少年漫画のお楽しみ要素の1つ「可愛いヒロイン」、ストーリーが好みの展開ではなくてもヒロインが好きで愛読している、なんて作品も男子にはあるかと思います(ゲス顔)。
ヒロインに求められるのは「性格」や「プロポーション」など様々ですが、やはり一番気にかかるのは「顔」ですよね。

そこで今回は「ジャンプ史上最も顔が可愛いヒロイン」をアンケート、ランキングにしてみました。
ジャンプで一番顔が可愛いヒロインとは、一体どのキャラクターだったのでしょうか?

1位 ナミ
2位 神楽
3位 西野つかさ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ナミ」!


「泥棒猫」の異名を持つ麦わらの一味の航海士、『ONE PIECE』の「ナミ」が堂々の1位に輝きました。
登場は第8話で、海賊に追われている所に登場した(落ちてきた)ルフィを「盗みを指示した親分」に仕立て上げるという、割とエゲツない事をしています。
初期は幼さの残る女の子といった感じでしたが、現在はすっかり大人の女性といった感じになっていますね。

2位は「神楽」!


ジャンプ史上初のゲロイン、『銀魂』の「神楽」が2位を獲得しました。
青い瞳と透き通るような白い肌が特徴の美少女ながら、その行動や表情は美少女からかけ離れたギャグ要員そのものであり、かなりギャップの激しいヒロインとなっております。

3位は「西野つかさ」!


モテ王「真中淳平」を奪い合う4大メインヒロインの1人、『いちご100%』の「西野つかさ」が3位にランク・インしました。
中高を通してアイドル的かわいさを披露していたようでその美貌は折り紙付き、女子高に進学後も男の取り巻きに追われるほどの美少女でした。

いかがでしたか?
筆者は思い出補正込みで『ボンボン坂高校演劇部』の「日比野真琴」がかなり好きだったのですが、まさかの32位でガッカリしました。

今回は「ジャンプ史上最も顔が可愛いヒロインキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜50位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:5,901票
調査期間:2017年6月20日~2017年7月04日