【2023最新】草コインの人気おすすめランキング5選【将来期待】

記事ID34165のサムネイル画像
草コインは時価総額が低くく、知名度が低い仮想通貨の中で、今後大化けする可能性を秘めたコインのことです。過去に10万倍の価格に高騰したコインもあり、有望な草コイン探しは仮想通貨取引の楽しみです。ここでは、日本の取引所で購入できる草コイン5選を紹介していきます。

草コインとはなにか?

おすすめの草コインをご紹介する前に、そもそも草コインとは何かについて明らかにしておきましょう。仮想通貨には、その代表格とも言えるビットコインと、ビットコイン以外の約2,500種類のアルトコインがあります。

 

アルトコインの中でも、大化けが期待されるコインを特に草コインと称し、一獲千金を狙う仮想通貨の投資家たちが目を光らせています。ここでは、草コインの条件として、基本的に次の2点を基準に選定しています。それぞれの条件の内容について解説していきます。

アルトコインの中でも比較的時価総額が低い(1円以下もある)

仮想通貨市場は200兆円と言われ、その内ビットコインだけで半分の約100兆円に達しています。金融不安などの影響を受けて乱高下を繰り返す局面も見られますが、仮想通貨市場は確実に成長しています

 

それは、仮想通貨決済の利用拡大、法定通貨への採用など、新たな基軸通貨としての世界的な期待が高まっているからです。そんな中、仮想通貨の代表格ビットコイン、アルトコインの優等生イーサリアムは規模が大きくなり過ぎました

 

ビットコインやイーサリアムは価格変動を繰り返しながらも依然として成長していますが、その成長にも陰りが見られます。そんな中で、値動きが大きく、時価総額が低くて伸びしろの大きい「草コイン」と呼ばれるコインに注目が集まっているのです。

アルトコインの中でも知名度が低くい

アルトコインの中でもリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)など、知名度が高く人気のコインがありますが、誰もが知っている銘柄は投資の妙味が薄れがちです。まだ知名度が低い銘柄であるのが草コインの条件です。

 

とはいえ、無名であれば良いわけではありません。名が知られていなくとも、しっかりとしたバックグラウンドがあり、将来性がなければ意味がありません。革新的なアイデアや技術など、仮想通貨間の競争に打ち勝つ何かが必要です。

草コインを狙うメリット

草コイン取引にはビットコインなどのメジャーなコインにはないリスクがあり、大化けする可能性を秘める一方、最悪の場合は市場から消え去る可能性もあり得ます。しかし一方では草コイン取引ならではのメリットがありますので、これから一つずつメリットについて見ていきます。

少額から大きな利益を得られる可能性がある

草コインは概ね時価総額が低く、また認知度も低いため、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな銘柄よりも売買数が少ない傾向があります。反面、インパクトのあるニュースが流れると一気に注目を浴びて、価格が急騰する可能性が高いのです。

 

実際に価格が一気に10倍、時には100倍の上昇を見せる草コインは珍しくありません。ビットコインも数年前にはそのような現象が起き、大学生の「億り人」が現れるなど、大きな話題になりました。

 

草コイン投資では、投資する銘柄、投資のタイミングを間違えなければ、少額からでも大きな利益を得られる可能性があるのが第1のメリットです。

分散投資に適している

草コインはボラリティ(値動き)の大きな銘柄が多いのは事実です。急騰する可能性が高い裏返しで、急落するリスクもあります。しかし、比較的レートが低い銘柄があり、限られた資金を分散投資しやすいと言えます。

 

種類が豊富で、分散投資しやすい点は、草コインの第2のメリットです。

大化けしそうな草コインの選び方

2,000種類以上もある草コインの中から、将来大化けしそうな銘柄を探し出すのは至難の業です。しかし、大化けする銘柄は必ず何らかの特徴があります。理由もなく高騰する銘柄はありません。ここでは将来大化けしそうな草コインの選び方について解説します。

将来ビジョンが明らかになっている

仮想通貨の発行を単なる資金集めの手段と考える集団もいますが、そうした銘柄の選択は避けるべきです。そのような銘柄は、資金調達の目的を達するとゴミ通貨になります。将来的に価格が上がる銘柄は、明確なビジョンを持つ銘柄です。

 

たとえば、「国際間送金システムを目指す」「契約の簡素化を図る」などのビジョンがある仮想通貨は期待が集まり、価格も上昇します。明確な将来ビジョンがある銘柄を選択するようにしましょう

ビジョン達成に向けた取り組みが進捗している

将来ビジョンが示されている草コインでも、それが資金集めの単なる「釣り」である可能性や、単なる計画倒れの場合もあります。ビジョンの真贋を見極めるには、そのビジョン達成に向けた開発や展開が進んでいるか否かを見る必要があります。

