サービス一覧
閉じる

JCBゴールドは初年度年会費無料!特典・審査・インビテーション基準など解説!

JCBゴールドは国際ブランドJCBが発行する初年度年会費が無料、家族カードも1枚無料のクレジットカードです。特典もラウンジ利用や付帯保険、各種優待など充実しています。本記事ではJCBゴールドのメリットや特典、審査難易度などを紹介します。

JCBゴールド

JCBプロパーの信頼あるゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCBゴールドはJCBプロパーのゴールドカードであり、信頼が高いです。年会費は11,000円(税込)ですが、公式サイトからの申し込みをすることで、初年度年会費が無料になる特典があります。

 

基本ポイント還元率は0.5%とそこまで高くありませんが、優待店での利用やJCBスターメンバーズの利用で還元率を上げることができます。貯めたポイントはマイルや他社ポイントへの交換など使い道が豊富です。

 

空港ラウンジはカードラウンジに加え、ラウンジ・キーが付帯します。旅行保険やトラベルサービスも充実しており、旅行時には大活躍の1枚です。また、ダイニング優待もあるなど使いこなせば年会費以上の特典を受けられるでしょう。

年会費 11,000円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.50%〜1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー QUICPay
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

JCBゴールドはゴールドカードの中でもステータス性が高く、メリットの多いカードです。JCBゴールドの様々な特典やメリットを紹介します。

JCBゴールドは初年度年会費が無料

JCBゴールドは初年度年会費が無料です。年会費無料のゴールドカードはあまりないので、初年度だけとはいえ無料で保有できるのは大きなメリットです。初年度無料になる条件は、JCBゴールドの公式サイトからカード申し込みをすることです。

 

なお、2年目以降は11,000円(税込)の年会費が発生します。また、カード切り替えでJCBゴールドを発行する場合は、初年度年会費無料の対象外となるので注意してください。

JCBゴールドの手厚い付帯保険

JCBゴールドはゴールドカードなだけあり、付帯保険が非常に充実していて、海外、国内の旅行保険とショッピング保険が付帯します。補償内容を表にまとめました。

 

JCBゴールド 付帯保険 補償内容
海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺障害 1億円※
治療費用(傷害、疾病) 1回あたり300万円
賠償責任 1回あたり1億円
携行品損害 1旅行中50万円(年間100万円)
救援者費用 400万円
対象期間 3ヶ月
海外航空機遅延保険 乗継遅延費用保険金 2万円
航空機遅延費用保険金 2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円
国内旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺障害 5,000万円
入院 5,000円/日
通院 2,000円/日
手術 5,000円(10〜40倍)
国内航空機遅延保険 乗継遅延費用保険金 2万円
航空機遅延費用保険金 2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円
ショッピング保険 補償額 500万円(自己負担金3,000円)
補償期間 購入から90日
カード不正利用補償 紛失、盗難から60日以内の損害額を補償

※記載の金額は補償限度額
※海外旅行保険の死亡・後遺障害による限度額は利用付帯時1億円、自動付帯時5,000万円

 

旅行保険は海外、国内ともに自動付帯なのは大きなメリットです。さらに航空機遅延保険もついているので、飛行機でのトラブルにも安心です。また、ショッピング保険に関しても国内、海外ともに対象であり、補償額上限も500万円と非常に手厚いです。

 

カードの不正利用に関しては、紛失、盗難から60日以内の損害額が補償されます。なお、ネットショッピングなどの非対面決済の場合は、利用明細通知から60日以内となります。

JCBゴールドの充実したトラベルサポート

JCBゴールドではトラベルサポートが非常に充実しており、旅行の際に多くの特典が受けられます。JCBゴールドの主なトラベル特典をまとめました。

空港ラウンジを利用できる

空港ラウンジサービスとして、カードラウンジ無料利用とラウンジ・キーが付帯します。

 

<カードラウンジ>

国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)のカードラウンジが無料で利用できます。利用するときにはラウンジの受付で搭乗当日のチケットとカードの提示が必要です。搭乗前のひとときを優雅に過ごせるのは嬉しい特典ですね。

