物語の中心となる主人公、そのタイプは実にさまざまで勇者に生まれ宿敵を倒す運命にある者から、気になるあの人にドギマギする者、特定の分野を極めようと突き進む者など多岐に渡ります。
中でも特に感情移入しやすいのがいわゆる「努力型主人公」で、才能が無かったり、初心者だったりする主人公が努力によってさまざまな活躍をする姿に感動を覚える人も少なくないかと思います。
そこで今回は「元気をくれる努力型主人公」をアンケート、ランキングにしてみました。

1位 桜木花道
2位 うずまきナルト
3位 緑谷出久
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『SLAM DUNK』の「桜木花道」!


自称天才バスケットマン、『SLAM DUNK』の「桜木花道」が堂々の1位に輝きました。
不良で不純な動機ながらも、バスケットボール部に入部した「桜木花道」。最初は思い人である赤木晴子に良いところを見せようと目立つ行動ばかりを意識していましたが、試合を経験していく内にバスケットボールに夢中になっていきます。
マネージャーによる徹底的な基礎練習、晴子との練習で「レイアップシュート」を会得。「リバウンド」の重要性と自身の才能を見いだされたことでインターハイで初心者とは思えない活躍をすることとなりました。

2位は『NARUTO -ナルト-』の「うずまきナルト」!


苦難のサラブレット、『NARUTO -ナルト-』の「うずまきナルト」が2位を獲得しました。
出生に大きな秘密があり、それを里レベルで禁句とされていた「うずまきナルト」。血筋だけ考えれば非常に優れたサラブレットなのですが、その身に九尾を封印された影響でチャクラを上手にコントロールできない弊害がありましたが、九尾と和解しその力をコントロールすることで見事夢を叶えることに成功しました。

3位は『僕のヒーローアカデミア』の「緑谷出久」!


無個性の少年、『僕のヒーローアカデミア』の「緑谷出久」が3位にランク・インしました。
人々が何らかの能力(個性)を宿す世界において何の個性も持たない「無個性」と診断され、そのことが原因で夢であるヒーローを諦めそうになっていましたが、オールマイトとの出会いと個性「ワン・フォー・オール」の継承、持ち前の正義感と堅実さから一目置かれるヒーロー候補生へと成長します。

いかがでしたか?
筆者的にはいじめられっ子からボクシング日本チャンピオンにもなった、『はじめの一歩』の「幕之内一歩」の姿に多くの勇気や元気をもらったのですが、残念ながら6位に落ち着いてしまいました。

今回は「元気をもらえる『努力型主人公』ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~37位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,879票
調査期間:2017年11月28日~2017年12月12日

つづきを読む