東京で脂肪吸引におすすめのクリニック11選【2023年最新版】

記事ID29635のサムネイル画像
体の中でどうしても気になるのが脂肪の多いところです。男女問わずお腹周りが気になる人も多いでしょう。しかし「脂肪吸引」となると尻込みをしてしまいます。そこで、今回は脂肪吸引の疑問や東京都内で脂肪吸引をおこなってくれるおすすめのクリニックを紹介します。

脂肪吸引手術を徹底検証!

「この脂肪をなんとかしたい!」と思っている人も多いはず。しかし、スポーツはいや、食事制限はもっといやと考えて「脂肪吸引」という方法を思いついた人もいるでしょう。脂肪吸引は美容整形外科で行われる手術で、「リスクはあるのか」「どれくらいの費用がかかるのだろうか」と不安や悩みを感じると思います。

 

「美容整形外科は高い」というイメージもあり、ためらいがあるのは当然です。今回は美容整形の中でも「脂肪吸引」にスポットを当てて、検証します。

【編集部イチオシ】都内の脂肪吸引ならここ!

ダウンタイムを抑えた施術ならここ!

脂肪吸引に不安を持つ人は、脂肪溶解注射がおすすめです。処置時間は15分~となっています。痛みや腫れが少ないため、翌日から通常の生活も可能です。人気の「VFDI脂肪溶解注射」なら2,980円(税込)から。

ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

脂肪吸引手術の流れ

実際にどのようにして脂肪吸引手術が行われるのでしょうか?

手順

手順は大まかに分けて6つの手順があります。

 

  1. 静脈麻酔
  2. 切開
  3. 局所麻酔または全身麻酔
  4. 脂肪吸引
  5. 縫合
  6. 抜糸

 

まずは脂肪吸引の部位を小さく切開します。その後、生理食塩水に少しの薬を加えた溶液(チューメセント溶液)を注入します。チューメセント溶液は、血管を収集くさせ、出家うと最小限に抑えるものです。また脂肪吸引をしやすくする働きもあります。小さな切開部分からバキュームを使い吸引をしていきます。手術はこれだけで終わりです。抜糸は術後7日目から可能になります。

カウンセリングは意思疎通が大切

美容整形の受診はとても大切となります。あなたの希望や期待していることを率直に話しましょう。医師はあなたの話や体形から脂肪吸引に適しているかどうか判断してくれます。脂肪吸引はすべての脂肪を取り除くわけではなく、医師が脂肪吸引の量を考えてくれます。

どんなところを脂肪吸引してくれるのか?

脂肪吸引と言えば、真っ先の思いつくのが腹部でしょう。その他には顔や二の腕、太ももの脂肪吸引も可能です。ただし脂肪吸引を肥満治療として利用することはできません。確かに脂肪吸引をおこなうと体重は減りますが、一度に大量の脂肪を吸引することは危険です。

脂肪吸引に適したタイプ

正常な体重よりも少し上回っている、または運動や食事制限でダイエットに成功し、それでも残る局所の脂肪をどうにかしたい人が脂肪吸引に最も適しています。皮膚がゆるんでいる場合は、この方法だけでは効果は不十分です。たるんだ皮膚を取り除く手術が必要となります。脂肪吸引は皮膚との関係もあるため、医師としっかりと話し合いをすることがおすすめです。

男性でも脂肪吸引はできる

最近ではメンズクリニックも存在しています。男性用のクリニックはスタッフも男性という所が多いです。女性スタッフでは恥ずかしいと思うなら、メンズクリニックをおすすめします。メンズクリニックは女性用クリニックよりも数が少ないため、しっかりと下調べをしてクリニックを選びましょう。

脂肪吸引は日帰り手術

脂肪吸引手術は日帰り手術が可能です。ただし、正常な生活に戻るためには1週間ほどかかります。これは脂肪吸引の量にもより、少量であれば翌日から普段の生活ができるはずです。中には数日入院をしながら、脂肪吸引をする人もいます。入院される人は顔と腹部などを一緒に脂肪吸引する人が多いようです。

脂肪吸引のメリットとデメリット

脂肪吸引手術を受けたいと思っている人は、メリットだけでなくデメリットも知っておくことが大切です。メリットとデメリットを考えて決断することが、あなたにとって一番よい方法と言えます。