 

<ラウンジ・キーが年会費無料で付帯>

ラウンジ・キーとは、世界1,100箇所以上のラウンジを利用できるサービスです。年会費は無料ですが、利用するには1回あたり32米ドルの利用料金が発生します。プライオリティ・パスのスタンダード会員も1回あたり32米ドルの利用料金がかかるので、ほぼ同等のサービスと考えて良いでしょう。

JCBトラベル利用でお得に

JCBトラベルを利用して旅行を申し込むと、ポイント還元率が上がるお得な特典を受けられます。ただし、全てが対象ではなく以下のいずれかを申し込んだ場合に、ポイント還元率が上がります。

 

JCBトラベル ポイント還元率アップの対象サービス
JCBトラベル
Oki Dokiトクトクサービス
(ポイント5倍)
JCBトラベルデスクにて対象の海外・国内パッケージツアーを申し込み、JCBゴールドで支払い
東京ディズニーリゾートへの旅
トラベル特典
(ポイント5倍)
JCBトラベルにてディズニーホテル、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル(6施設)に宿泊するエースJTBのパッケージプラン申し込み、JCBゴールドで支払い
国内宿泊オンライン予約
(ポイント5倍)
JCBトラベルの「国内宿泊オンライン予約」を予約し、 JCBゴールドで支払い
海外ホテルオンライン予約
(ポイント12倍)
JCBトラベルの「海外ホテルオンライン予約」を予約し、 JCBゴールドで支払い

 

JCBトラベルの公式サイトはこちら

荷物宅配サービスを利用できる

上記のJCBトラベルで5万円以上の海外パッケージツアーに申し込むと、手荷物無料宅配券(往復)が1組あたり1枚もらえます。旅行時の荷物の持ち運びは大変ですから、空港までの行き帰りで荷物を少なくできるのは嬉しい特典ですね。

 

手荷物無料宅配券(往復)サービス
適応条件 JCBトラベルにて5万円以上の海外パッケージツアーをカード決済
特典 1組につき手荷物無料宅配サービスが1枚
対象空港 成田、羽田(国際線)、中部、関空

 

なお、JCBトラベルを利用しない場合でも、JCBゴールドなら手荷物1個を500円(税込)で宅配してくれるサービスがあります。ただし、海外でのカード利用が条件になるので、適応されるのは帰宅時のみです。それでも、500円での宅配は非常にお得です。

 

この手荷物1個500円の宅配サービスは2021年9月末までの期間限定キャンペーンですが、2013年から同キャンペーンが始まりこれまでに何度も延長をしているので、10月以降も延長される可能性が高いです。

海外主要都市にあるJCBプラザを利用可能

海外旅行時には、主要都市にあるJCB会員専用の現地トラベルデスク「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」がありサポートサービスを受けられます。JCBプラザで受けられる主なサービスは次の通りです。

 

◯JCBプラザ、JCBプラザラウンジ共通サービス内容
・観光案内...現地の最新情報、JCB優待情報
・予約、手配...ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなどの予約、手配
・緊急時の案内...パスポート紛失や盗難時の手続き、事故トラブル時のアドバイス
・Wi-Fi無料利用サービス

◯JCBプラザラウンジ専用サービス
・インターネット、プリントアウト無料
・日本語新聞、雑誌、現地ガイドブック、情報誌の閲覧
・フリードリンク
・マッサージ機
・レンタル傘
・荷物一時預かり

 

JCBプラザ設置都市の一覧は以下の表をご確認ください。

 

 JCBプラザ設置都市一覧
ヨーロッパ
ロンドン パリ ローマ フランクフルト
バルセロナ マドリード    
北米
ニューヨーク  ラスベガス ロサンゼルス サンフランシスコ
ホノルル トロント バンクーバー  
アジア・ミクロネシア
香港 セブ バンコク シンガポール
バリ シェムリアップ 台北 北京
上海 ソウル グアム サイパン
大連 ホーチミン クアラルンプール  
オセアニア
シドニー ゴールドコースト ケアンズ オークランド

