ジャンプでもアニメでもむちゃくちゃやってる『銀魂』、笑いながら見ている方も多いかと思います。
時代背景やキャラクターを見ての通りほとんどのキャラには「元ネタ」が用意されているのですが、『銀魂』が「元ネタ」をそのまま使うわけもなく、かなりめちゃくちゃな改変が為されているキャラも多いですね。

そこで今回は「一番元ネタとかけ離れてると思うキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
『銀魂』で一番「元ネタ」とかけ離れたキャラとは、一体どのキャラクターだったのでしょうか?

1位 神楽:かぐや姫(竹取物語)
2位 坂田銀時:坂田金時(金太郎)
3位 ハタ皇子:畑正憲(ムツゴロウさん)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「神楽:かぐや姫(竹取物語)」!


どこに元ネタの要素があるのかさっぱりわからない、「神楽:かぐや姫(竹取物語)」が堂々の1位に輝きました。
天真爛漫で悪ガキなチャイナ娘といった印象の彼女、作中でもうっすらそれっぽいストーリーがありましたが、コミックスの質問コーナーでちゃっかり「元ネタはかぐや姫(と神楽町)」と語られました。
彼女は夜兎族という天人(宇宙人)なのですが、「夜のうさぎ=月面の餅つきうさぎ」といった解釈なのでしょうか?他に要素は見つけられませんね…。

2位は「坂田銀時:坂田金時(金太郎)」!


原型以前に名前くらいしか引き継いでない、「坂田銀時:坂田金時(金太郎)」が2位を獲得しました。
金太郎は童話で「毎日動物と相撲」するような活発さがあり、後に坂田金時の名で源頼光に仕え酒呑童子を退治したと言われていますが、普段の「坂田銀時」が死んだ魚のようであり、元ネタの要素は名前が似ているくらいしかありませんね。

3位は「ハタ皇子:畑正憲(ムツゴロウさん)」!


お前元ネタあったのかよと突っ込まずにはいられない、「ハタ皇子:畑正憲(ムツゴロウさん)」が3位にランク・インしました。
「畑正憲」とはかつて動物番組でおなじみだった「ムツゴロウさん」の事なのですが、外見は完全に異なり、ペット好きという点と「ハタ」の部分がかろうじて引き継がれている状態ですね。

いかがでしたか?
ぶっちゃけTOP3は原型どころか欠片ぐらいしか元ネタを引き継いでいないだけに、元ネタを知らなかった人も多かったと思います(銀時を除く)。

今回は「一番元ネタとかけ離れてると思うキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜50位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,576票
調査期間:2017年8月25日~2017年9月08日