学べるので特典がアップ地やすいです。

継続しやすい価格帯かをチェック

TOEIC対策通信講座を選ぶ際は、継続しやすい価格帯かどうかをチェックするといいです。同じ得点目標の通信講座でも、会社によって費用は大きく異なります。また、長期的に学習するなら費用が安いかだけでなくコスパの高さで選ぶのがおすすめです。

 

価格が安すぎる講座はテキストの買い足しが必要になる場合があります。買い足す量が多いと結局費用が掛かってしまうので、必ずセット内容を確認してください。なお、分割払いに対応しているところなら、金銭的に余裕がなくても学習できるのでおすすめです。

教材のクオリティをチェック

TOEICの対策通信講座を選ぶときは、費用やコースだけでなく教材のクオリティをチェックするといいです。会社によってテキストや演習量の豊富さは違うので、複数の通信講座を比較し亭選びましょう。また、初心者の方は英単語の意味や日本語訳があるものを選ぶのがおすすめです。

学習サポート体制をチェック

TOEIC対策通信講座は学習サポート体制をチェックしてから選ぶのがおすすめです。学習サポートの充実度は、学習の継続にも大きな影響を与えます。そのため、申し込む前にどのような学習サポート体制があるのか、自分が無理なく続けられるものなのかを確認しましょう。

学習相談を受けるなら「学習支援制度」がある講座を選ぶ

学習支援制度がある通信講座ならスムーズに学習を進められます。特に質問サービスがついている講座なら、わからないところを気軽に質問できるためおすすめです。また、学習相談やオペレーターサービスがついているところなら、自分のレベルに合ったコースを提案してくれます。

じっくり勉強するなら「在籍可能期間が長い」講座を選ぶ

ゆっくり自分のペースで学習を進めたい方は、在籍可能期間が長い講座を選ぶのがおすすめです。TOEICの試験は年に10回ほど行われます。在籍可能期間が長いと在籍中に何度もテストを受けられます。また、期間延長サポートがあると安心して学習を進められるのでおすすめです。

Web上の学習システムがあるかチェック

通信講座を選ぶ際はWeb上の学習システムがあるかをチェックするといいです。スマホで学習できれば通勤中や通学中のすき間時間を効率的に使えます。また、問題演習のデータが自然と蓄積するシステムがあるものは、成績の伸びを一目で簡単にチェックできるのでおすすめです。

リスニング対策ができるかもチェックしよう

リスニングテストがあるTOEIC試験を受ける場合は、リスニング対策ができる通信講座かどうかをチェックするといいです。リスニング問題は回答時間が決められているので、ある程度リスニングに慣れておかないと回答時間に間に合わない可能性があります。

 

また、リスニングが得点を大きく左右する場合があるので、リスニング対策に定評がある通信講座を選ぶのがおすすめです。さらに、音声がネイティブなだけでなく、リピートや速度調整ができるものなら苦手に合わせて学習しやすいです。

TOEIC対策通信講座おすすめ13選

以下では、TOEIC対策通信講座のおすすめを13紹介します。

13位

ヒューマンアカデミー

たのまな 新TOEIC TEST

プラス3ヶ月のサポート学習期間が付く

まずスコア伸びやすいリスニング力を強化し、自然にリーディングの効果が現れる仕組みです。そのため、ナチュラル・スピードの英語を強化したい方やリスニングの力を付けたい方におすすめです。プラス3ヶ月のサポート学習期間も付くので自分のペースで進められます。

費用 6,615円(税込) 学習期間 3ヶ月
Web学習への対応 あり コース めざまし500・そくそく!650・極める800
12位

音声付きの電子版テキストがある

紙のテキストだけでなく音声付きの電子版テキストが用意されています。また、副教材として必須語彙500チェックリストや直前マニュアル対応CDがあるので、テスト直前まで点数を伸ばせます。テスト解答用マークシートが3枚もあり実践的なテストができるのでおすすめです。

費用 24,200円(税込) 学習期間 3ヶ月
Web学習への対応 あり コース スーパー入門コース・GET500コース・GET600コース・GET730コース
11位

KIYOラーニング

スタディング TOEIC TEST対策講座

学習ナビゲーション機能付き

TOEIC®L&Rテストに限りなく近い教材を使って学習するほか、学習ナビゲーション機能がついているので便利です。スマホだけで学べるので、忠勤中や外出中でも時間を無駄にせず学習できるのが特徴です。公式サイトではTOEIC®TESTの体験が可能なので、ぜひ活用してください。