メリット

全身の脂肪を落とすための運動は難しいと思います。脂肪を落とすためのエクササイズを取り入れても、一部分の脂肪はなかなか落ちないでしょう。脂肪吸引の最大のメリットは、スポーツ食事制限でのダイエットでも取れない部分がすっきりとすることです。脂肪吸引は美容整形の中でも危険性の少ない手術と言われています。

デメリット

運動や食事制限、脂肪吸引手術までおこなったとしても、以前の体型に戻ってしまう可能性があります。これには体質も関係してきますが、脂肪吸引をしても以前の生活(運動をしない・食事制限を止める)に戻ると自然に脂肪がついてしまいます。

 

肌が弱い人の場合は、術後にさまざまな肌トラブルが発生することもあります。特に敏感肌や乾燥肌の人は、他の人よりも後遺症のトラブルが起こる可能性が高いので、体質や肌質なども医師に伝えて、相談しましょう。

都内で脂肪吸引におすすめのクリニック11選【2021年夏最新版】

脂肪溶解注射を使用

脂肪吸引に不安を持つ人は、脂肪溶解注射がおすすめです。処置時間は15分~となっています。痛みや腫れが少ないため、翌日から通常の生活も可能です。人気の「VFDI脂肪溶解注射」なら2,980円(税込)から。

土日祝日対応 可能 料金 脂肪溶解注射1,980円~/VFDI脂肪溶解注射2,980円~/GLP-1ダイエット3,800円(月額)/脂肪吸引(顔・二の腕・肩のみ)60,100円
予約 電話・LINE・WEB
ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

リバウンドが少ない体質になる

脂肪吸引手術だけでなくさまざまな方法が用意されているクリニックです。自分に合った方法が選べるので、不安な人はクリニックに相談してください。男性も利用できる年中無休のクリニックなので、仕事の都合で調整できます。

土日祝日対応 可能 料金 脂肪吸引220,000円~/ベイザー脂肪吸引308,000円~/ライポマティック脂肪吸引(赤坂院限定)363,000円~/マイクロエアー脂肪吸引(限定医院のみ)308,000円~/BNLS注射5,300円(初回限定)/BNLS neo8,800円(初回限定)/FatX(ファットエックス)16,500円/カベリン(限定医院のみ)7,700円/ボトックス55,000円~/GLP-1 54,700円~
予約 電話

シミュレーションシステム導入のカウンセリング

脂肪吸引後のイメージがわかない人もいると思います。こちらのクリニックでは患者の画像とパソコンソフトでシミュレーションが可能です。また、費用が気になる人の相談にも応じているため、気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

土日祝日対応 可能 料金 ベイザーリポ脂肪吸引:275,000円〜 858,000円/ボディジェット脂肪吸引:275,000円〜 858,000円/エルコーニアレーザー脂肪吸引:275,000円〜 858,000円
予約 電話・WEB

全国展開をしている美容外科

全国にいくつもクリニックがあるので、東京周辺に住んでいる人以外でも「品川美容外科」を利用できます。「プレミアム脂肪吸引」は特注の極細カニューレを使って自然な形に仕上げていくそうです。

土日祝日対応 可能 料金 クールスカルプティング39,270円~/脂肪吸引54,000円~/パール美肌顔やせスペシャル14,990円~/プチ美脚術(注射)61,850円~
予約 電話・WEB・メール

理想の自分になれる

仕上がりにこだわりたい、料金を明確に知りたいならモッズクリニックがおすすめです。徹底したダウンタイムへの工夫とアフターケアの費用はかからないのもポイントの1つです。手術までしっかりと相談に乗ってくれるので不安なことも話してみましょう。

土日祝日対応 料金 ベイザー脂肪吸引(全部位対応)220,000円~
予約 電話・WEB

経験豊富な医師の施術

表示価格通りの明朗会計のクリニックです。カウンセリングもしっかりとしているので、まずは不安や悩みをどんどんと質問しましょう。術後の検診は何度でも無料となっています。

 

手術以外でも、服薬のプランもあり、食欲抑制剤(サノレックス)と脂肪の吸収を抑制するリパーゼ阻害薬(ゼニカル)の処方も可能。サノレックス(1ヶ月分)は「¥21,890(税込)」、ゼニカル(1ヶ月分)は「¥18,590(税込)」です。

土日祝日対応 料金 脂肪吸引260,700円~/脂肪溶解注射9,790円/ボトックス110,000円
予約 電話・WEB

   