※太字下線はJCBプラザラウンジ

コールサービス付帯で海外旅行も安心

緊急時のトラブル対応などをしてくれる「JCBプラザコールセンター」というコールサービスを利用できます。24時間年中無休で日本語対応してくれるので、JCBプラザの営業時間外やJCBプラザが設置されていない都市においては非常に便利なサービスです。

 

◯JCBプラザコールセンター 主なサービス内容
・パスポートの紛失、盗難時の手続き案内
・事故、トラブル時の現地警察、医療機関、保険会社等への手続き案内
・緊急時のアテンド手配
・現地医師、病院の案内

その他のトラベル優待

その他のトラベル優待として、海外でのレンタカー優待や京爛漫という京都観光向けのオリジナルガイドブックのプレゼントがあります。

 

<海外レンタカー割引>

海外でレンタカーを借りたい人向けに、世界各地に支店を持つ「ハーツレンタカー」を10%割引(アフォーダブル料金もしくはパッケージ料金)で利用可能です。利用するには事前に日本での予約が必要となります。

 

<京爛漫>

京爛漫は、JCBゴールド会員以上限定の特典であり、京都の旅館や飲食店が紹介されている優待付きのJCBオリジナルのガイドブックです。無料で手に入りますが、自動的に送付されるわけではなく、請求者のみに配布されます。

 

優待内容に関してはそれぞれのお店で異なっていて、数%の割引やお土産プレゼント、ドリンク1杯サービスなど様々です。対象店舗や優待内容の詳細は、京爛漫の公式サイトをご確認ください。

 

京都観光の際には非常にお得なサービスなので、京都観光の予定がある方やよく訪れる方は、京爛漫を請求しましょう。

京爛漫の公式ページはこちら

JCBゴールドの充実した特典

JCBゴールドはトラベル以外でも特典が充実しています。トラベル以外で受けられる豪華特典を紹介します。

グルメ優待サービス

「JCBゴールド グルメ優待サービス」というダイニング特典が付帯していて、対象店舗を利用したときの合計金額またはコース代金が20%OFFになるお得な特典です。この特典の利用方法は次の通りです。

 

<JCBゴールド グルメ優待サービス 利用方法>
1. 専用サイトにて対象店舗を選定
2. 電話にて直接予約、予約時に「JCBゴールド グルメ優待サービス」利用を伝える
3. 利用当日にダウンロードしたクーポン(紙、スマホ画面どちらでも可)を提示
4. 代金をJCBゴールドで支払い

 

予約自体は、電話にて店舗へ直接するため、予約サイトを通すことはできません。また、その他のサービスや特典、食事券との併用も不可です。なお、原則ディナーのみ対象のサービスとなっています。

 

対象店舗は、北海道から沖縄まで日本全国に250店以上あるため、地方在住の方でも利用しやすいのがメリットです。20%OFFは非常にお得なので、記念日など特別な日のディナーに有効活用しましょう。対象店舗などの詳細は公式サイトをご確認ください。

JCBゴールド グルメ優待サービスの公式サイトはこちら

ゴルフ優待サービス

ゴルフ専用のコールデスクがあり、全国およそ1,200箇所のゴルフ場のプレー予約が電話1本で可能です。対象ゴルフ場の中には、エントリー困難な名門コースやプロトーナメントでも使用されるコースも含まれていて、ゴルフ愛好者の方にとっては、魅力的な優待サービスです。

 

また、ゴールド会員以上だけが参加可能な、JCB主催のゴルフコンペも開催されます。有名コースで実施され、入賞者には賞品も進呈される豪華なコンペです。

※次回のコンペは2021年3月の開催が予定されていますが、新型コロナウイルスの感染状況によっては中止もしくは内容変更の可能性があります。

健康サービス

JCBゴールドでは健康に関するサービスも付帯していて、次の3つがあります。

 

<JCBゴールドの健康サービス>
・ドクターダイレクト24...医療、健康、介護、育児などに関する相談や医療機関の案内を24時間年中無休で無料相談可能
・健康チェックサービス...痰(たん)などの検体を郵送するだけで健康に関するアドバイスを受けられる
・人間ドックサービス...人間ドックを優待価格で受診

