つい最近までメディアミックスラッシュだった『ジョジョの奇妙な冒険』、今まで読んだことがなかった人でも興味を持った人は多かったのではないでしょうか?
『ジョジョの奇妙な冒険』には他の漫画にはない独特なポイントがいくつもあり、「擬音」もその一つですね。

そこで今回は「ジョジョの奇妙な擬音」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番奇妙だと思われている「擬音」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 メメタァ
2位 ズキュウウウン
3位 パパウパウパウ フヒィーン
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「メメタァ」!


とてもカエルを上から殴った時の音とは思えない、「メメタァ」が堂々の1位に輝きました。
第1部で主人公の前に現れた謎の男「ツェペリ男爵」が「波紋」を説明する際、岩の上にいるカエルを上から殴りつけた際の擬音ですね。
「波紋」はカエルを傷つけることなく下の岩のみを破壊して見せたのですが、実際のところ、カエルを殴っても岩を叩いても「メメタァ」といった音は鳴らないですよね。そんな謎の擬音ながらも知名度の高い擬音として有名です。

2位は「ズキュウウウン」!


宿敵が主人公の想い人のファーストキスを奪った擬音、「ズキュウウウン」が2位を獲得しました。
「キス」という行為ではどう考えても「ズキュウウウン」なんて音はならないワケですが、読者にその行為が「いかに衝撃的な行為なのか」を印象付けるには最適の擬音でした。

3位は「パパウパウパウ フヒィーン」!


ワインを口から出した音とはとても思えない、「パパウパウパウ フヒィーン」が3位にランク・インしました。
「ツェペリ男爵」が口に含んだワインに「波紋」を流し、カッターに変える必殺技「波紋カッター」の際の擬音なのですが、なぜこのような擬音になったのかは定かではありません。

いかがでしたか?
擬音について作者の荒木飛呂彦先生は、「映画に使われるような音響や効果音を漫画にも欲しいと思った」とコメントしており、自身の漫画に臨場感を求めていた事がわかりますね。

今回は「ジョジョの奇妙な擬音ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜26位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,192票
調査期間:2017年8月14日~2017年8月28日