費用で選ぶ人におすすめ

最大84回まで分割可能な医療ローンもあるので、無理な支払いは不要です。脂肪吸引の症例件数は8万件以上の実績を持っています。また効果や価格など希望に合わせた4つのメニューが用意されているのも魅力です。

 

※2020年12月までの実績

土日祝日対応 - 料金 美ボディ脂肪吸引55,600円~/ベイザー脂肪吸引201,660円~ 
予約 電話・WEB

脂肪を取り除く様々な方法がある

新宿院と銀座院があるTAクリニック。脂肪を取り除く注射もさまざまです。もちろん脂肪吸引もおこなっています。2021年には全料金を改定し、より使いやすくなりました。また男性の利用も可能です。

土日祝日対応 - 料金 顔脂肪除去264,000円/GLP-1ホルモン注射8,900円~/脂肪吸引264,000円~/脂肪溶解注射3,200円~
予約 電話・WEB・LINE

脂肪を分解しながら柔らかくするベイザー脂肪吸引

ダウンタイムを軽減するための「シリンジ法」を導入しています。手作業で行う方法なので、機器よりも時間がかかります。しかし皮下組織や血管に与えるダメージを少なくしてくれます。術後は心のケアもおこなってくれ、定期健診でもしっかりと術後の経過を見てくれるのもポイントです。

土日祝日対応 可能 料金 脂肪吸引220,000円~/シリンジ脂肪吸引495,000円~/アキーセル440,000円/ハイブリッドサクション660,000円/その他
予約 電話・LINE・メール

特許を申請した傷跡保護器具を使用

協立美容外科が開発し特許取得をした「KBシース」と、さまざまな部位に対応できるカニューレを使用した独自の手術方法です。こちらのクリニックでは「医師の技術」がもっとも重要なので、経験豊富な医師が手術を行ってくれます。

土日祝日対応 - 料金 脂肪溶解注射16,500円~/炭酸ガス脂肪分解16,500円/脂肪融解レーザー13,200円~/共立式KB脂肪吸引184,800円~/ベイザー脂肪吸引272,800円~/冷凍脂肪溶解92,400円~/ボディデザイン・マジック205,700円~/その他・手技料・システム代として別途77,000円
予約 電話

開院30年以上で実績も多数

こちらのクリニックでは医師の指名は追加料金がありません。城本クリニックの脂肪吸引は超音波を使ったものです。プチ脂肪吸引もあるので、周りの人から急に変わったという印象を受けないでしょう。

土日祝日対応 - 料金 脂肪吸引217,800円~/バッカルファット除去220,000円/メソセラピー27,500円~/ボトックス63,800円~/BNLS8,250円~
予約 電話・メール

脂肪吸引手術Q&A

脂肪吸引は手術のことだけでなく、費用や術後の生活についての不安もあるでしょう。ここでは「脂肪吸引」の疑問を解決していきます。

脂肪吸引のダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、脂肪吸引手術後から回復するまでの期間のことです。ダウンタイムの間は辛い時間を過ごす人もいるようです。

ダウンタイムに出やすい症状

ダウンタイム中で起こる症状は下記のようなものがあります。

  • 腫れ
  • むくみ
  • しびれ
  • 内出血
  • 痛み

手術した部位によっても違いがあるようです。

 

顔は圧迫固定が必要となり2日間ほど包帯を巻きます。この包帯が取れるとかなり楽になるようです。他の部位は術後1週間ほどでむくみが落ち着き、内出血も2~3週間で引いていく人が多いです。日常生活で動かすことの多い部位(太もも・二の腕など)は、ツッパリを感じることもありますが、2か月間ほどで徐々に違和感がなくなってきます。

 

脂肪吸引の目的はきれいなラインを作ためでもあります。費用の面よりも技術面を重視したクリニック選びをしてください。

ダウンタイムの期間

術後のダウンタイムから日常生活に戻る期間はどれくらいかかるのでしょうか?