費用 49,500円(税込) 学習期間 決済完了日の7ヵ月後の月末まで
Web学習への対応 あり コース TOEIC® LISTENING AND READING TEST完全攻略800点コース・TOEIC® LISTENING AND READING TEST完全攻略600点コースなど

口コミを紹介

英語はあくまで言語だろ気付かされ、書くのではなく、音読する、聞くを繰り返してやっていくのが1番身につくのではないかと思うようになり、それを繰り返して3ヶ月間勉強していました。

出典:https://studying.jp

開講コース数が多い

TOEIC® L&R TEST対策講座は開講コース数が多いのが特徴です。単科コースのほかにパックコースがあるので、400点台からでも一気に650点突破を目指せます。650点台から一気に900点突破を目指す上級コースもあります。テスト直前の対策に最適なオプションコースも豊富です。

費用 47,700円(税込) 学習期間 4ヶ月間
Web学習への対応 あり コース 500点目標・650点目標・750点目標・900点目標・オプションコース

口コミを紹介

説明や覚えるべき箇所など毎回わかりやすく説明してくださり750点コースで押えるべき単語や表現などとても分かりやすかったです。受講後公式問題集を何度も解き結果コース受講後に受けたテストで920点、次に930点とスコアを上げられました。

出典:https://www.tac-school.co.jp

9位

モバイック

TOEIC(R)オンライン対策プログラム

わからないところを何度でも質問できる

希望者には学習リマインドメールが毎週届けられますし、ユーザー限定で月に1回TOEICオンライン勉強会を開催しています。また、1動画1分、1レッスン5分で完結するので、すき間時間を有効に活用できます。わからない問題は何度でも質問できるので苦手がある人でも安心です。

費用 21,600円(税込) 学習期間 3ヶ月
Web学習への対応 あり コース 3ヶ月コース・6ヶ月コース・12ヶ月コース

口コミを紹介

モバイルテックを受講してTOEICの問題を知れて、問題の先読みや判別ができるようになりました。モバイルテックを3ヶ月受講してTOEIC435点から580点に。145点もスコアアップできました。

出典:https://movaeic.jp

8位

ユーキャン

TOEIC(R)L&Rテスト 対策講座

短期間でスコアアップを狙える

基本的な文法から学ぶコースやビジネスシーンで使える英語を学べるコースなどがあります。また、500点コース・650点コースなら3ヶ月でスコアアップを狙えます。なお、リスニングパート全レッスンに解説CDが付いているのでリスニング対策にも最適です。

費用 35,000円(税込) 学習期間 3ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導可能)
Web学習への対応 あり コース 500点コース・650点コース・はじめて受けるTOEIC(R)コース

目的スコア別に6コースある

目的スコア別に6コースあるので、自分の目標に合わせてコースを選びやすいのが特徴です。また、1日単位で組まれたカリキュラムがあります。特に超入門コースは1日わずか15分の学習で目標を目指せます。日本語のナビゲーションや解説もあるので音声のみの学習も可能です。

費用 31,900円(税込) 学習期間 3カ月
Web学習への対応 あり コース 超入門・500点コース・600点コース・700点コース・800点コース・900点コース

口コミを紹介

この課題はリスニング対策用なのですが、音声を聞きながら文字を追い速読力もアップし、リーディング問題の対策にもなりました。

出典:https://shop.alc.co.jp

6位

Z会

Z会キャリアアップコース TOEICテスト

2つの学習スタイルがある

Z会キャリアアップコース TOEICテストには2つの学習スタイルがあります。TOEIC®テスト Adaptieは弱点をピンポイントで克服するコースです。現在のスコアが500点以上の方におすすめなコースで実践的な学習ができます。TOEIC®テスト100UPトレーニングは3冊のテキストで学習します。

費用 22,000円(税込) 学習期間 400/500:3カ月、600/700/800:2カ月
Web学習への対応 あり コース TOEIC®テスト Adaptie・TOEIC®テスト100UPトレーニング

口コミを紹介

教材は1日当たりの学習量が1ユニットとなっており、ムラや無駄のない学習を継続できました。テキストと動画講義、および進捗管理システムがうまくリンクしており、飽きずに進捗の不安なく学習を進められました。

出典:https://www.zkai.co.jp

5位

24時間いつでも質問できるサービス付き

入門・中級・上級の3つのコースの継続学習により点数アップを目指す講座です。また、高頻度で出題される問題をまとめたオリジナルテキストを使って学習を進めます。24時間いつでも質問できるサービス・教室聴講制度・自習室・教室解放サービスが付いているのも魅力です。

