多くの名作を世に送り出してきた週刊少年ジャンプ、多くのヒーローが活躍するために特徴的な悪役がどの作品にも用意されていますね。
青少年をターゲットにしているだけに比較的わかりやすい悪役を用意するわけですが、あまりにも悪すぎて「外道」の呼び名にふさわしいキャラもチラホラ。

そこで今回は「ジャンプ史上最悪の外道キャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
ジャンプで一番外道なキャラとは、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか?

1位 フリーザ
2位 夜神月
3位 ドンキホーテ・ドフラミンゴ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『ドラゴンボール』の「フリーザ」!


宇宙最強の存在として惑星を地上げ屋のように転売していく、『ドラゴンボール』の「フリーザ」が堂々の1位に輝きました。
登場前のパートで悟空を追い詰めるほどの猛威を振るったベジータが絶望し涙を流すほどの悪党で、小悪党にはない丁寧な口調と彼の容赦無い行いが外道感を加速させます。
最後は命乞いをし悟空に情けをかけられ気を分けてもらうものの、その気で悟空に攻撃をかける外道っぷりを読者に見せつけて散りました。

2位は『DEATH NOTE』の「夜神月」!


正義感が強い青年から死を操る独裁者になりかけた、『DEATH NOTE』の「夜神月」が2位を獲得しました。
彼の行いは一般的な正義を元にしているものの、その行為は正義の域を超えており、最終的には正義のためではなく自分が理想とする世界とその権力のために力を使うようになってしまいました。

3位は『ONE PIECE』の「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」!


「勝者だけが正義」という考えを持ち、悪のカリスマとも呼ばれたドレスローザ偽りの王、『ONE PIECE』の「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」が3位にランク・インしました。
ドレスローザ国民に対して富を与える事で信頼を得る裏で、トンタッタ族とオモチャにされた人間を奴隷として働かせ、圧倒的な地位や権力を確保していました。

いかがでしたか?
ちなみに1位の「フリーザ」の名前は「冷凍庫」から考えられたものですが、鳥山明先生は「冷蔵庫(リフリジレーター)」にしたかったと語っているそうです。

今回は「ジャンプ史上最悪の外道キャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜45位のランキング結果もぜひご覧ください!

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,295票
調査期間:2017年06月23日~2017年07月07日