東京23区には様々な区名が存在します。包括するエリアの印象からか、各区には色々なイメージが定着しているようです。
では、そんな東京23区の中で、カッコ良いと思われているのは一体何区なのでしょうか。そこで今回は、一番カッコ良い東京23区名について探ってみました。

1位 港区
2位 新宿区
3位 葛飾区
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「港区」!


日本を代表する企業の本社が多く存在する港区は、東京のビジネスの中心地としても知られています。新橋や虎ノ門、赤坂などのビジネス街として栄えている街もあれば、六本木、麻布などの大人の街、青山をはじめとした洗練された街も存在します。特に六本木や麻布のイメージが強いようで、「余裕のある大人が集う街」という印象を持つ人が多いようです。
また、六本木や赤坂に加え、汐留や台場など、テレビ局が多いのも港区の特徴。家賃も高く、セレブが住む区というイメージが定着しています。ビジネスや流行の発信地であり、セレブが集うというイメージから、港区に憧れを抱く人が多数。1位となりました。

2位は「新宿区」!


東京の中でも特に有名な歓楽街“歌舞伎町”があることで有名な新宿。そんな新宿の名が冠としてついている新宿区に対し、チョイ悪でカッコ良いというイメージを持つ人が多数。
実際は市谷、四谷といったビジネス街や、早稲田、高田馬場などの学生が集う街が含まれており、チョイ悪という印象とは少し異なりますが、それでも新宿のイメージと名前の響きがカッコ良いと感じている人が多いようで、2位となりました。

3位は「葛飾区」!


東京を代表する下町が多く存在する葛飾区。葛飾区といえば映画『男はつらいよ』シリーズの舞台になったことで有名。また、長年愛されてきた漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』も葛飾区・亀有が舞台。
そんな下町情緒あふれる地域が多数存在する葛飾区がカッコ良いと感じている人が多数。3位となりました。

このように、それぞれ種類は違いますが、カッコ良いイメージがある街を多く含む区が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~23位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの区名がカッコ良いと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,431票
調査期間:2017年10月02日~2017年10月16日