 

ドクターダイレクト24は、24時間相談できるので、もしものトラブル時にも安心のサービスです。人間ドックの優待に関しても、対象の医療機関が全国にあるため、地方在住の方でも利用しやすいです。

その他のゴールドカード特典

その他に受けられるJCBゴールドの特典を以下にまとめました。

 

<JCBゴールド その他の特典>

・会員情報誌「JCB THE PREMIUM」(毎月発行)
・JCBチケットサービス(コンサート、演劇、イベントなどの先行受付や良席保証)
・JCB GOLD Service Club Off(映画、スポーツ、レジャーなど7万箇所以上での優待)
・ゴールドフラワーサービス(5%割引にて指定先にお花のお届け)
・ゴールドデスク(ゴールドカード専用のコールサービス)
・オリジナルカレンダープレゼント

 

特にJCB GOLD Service Club Offでは、対象映画館での鑑賞料割引、カラオケ店の室料最大50%OFF、レンタカー最大55%OFFなどお得に使える優待が満載です。

家族カードは1枚目無料

JCBゴールドは家族カードを発行でき、1枚目は無料で発行できます。家族カードの対象は「配偶者、両親、18歳以上の子ども」となっており、夫婦で所有して1人当たりの実質年会費を半額にすることも可能です。

 

家族カード会員であっても、空港ラウンジの利用や充実した付帯保険などの豪華特典を受けられます。家族カード利用で貯まるポイントは本会員に合算されるので、家族でポイントをまとめて貯められるのも便利です。

 

なお、家族カードの2枚目以降の発行は1枚当たり1,100円(税込)の年会費がかかります。また、カードデザインについては、本会員と同様のデザインとなり、家族カード会員がベット選択することはできません。

OkiDokiポイントがザクザク貯まる

JCBゴールドのポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」です。カードを上手に活用すれば、ポイントを効率よく貯められます。ここからはOki Dokiポイントの還元率を上げる方法について解説します。

基本のポイント還元率は実質0.5%

JCBゴールドの基本ポイント還元率は実質0.5%です。カード利用1,000円につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。Oki Dokiポイントは1ポイントが5円相当のため、0.5%換算と考えられます。

※ポイントの使い道次第では、1ポイント5円を下回る場合あり

ポイント有効期限は3年間

Oki Dokiポイントの有効期限は獲得から3年間です。一般カードの場合は、有効期限が2年間なので一般カード比で1年多くなります。ポイント有効期限が長くなることにより、ポイント失効のリスクやポイントを無理やり消費する可能性が低くなります。

 

なお、ゴールドの上位カードであるザ・プレミアやプラチナ、最上位カードのザ・クラスの場合、ポイント有効期限は5年間とさらに長くなります。

ポイント優待店ならポイント還元率アップ

JCBオリジナルシリーズパートナーと呼ばれる優待店での利用でポイント還元率が上がります。代表的なお店ではセブンイレブンとAmazonで利用するとポイントが3倍(+1.0%)、スターバックス利用でポイントが10倍(+4.5%)と大幅アップするので、これらのお店をよく使う人にはお得です。

 

特にセブンイレブンでは、セブンイレブンのポイントカードnanacoと連動することで、nanacoポイントとOkiDokiポイントの二重取りが可能です。ポイント二重取りの詳細は以下を参考にしてください。

 

<セブンイレブンでのポイント二重取り方法>
0.  nanacoカード発行
1.  nanacoカード搭載のQUICPay(nanaco)にJCBゴールドを登録
2.  セブンイレブンでの買い物時にQUICPay(nanaco)にて支払い
3-1. 0.5%還元(200円ごとに1ポイント)でnanacoポイントが貯まる
3-2. JCBゴールドでの還元が1.5〜1.75%
(基本還元率0.5〜0.75%+セブンイレブン利用で+1.0%)

 