 

  • 家の中の生活が自分で出来るようになるまで:平均3日
  • 仕事や家事に復帰できるまで:平均1週間
  • 運動ができるようになるまで:約1ヶ月

 

これらはあくまでも平均のため、個人によって差が出てきます。1週間で痛みが完全になくなるという人は少数です。とは言え、1週間もたてば「少し痛みが残っている程度」になっているでしょう。

術後に感じる傷みは個人差あり

痛みの感じ方には個人差があり、吸引量によっても痛みの感じ方は変わってきます。もともと脂肪が少ない人がむりやり脂肪吸引を行うと、痛みも比例します。

 

脂肪吸引手術で数日でも経験しなければならない痛みです。しかし、どのような手術でも術後は痛みをともないます。切開したのですから痛みがあるのは当然のことでしょう。また、美容整形外科では、他の病院と同じように痛みを抑えるアフターケアも万全です。

痛みを対処する方法

・痛み止めの服用

術後すぐの痛みは「痛み止め」の服用が効果的です。この痛みは5日程度で引くことも多いので、我慢せずに服用してください。

 

・アイシング

術後の患部に熱を持つ・炎症や赤み・傷みがひどい場合には冷やすこともおすすめです。ただし熱さまシートのようなものではなく、保冷剤をタオルで包んだものでアイシングしてください。アイシングの利用は術後3日程度で止めましょう。血行を良くすると、回復が早くなります。

 

 

・マッサージ

施術7日後には、医師の指示に従いマッサージを行いましょう。これは血行促進にもつながり、痛みやむくみの軽減にも効果的です。抜糸は7日目以降におこなわれ、その後は入浴も可能です。

 

 

・食事

脂肪吸引後の体内は、炎症を抑える活動をしているため、水分補給が必要です。いつもより多めの水分摂取を心がけましょう。同時にタンパク質も大量に消費されるため、たんぱく質の摂取も積極的におこなってください代謝と血行促進のためにビタミンB群や亜鉛の摂取も必須です。

リスクはある?

危険性の少ないと言われている脂肪吸引手術ですが、リスクもあります。

 

皮下脂肪が多い人はコストが高額になることもある

部位によっては一度の吸引手術だけでなく、数回の手術が必要となるケースもあります。結果として高額な費用がかかるでしょう。最近ではクリニックでも定額制コースがあるところが増えてきました。数回の手術を受ける人は、このようなコースを選択するとよいでしょう。

手術のあとが残ってしまう可能性もあり

術後の傷のあとが残ってしまう、やけどのような状態になってしまうこともあります。これは肌質や肌の状態によって個人差があります。とくに今までのケガの傷がケロイドになりやすい体質の人は、医師に伝える必要があります。

費用の相場

脂肪吸引の費用は体の部位によって違ってきます。吸引部分が大きいほど費用は高くなります。「脂肪吸引の面積が大きい=高額費用」という傾向があります。また費用はクリニックによっても違いがあるため、費用を工面できるかどうかという心配も出てくるでしょう。

 

費用の相場

  • 足首辺り:10万円前後ほど
  • 腹部:30万~50万円ほど
  • 両足全体:100万円以上~

 

一括払いが無理な場合は、リボ払いやローン支払いも可能です。また最近は「定額制コース」を用意しているクリニックもあります。

手術には痛みがある?

手術の傷みは個人差もあります。また選んだクリニックによっては痛みを伴う場合もあるでしょう。手術を行う医師の技量によって痛みに違いがあるということです。技量に関与してくるのがクリニックの実績や経験豊富な医師の在籍しているところに注目しましょう。

 

医療機器の性能によっても痛みに違いがあります。クリニックで使用されている機器の性能はHPに書かれているのでチェックしましょう。最新の医療機器は以前のものよりも進化しているため、痛みを最小限にするように設定されているはずです。

 

口コミも痛みや技術を知るための情報となります。大手クリニックなら多くの口コミを見ることもできるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

脂肪吸引は体内の脂肪を人工的に減らすということです。そのため、体が急激な変化についていけないこともあります。「脂肪吸引」と聞くとメリットだけを考えがちですが、デメリットについても調べることが大切です。あなたに合ったクリニックを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

千葉で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

千葉で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

脂肪吸引
宇都宮で脂肪吸引におすすめなクリニック7選【2023年最新版】

宇都宮で脂肪吸引におすすめなクリニック7選【2023年最新版】

脂肪吸引
仙台で脂肪吸引におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

仙台で脂肪吸引におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

脂肪吸引
名古屋で脂肪吸引におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

名古屋で脂肪吸引におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

脂肪吸引
札幌で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

札幌で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

脂肪吸引
福岡で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

福岡で脂肪吸引におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

脂肪吸引

アクセスランキング

広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。