費用 30,000円(税込) 学習期間 -
Web学習への対応 あり コース 550点・750点パックコース・550点コース・750点コース・アドバンス上級コース・英文法基礎講義
4位

スタディサプリ

TOEIC ® L&R TEST対策コース

1回3分から利用できる講義動画が豊富

スタディサプリは、演習や講義動画が1回3分から利用できるので、仕事の合間の時間を有効に活動できます。また、1回5分の講義動画では英語を基礎から学習できます。レベル別単語クイズ・修了チェックなど繰り返しが学習できる機能もあるので便利です。

費用 32,736円(税込) 学習期間 6ヶ月・12ヶ月
Web学習への対応 あり コース 6ヶ月コース・12ヶ月コース

手厚いサポートでTOEIC対策

【手厚いサポートが魅力!】

トライズでは「独自の英語力テスト6つ」と「TOEICテスト限定カリキュラム」で学習します。専属コーチに加え、「TOEIC対策専門コンサルタント」がおり、意欲面、学習面双方で、手厚いサポートを受けられます。

 

TOEICスコアアップ保障制度あり】

また、トライズTOEIC対策には「TOEICスコアアップ保障制度」があります。同スクールは、基本的に2ヶ月の受講期間ですが、2ヶ月で一定以上のスコアアップが達成できなかった場合は、無料で1ヶ月の学習期間延長が付いています

費用 297,580円(税込) 学習期間 2ヶ月
Web学習への対応 あり コース TOEIC®対策プログラム

最短2ヵ月での成果達成を目指す!

【完全オーダーメイドの教育課程】

「結果にコミットする」のCMで知られるライザップが提供しているライザップイングリッシュ。目標クリアに向けた完全オーダーメイドの教育課程を独自に作成し、最短2ヵ月での成果達成を目指しています

 

厳格なコーチング型TOEIC対策スクール

ライザップイングリッシュは厳格なコーチング型TOEIC対策スクールで、無駄な時間を与えません。TOEICで「最大結果を残したい人」、「目標スコアが明確な人」におすすめのスクールです。

費用 税込437,800円(16 回)〜 学習期間 2ヶ月で16回、3ヶ月で24回、4ヶ月で32回
Web学習への対応 あり コース TOEIC® L&R スコアアップコース

TOEICベテランの専門コーチが徹底指導

個々人に合わせた教育課程

TOEICベテランの専門コーチが徹底して指導を行い、個々人に合わせた教育課程で、英語学習全体をサポートします。おすすめのTOEIC対策スクールです。

 

 【短期間でTOEICスコアアップ】

また、「第二言語習得論」や「応用言語学」など脳が言葉を覚える仕組みを応用した最新の科学的根拠に基づくプランを考案、効率良く、かつ短期間でTOEICスコアアップが図れます。

費用 435,600円(2ヶ月) 学習期間 2ヶ月〜
Web学習への対応 あり コース ビジネス英会話/TOEIC®L&R TEST/初級者コース

TOEIC対策通信講座比較表

商品 画像 商品リンク 特徴 費用 学習期間 Web学習への対応 コース
アイテムID:9499773の画像

公式サイト

TOEICベテランの専門コーチが徹底指導

435,600円(2ヶ月)

2ヶ月〜

あり

ビジネス英会話/TOEIC®L&R TEST/初級者コース

アイテムID:9499948の画像

公式サイト

最短2ヵ月での成果達成を目指す!

税込437,800円(16 回)〜

2ヶ月で16回、3ヶ月で24回、4ヶ月で32回

あり

TOEIC® L&R スコアアップコース

アイテムID:9500173の画像

公式サイト

手厚いサポートでTOEIC対策

297,580円(税込)

2ヶ月

あり

TOEIC®対策プログラム

アイテムID:8825654の画像

公式サイト

1回3分から利用できる講義動画が豊富

32,736円(税込)

6ヶ月・12ヶ月

あり

6ヶ月コース・12ヶ月コース

アイテムID:8805412の画像

公式サイト

24時間いつでも質問できるサービス付き

30,000円(税込)

-

あり

550点・750点パックコース・550点コース・750点コース・アドバンス上級コース・英文法基礎講義

アイテムID:8805181の画像

公式サイト

2つの学習スタイルがある

22,000円(税込)

400/500:3カ月、600/700/800:2カ月

あり

TOEIC®テスト Adaptie・TOEIC®テスト100UPトレーニング

アイテムID:8805187の画像

公式サイト

目的スコア別に6コースある

31,900円(税込)