セブンイレブンでのポイント二重取りをした場合、合算還元率は2〜2.25%となり非常にお得です。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーではその他にも家電量販店やスーパー、トラベルなど対象店は多岐に渡りますので、還元率アップに役立てましょう。対象ショップや詳細はJCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイトをご覧ください。

JCBオリジナルシリーズパートナーの公式サイトはこちら

OkiDokiランド経由でポイント最大20倍

インターネットでの買い物は、JCBが運営するポイントサイト「Oki Dokiランド」を経由するとポイントが最大20倍になり、ポイントをお得に貯められます。ネットショッピング大手の楽天市場やYahoo!ショッピングも対象なので、Oki Dokiランドを経由して買い物しましょう。

Oki Dokiランドの公式サイトはこちら

海外での利用でポイント2倍

海外で利用すればポイントが2倍(+1倍)になるので、海外に行く際には積極的にこの特典を活用しましょう。ただし、ポイント2倍の特典を受けるにはWEB明細サービス「MyJチェック(登録無料)」の登録が必要なので、事前にJCBの公式サイトから登録しておくことをおすすめします。

年間利用額に応じてボーナスポイント獲得

JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)という年間利用額に応じたメンバーシップサービスがあります。年間利用額に応じてOki Dokiポイントのボーナスがあり、翌年度のポイント還元率が上がります。

 

JCBスターメンバーズのポイントボーナス
年間利用額 特典 翌年度のポイント還元率
30万円未満 なし 0.5%(通常と変わらず)
30万円以上 翌年度のポイント10%UP 0.55%(1,000円につき1.1ポイント)
50万円以上 翌年度のポイント20%UP 0.6% (1,000円につき1.2ポイント)
100万円以上 翌年度のポイント50%UP 0.75%(1,000円につき1.5ポイント)
300万円以上 翌年度のポイント60%UP 0.8% (1,000円につき1.6ポイント)

※ポイント還元率は1ポイント=5円換算の実質還元率

 

300万円以上利用すれば、翌年のポイントが60%加算となり非常にお得です。また、100万円以上の利用は、上位カードのザ・プレミアのインビテーション条件(詳細は後述)でもあるので、100万円以上は確実にクリアし、還元率を上げつつインビテーション条件もクリアしましょう。

 

なお、JCBスターメンバーズのもう1つの特典として、JCB指定のキャンペーンでの抽選口数がアップする「キャンペーンチャンスアップ」も適用されます。

OkiDokiポイントの使い道

貯まったOki Dokiポイントは、他社ポイントやマイルへの移行など多くの使い道があります。ここでは、代表的なポイントの使い方4つを紹介します。

他社ポイントと交換

Oki Dokiポイントは他社ポイントと交換可能なので、他社ポイントを集めている方はこの消費方法が最も一般的といえそうです。楽天ポイントやdポイントなど人気のポイントも交換対象になっています。

 

交換可能な他社ポイント一覧は以下の表でご確認ください。

 

Oki Dokiポイントから移行できる他社ポイントと交換レート
他社ポイント 交換レート(Oki Doki→他社)
nanacoポイント 1ポイント = 5ポイント
dポイント 1ポイント = 4ポイント
Pontaポイント 1ポイント = 4ポイント
ビックポイント(ビックネットポイント) 1ポイント = 5ポイント
ベルメゾンポイント 1ポイント = 5ポイント
ジョーシンポイント 1ポイント = 5ポイント
楽天ポイント(楽天Edy) 1ポイント = 3ポイント(3円)
セシールスマイルポイント 1ポイント = 5ポイント
カエトクカード 1ポイント = 4円
スターバックスカード チャージ 1ポイント = 4円
WAONポイント 1ポイント = 4ポイント

航空会社のマイルへ移行

他社ポイントだけでなく、航空会社のマイルへと交換することもできます。マイルは使い方次第で1マイルが5円以上の価値を持つこともあるので、その他のポイント消費に比べてお得になる可能性が高いですよ。飛行機によく乗る方はマイルへの移行も検討しましょう。

 

移行できるマイルとクーポンは以下の通りです。

 