 

例えば、「スピーディで低料金の国際間送金システム確立」がビジョンとして掲げられているとすれば、「〇〇銀行で採用」といった進捗のアナウンスが必要です。明確なビジョンとともに、ビジョン達成に向けて着実にしているか否かは選択の条件です。

活発な取引が行われている

ほとんど売り買いがない銘柄は避けるべきです。売り買いが少ないのは、その銘柄が誕生したばかりか、まだ誰にも知られていないか、何か大きな問題を抱えているか、そのいずれかです。

 

売買がしっかり行われているのが活発な取引が行われている証です。売買がほとんどない銘柄は、よほどの事がない限り高騰する可能性はありません。大化けを期待して、目立たない銘柄を購入する方がいますが、初心者や資金に余裕がない方は避けるべきです。

定期的に情報が得られる

草コインの中にも、コミュニティが形成されおり、宣伝や広報活動がしっかり行われているものがあります。また情報交換が頻繁に行われ、開発の進捗状況が明らかになっていると安心して購入ができます。

 

逆に、情報を得るのに苦労するような銘柄は避けるべきです。株式取引でも、実態の分からない企業には誰も投資したくないのと同じです。情報公開を積極的に進めている草コインを中心に選択するようにしましょう。

草コインの取引が向いている人

草コインは値動きが大きく、また将来の大化けが期待できるアルトコインですが、大きな取引リスクもあり、どなたにもおすすめできる投資手段ではありません。では、どんな人に草コイン取引が向いているのかを見ていきましょう。

投資を楽しめる人

草コイン投資に向いている人は、頻繁にチャートを見て、その値動きのを楽しめる、心に余裕がある人です。価格の上げ下げに一喜一憂し、あわてて買ったり、売ったりするような人には草コイン取引は向いていません。

 

暴落しても落胆せず、高騰してもぬか喜びせず、冷静に状況を判断し、適切な取引ができる人にはおすすめしますが、その自信がない方は避けるべきです。

仮想通貨に興味があり、積極的に情報収集や分析ができる人

「仮想通貨にあまり興味はないが、宝クジを買う感覚で一獲千金を夢見て買ってみよう」と考える人にはおすすめできません。仮想通貨取引はギャンプルではなく、科学です。一か八かのギャンブル性を求める方にはおすすめできません。

 

仮想通貨に将来性を感じている人、最新のテクノロジーに興味がある人、マメに情報収集ができる人は、草コイン投資を検討してみてください。取引を楽しめる方ならおすすめできます。

日本の取引所で購入できるおすすめの草コイン5選

草コイン取引を始めてみたい方に向け、おすすめの草コインを紹介していきます。ここで紹介するコインは将来性の高い銘柄を中心にしていますが、値上がりを保証するものではありません。

 

以下の5銘柄は、日本の取引所(販売所)で日本円で購入できるものから、編集部の判断で選んでいます。ぜひ参考にして、購入を検討してみてください。

新興国における個人間の送金取引手段を目的に作られた

ステラルーメン(XLM)は、リップルの開発者の1人、ジェド・マケーレブ氏が2014年に開発した仮想通貨です。主に送金システムの効率化、新興国での個人間送金取引などを目的に作られています。銀行口座を持てない人を主な対象としており、ステラルーメンは送金スピードが大変速く、送金手数料も安いのが強みです。

 

ビットコインの場合は決済に10分程度を要しますが、ステラルーメンであれば数秒で済みます。テラルーメンは数多くの大企業と提携しているばかりか、IBMとの提携で、国際送金ネットワークを開発した実績があり、東南アジア地域では決済手段の1つとして実用化が進められています。日本では2019年7月にコインチェックに上場しています。

 

現在の価格は40円前後ですが、過去には100円近くに上昇しており、成長のポテンシャルは高いと言えます。これからも期待される銘柄の1つであり、おすすめの草コインとします。

通貨名称 ステラルーメン(XLM) 現在レート 約33.3円
時価総額(2021年10月) 約7,900億円(24位) 取引所 Coincheck、DMM Bitcoin、BitFlyer

※レート、時価総額は2021年10月1日現在の数値です。

BATはWebブラウザの「brave」で利用される仮想通貨

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、Webブラウザの「Brave」上で利用される仮想通貨です。「Brave」には広告の自動削除機能があり、快適にWebを楽しめるユニークなWebブラウザです。「Webページの高速表示」や「個人情報の保護」に特化したブラウザは注目されており、今後のユーザーの増加次第ではスタンダードのブラウザになる可能性を秘めています。

 

「Brave」は既存のブラウザと比較すると、ページ読み込みはPC上で2倍、スマートフォン上では8倍の速さで、5G時代にはピッタリとブラウザであり、「Brave」の一般化ともに、「Brave」で使われるテンショントークンの価格上昇にも少なからず影響があると考えらます。