3カ月

あり

超入門・500点コース・600点コース・700点コース・800点コース・900点コース

アイテムID:8805201の画像

公式サイト

短期間でスコアアップを狙える

35,000円(税込)

3ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導可能)

あり

500点コース・650点コース・はじめて受けるTOEIC(R)コース

アイテムID:8805204の画像

公式サイト

わからないところを何度でも質問できる

21,600円(税込)

3ヶ月

あり

3ヶ月コース・6ヶ月コース・12ヶ月コース

アイテムID:8805221の画像

公式サイト

開講コース数が多い

47,700円(税込)

4ヶ月間

あり

500点目標・650点目標・750点目標・900点目標・オプションコース

アイテムID:8805299の画像

公式サイト

学習ナビゲーション機能付き

49,500円(税込)

決済完了日の7ヵ月後の月末まで

あり

TOEIC® LISTENING AND READING TEST完全攻略800点コース・TOEIC® LISTENING AND READING TEST完全攻略600点コースなど

アイテムID:8805402の画像

公式サイト

音声付きの電子版テキストがある

24,200円(税込)

3ヶ月

あり

スーパー入門コース・GET500コース・GET600コース・GET730コース

アイテムID:8805420の画像

公式サイト

プラス3ヶ月のサポート学習期間が付く

6,615円(税込)

3ヶ月

あり

めざまし500・そくそく!650・極める800

以下では、【2021年度最新版】社会人向け通信教育の人気おすすめランキング9選を紹介しています。社会人向けの通信教育を探している方は、こちらの記事も参考にしてください。

TOEICの通信講座を効果的に活用する方法

以下では、TOEICの通信講座を効果的に活用する方法をくわしく紹介します。TOEICの通信講座を利用しても、結果につなげられなければ意味がありません。また、TOEICで高い得点を取るには自分の英語レベルを把握しておくのが重要です。勉強法に迷っている方はぜひ以下を参考にしてください。

復習をしっかり行う

TOEICで目標スコアを達成するには通信講座を解いた問題の復習をしっかり行うのが重要です。解説を読んでわかった気になっても解けるようにならなければ意味がありません。また、1回解いただけでは頭に定着しないので、できなかった問題は何度も繰り返して学習しましょう。

定期的に模擬形式で問題を解く

ある程度テキストで学習したら模擬形式で問題を解くのがおすすめです。TOEICは秒単位での時間配分が重要なので、模擬形式で実践的にトレーニングするといいです。また、問題のジャンルによって解き方を変えるテクニックをトレーニングしておけば得点をアップできます。

正解問題も解説を確認する

間違った問題だけでなく正解した問題も解説を確認して復習しましょう。しっかりと理解したうえで正解した問題ならまだしも、なんとなく正解した問題は定着しにくいです。そのため、正解したからといって油断するのではなく、正解した問題も必ず復習してください。

映像授業で空き時間に学習する

映像授業はパソコンがスマホがあれば、自分の好きなタイミングで閲覧できます。何回でも繰り返し見られるので、復習したいときにも使えます。また、スマホやタブレットを使えば、仕事の休憩時間や通勤時でも時間を無駄にせず学習できるのでおすすめです。

まずは資料請求しよう

通信講座によっては無料で資料請求ができるので、複数の通信講座を比較してから選ぶといいです。いきなり申し込むとテキストのレベルや具体的なサービス内容が確認できません。資料請求すればネットでは得られない情報を得られるので、ぜひ無料資料請求を利用してください。

TOEIC対策通信講座を活用して点数を伸ばそう

今回は、TOEICの対策におすすめの通信講座を紹介しました。通信講座なら場所や時間に縛られず、自分のペースで進められます。また、スクールに通う必要がないためコスパが高いです。通信講座によってはプロの講師に質問できるサービスがあるので、効率的に得点アップを狙えます。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【最新版】TOEIC対策 スクールの人気おすすめランキング13選

【最新版】TOEIC対策 スクールの人気おすすめランキング13選

教室・スクール・習い事
TOEIC参考書のおすすめ人気ランキング20選【問題集などの教材も紹介】

TOEIC参考書のおすすめ人気ランキング20選【問題集などの教材も紹介】

本・雑誌
600点台に向けたTOEIC参考書の人気おすすめランキング10選【おすすめのテキストを紹介】

600点台に向けたTOEIC参考書の人気おすすめランキング10選【おすすめのテキストを紹介】

本・雑誌
「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

その他
【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

資格スクール
【2023年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

教室・スクール・習い事