Oki Dokiポイントから移行できる航空会社マイル、クーポンと交換レート
マイレージサービス 交換レート
JALマイレージバンク 1ポイント = 3マイル
ANAマイレージクラブ(マイル) 1ポイント = 3マイル
ANAマイレージクラブ(ANA SKY コイン) 1ポイント = 3コイン
デルタ航空 スカイマイル 1ポイント = 3マイル

※交換は全て500ポイント以上1ポイント単位

各種支払いに使う

Oki Dokiポイントは、カード代金の支払いや対象サービスでのお買い物にも使うことができます。使い勝手が良いのはAmazonでの買い物で、1ポイントから使えるため端数が余らず無駄なくポイント消費が可能です。

 

Oki Dokiポイントが使えるサービスとレート
サービス レート
Amazon 1ポイント = 3.5円
カード利用代金に充当 1ポイント = 3円
Oki Dokiポイント即時交換サービス 対象施設により異なる

ディズニーチケットなどの商品に交換

Oki Dokiポイントは各種商品と交換することも可能です。商品交換用のカタログがあり、webサイトからも交換できる商品一覧を確認できます。カタログを確認して気に入った商品があれば、商品交換でポイントを消費するのも良いですね。

 

交換できる商品の具体例は下記をご確認ください。

 

<Oki Dokiポイントで交換できる商品の一例>
・東京ディズニーリゾート・パークチケット...1枚当たり1,600ポイント ※
・ディズニーアンバサダーホテル宿泊券(パークチケット付、ペア)...17,500ポイント 
・ロボット掃除機 ルンバ643...9,850ポイント
・人形町今半 黒毛和牛すき焼き用...2,650ポイント
・エノテカ おすすめワインフルコース...1,910ポイント

※2021年1月29日現在、東京ディズニーリゾート・パークチケットについては、有効期限が2021年4月末までの物に関して、有効期限が2022年3月末までに延長されています。

 

ディズニーのチケットや家電、グルメ、お酒など豪華商品を幅広く取り扱っています。マイルや他社ポイントへの移行を考えていない場合には、商品に交換することをおすすめします。

 

※新型コロナウイルスの影響により、一部の「エンターテイメント・レストラン」商品で臨時休園・休業、または、一部の交換商品で受付の一時停止・終了、配送遅延が発生する場合があるので、最新情報はJCB公式サイトをご確認ください。

公式サイトはこちら

JCBゴールドの豊富なカードデザイン

JCB一般カードでは、カードデザインを3つから選択可能です。選択できるデザインを紹介します。

 

<通常デザイン>       

ゴールドカード(通常デザイン)

通常デザインは、JCBカードお馴染みのデザインであり、家紋を組紐風にした和風なデザインになっています。券面からJCBゴールドというのがわかるので、ステータス性を感じたい方はこのデザインがおすすめです。

 

<ディズニーデザイン> 

ゴールドカード(ディズニー・デザイン)

ディズニーデザインは、券面の右上にミッキーマウスが描かれていて、ディズニー好きには嬉しい非常に可愛らしいデザインです。ディズニーファンの方にはこのデザインがおすすめでしょう。

 

<WEB限定デザイン>

ゴールドカード(WEB限定デザイン)

WEB限定デザインは、ゴールドのグラデーションデザインで、シンプルさが売りのデザインです。券面にGOLDと書かれていないため、ゴールドカードであることを主張したくない人にはおすすめです。

 

どのデザインを選んでも機能面では違いはありませんので、ご自身の好みで選びましょう。

JCBゴールドのキャンペーン

JCBゴールドではお得なキャンペーンを常に開催しており、ポイント還元率アップやキャッシュバックなどの特典を受けられます。2021年2月現在で開催中の主なキャンペーンを紹介します。

新規入会&利用でもれなく5,000円分プレゼント!