 

ベーシックアテンショントークンは、2021年前半には価格調整の局面はあったものの、順調に上昇傾向を維持しており、「Brave」の動向次第でさらに大きく伸びる可能性を秘めています。以上の理由からおすすめの草コインとしました。

通貨名称 ベーシックアテンショントークン(BAT) 現在レート 約75.8円
時価総額(2021年10月) 約1,130億円(97位) 取引所 Coincheck、DMM Bitcoin、BitFlyer

※レート、時価総額は2021年10月1日現在の数値です。

ゲーム開発プラットフォーム「Enjin」の基軸通貨

エンジンコイン(ENJ)は約2,000万人が利用するオンラインゲームのプラットフォーム「Enjin」内の売買で利用できるコインです。「Enjin」では、ブロックチェーンを用いたゲームづくりが行われており、不正をしにくいブロックチェーン特徴を生かして、NFT(非代替性トークン)の透明性の高い多くのゲームアイテムがリリースされています。

 

この「Enjin」はMicrosoft社との協業歴があり、Microsoft社の技術者向け報酬システム開発に「Enjin」のブロックチェーン技術が採用された結果、エンジンコイン(ENJ)の価格が約2倍になった過去もあります。

 

2021年1月にコインチェックに採用され、現在では上場当時から10倍近い値上がりを見せています。ゲームの世界に大きな影響力を持つエンジンコイン(ENJ)は将来性の視点から、おすすめの草コインとしました。今年に入って400円前後まで上昇したポテンシャルを考えると、今が買い時かもしれません。

通貨名称 エンジンコイン(ENJ) 現在レート 約168.8円
時価総額 約1,462億円(82位) 取引所 Coincheck

※レート、時価総額は2021年10月1日現在の数値です。

高性能な処理能力でスマートコントラクト実装

アイオーエスティー(IOST)は高性能な処理能力を持ち、スピーディな送金を可能とし、スマートコントラクト機能を実装したブロックチェーン技術で様々な分野での活用を目指している、注目度の高い草コインです。

 

アイオーエスティー(IOST)はスマートコントラクトの開発にはメジャーなJavaScript言語が採用され、多くのエンジニアが参加できるために技術面での参入障壁が低い点がメリットです。

 

ほかアイオーエスティー(IOST)特徴として、医療分野において実証実験が進められている点が挙げられます。ブロクチェーンの利用で、正確な医療記録の保存が可能で、医療研究などにも貢献できます。医療分野で活用が進み、IOSTの知名度も上がれば、価格上昇に寄与します。

 

アイオーエスティー(IOST)の価格は価格変動を繰り返していますが、さまざまな技術的裏付け、期待もあり、大化けの可能性があると銘柄として、おすすめの草コインの1つとしました。

通貨名称 アイオーエスティー(IOST) 現在レート 約6.25円
時価総額(順位) 約1,133億円(92位) 取引所 Coincheck

※レート、時価総額は2021年10月2日現在の数値です。

今注目のNFT銘柄

パレットトークン(PLT)は本邦初のIEO銘柄として2021年7月にCoincheckに上場したばかりの新しい銘柄です。IEOとは企業などが資金調達の1つの方法として利用しており、これまで利用されてきたICOよりも安心に方法と言われています。

 

パレットトークンは、マンガやアニメ、ミュージックなどの領域に特化した「NFTプラットフォーム」(次世代ブロックチェーン)の「Palette」上で利用される仮想通貨で、注目が集まっています。

 

パレットトークンの価格は当初4円程度でしたが、今現在は60円以上まで上昇していますが、期待の大きな草コインで、これからもさらに価格上昇の可能性があり、おすすめの草コインの1つとします。

通貨名称 パレットトークン(PLT) 現在レート 約61.8円
時価総額(2021年10月) 取引所 Coincheck

※レート、時価総額は2021年10月2日現在の数値です。

おすすめの草コイン5選比較

商品 画像 商品リンク 特徴 通貨名称 現在レート 時価総額(2021年10月) 取引所 時価総額(順位) 時価総額
アイテムID:8261720の画像

公式サイト

Coincheckで詳細を見る

今注目のNFT銘柄

パレットトークン(PLT)

約61.8円

Coincheck

アイテムID:8261747の画像

公式サイト

Coincheckで詳細を見る

高性能な処理能力でスマートコントラクト実装

アイオーエスティー(IOST)

約6.25円

Coincheck

約1,133億円(92位)

アイテムID:8261762の画像

公式サイト

Coincheckで詳細を見る

ゲーム開発プラットフォーム「Enjin」の基軸通貨

エンジンコイン(ENJ)

約168.8円

Coincheck

約1,462億円(82位)

アイテムID:8261839の画像

公式サイト

Coincheckで詳細を見る

DMM Bitcoinで詳細を見る

BitFlyerで詳細を見る

BATはWebブラウザの「brave」で利用される仮想通貨

ベーシックアテンショントークン(BAT)

約75.8円

約1,130億円(97位)

Coincheck、DMM Bitcoin、BitFlyer

アイテムID:8261854の画像

公式サイト

Coincheckで詳細を見る

DMM Bitcoinで詳細を見る

BitFlyerで詳細を見る

新興国における個人間の送金取引手段を目的に作られた

ステラルーメン(XLM)

約33.3円

約7,900億円(24位)

Coincheck、DMM Bitcoin、BitFlyer

草コインの買い方

草コインは安定通貨とはいえず多少のリスクはありますが、投資の面白みや夢があります。ビットコインのように大化けして、思いがけず大きな利益をあげた投資家も少なからずいます。では、草コインはどこで、どのように投資を始めれば良いのかについて解説していきます。

草コインの投資の手順

投資をしたい草コインが決まったら、その草コインを取り扱っている仮想通貨取引所に口座を開設します。口座開設が済んだら次に、日本円を入金します。入金額の反映を確認できたら、取引所のサイトから目的の草コインを購入します。

 

仮想通貨の取引は株取引と要領はまったく同じです。後は、草コインの価格上昇を待ち、想定した価格に上がった時点で売却します。

国内で扱っている草コインを選ぶのが無難

草コインと呼ばれるアルトコインは2,000種類以上あり、その内日本の取引所で購入できるものは10数種類に限られます。国内で扱っている草コインは各日本の取引所の上場審査を経ているため、おすすめのコインが中心です。

 

もちろん海外の取引所で取り扱っている草コインを購入することは可能ですが、海外での取引は法的リスクや言語リスクがあり、何か問題が起きても日本の国内法による保護がありません。あくまでも自己責任になりますので、その点を理解しておいてください。

草コインで大化けした事例

ボラリティ(値動き)の大きな草コインは大化けの可能性を秘めているとお伝えしましたが、これまで大化けした草コインには、どのようなものがあったのかが気になるところです。。ここでは過去の高騰した事例を見てみましょう。

Dogecoin(DOGE)ドージコイン(1円以下から大化け)

ドージコイン(DOGE)は2013年にSNSで話題となった柴犬をモチーフにして誕生した草コインです。2020年の中頃までは0.2円前後で取引されていましたが、2021年5月には一時74円と、約300倍まで価格が高騰しました。

 

仮に1万円程度のDOGEを保有していれば、わずか1年間で300万円分の含み益が発生した計算になります。ドージコインが急騰した背景には、世界有数の資産家「イーロン・マスク氏のSNS上でのある発言があるとされています。

 

このように、草コインは宝探しの感覚で、影響力のある人物の一言や、イベント、ニュースなどで一気に急騰する傾向があります。

Verge(XVG)バージ(1万倍の暴騰実績)

Verge(バージ)はレイスプロトコル(取引履歴の公開可否選択技術)の仕組みにより、匿名性が高い草コインです。この通貨はプライバシー保護を主な目的として開発されており、「Mcafee」創業者であるジョン・マカフィー氏の期待発言もあり、注目を浴びました。

 

Vergeは2017年から2018年にかけて、価格が1万倍にまで暴騰しています。その後も10倍程度の値動きを何度か繰り返しており、暴落リスクはあるものの、これからも期待の大きな草コインの1つです。

まとめ

草コインは草のままで終わってしまうか、大輪の花が咲くか、分からない面もありますが、ご紹介したように将来ビジョンがしっかりしており、技術面での評価が定まっている銘柄は、今後も価格が上昇する可能性を秘めています

 

ここでは草コインとは何か、特徴や投資方法、おすすめの草コインについて紹介してきました。これから草コイン投資を始めたいと考えている方は、この記事を参考に良い銘柄を選択して、大輪の花を咲かせてみてください

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コインキャッチャーのおすすめ人気ランキング10選【人気ブランドやハイブランドも】

コインキャッチャーのおすすめ人気ランキング10選【人気ブランドやハイブランドも】

財布
ビットコイン取引所の人気おすすめランキング9選【2023年度最新版】

ビットコイン取引所の人気おすすめランキング9選【2023年度最新版】

その他記事
ビットコインと何が違う?アルトコインの中の人気おすすめのコイン7選【2023年度最新版】

ビットコインと何が違う?アルトコインの中の人気おすすめのコイン7選【2023年度最新版】

その他のサービス
【1コインから】ビットコイン積立投資の人気おすすめ取引所ランキング3選

【1コインから】ビットコイン積立投資の人気おすすめ取引所ランキング3選

その他のサービス
【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

その他記事
【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

その他