カード新規入会&利用で、最大5,000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。詳細は以下の表をご確認ください。

 

新規入会&利用でもれなく5,000円分プレゼント
キャンペーン期間 2021年3月31日まで
特典1 公式サイトから新規カード申し込みでJCBギフトカード2,000円分
特典2 期間中に1円以上のカード利用で3,000円キャッシュバック

 

条件達成のハードルは非常に低いので、カード発行を検討している方はこのキャンペーンを活用して申し込めばお得になりますよ。

【インターネット新規入会限定】最大14,500円相当をプレゼント!

新規入会で最大14,500円がもらえる4つのキャンペーンを紹介します。全て満たせば14,500円相当になりますが、全て満たす必要もないので達成できそうなものだけ参加しましょう。

 

<家族カード申し込みで最大4000円相当プレゼント>

2021年3月31日までに家族カードに入会しキャンペーン参加登録をすると、最大4,000円分のJCBギフトカードがもらえます。1人当たり2,000円分のギフトカードのプレゼントを最大2人まで適用できるので、2人分の家族カード発行で、JCBギフトカード4,000円分となります。

 

JCBギフトカードは百貨店や家電量販店をはじめ全国100万店以上のお店で利用できるので、もらって使い道に困ることもないでしょう。

 

<お友達紹介で最大4000円相当プレゼント>

2021年3月31日までに、紹介した友達が新規入会すると最大4,000円分のJCBギフトカードがもらえます。紹介した友達1人当たり1,000円分のギフトカードがプレゼントされるので、最大の4人を紹介するとJCBギフトカード4,000円分です。

 

紹介方法はEメールやSNS経由であり、紹介された友達が指定のURLから申し込みカード発行することで完了します。先述の家族カードと合わせると、最大8,000円分のJCBギフトカードを受け取ることができるので非常にお得です。

 

<スマリボ同時登録で最大6000円キャッシュバック>

2021年3月31日までにカード新規入会をして、申し込み時にリボ払いサービスのスマリボを同時に登録し利用すると最大6,000円のキャッシュバックを受けられます。キャッシュバック対象の内訳は以下の通りです。

 

1. 2021年3月31日までにカード新規入会をして、申し込み時にリボ払いサービスのスマリボを同時に登録で1,000円キャッシュバック
2. スマリボ登録中のカードで合計6万円(税込)以上のショッピングで5,000円キャッシュバック 
※2の対象期間:2021年1月16日〜5月15日

 

1,000円のキャッシュバックはスマリボの同時登録だけで受けられるので、簡単に達成できますね。カード入会とともに、ぜひスマリボも登録しましょう。

 

<キャッシング枠とショッピング枠同時利用で500円キャッシュバック>

2021年3月31日までのカードの新規入会時、「キャッシングサービス(融資)ご利用希望枠」を0円以外に設定して申し込みのうえ、3ヶ月後の15日までにショッピングを合計10万円(税込)以上利用すると、500円キャッシュバックを受けられます。

 

キャッシング枠は0円に設定すると審査が通りやすくなると言われていますが、収入面やクレジットヒストリーが問題ない方であれば、0円以外に設定しても審査に通るので、0円以外に設定してキャッシュバックを受け取りましょう。

 

キャッシュバック条件である10万円以上のショッピングも3ヶ月あれば十分達成できます。日常の小さい買い物や固定料金の支払いなどにもカードを利用して、このカードで支払うクセをつけておくと良いでしょう。

リボ払い登録で手数料全額キャッシュバック

2021年3月31日までに新規入会した方が、入会の翌々月末までにリボ払いサービスのスマリボを登録で以下の特典を受けられます。

・最大4ヶ月分のリボ払い手数料全額キャッシュバック 

 

リボ払い手数料全額キャッシュバックになる期間はカードの入会月に応じて異なります。詳しくは下記の表でご確認ください。

 

リボ払い手数料キャッシュバック対象期間とキャッシュバック時期
カード入会月 キャッシュバック対象期間 カード利用期間 キャッシュバック時期
2020年10月 入会〜2021年2月支払い分 2021年1月15日 2021年5月
2020年11月 入会〜2021年3月支払い分 2021年2月15日
2020年12月 入会〜2021年4月支払い分 2021年3月15日 2021年7月
2021年1月 入会〜2021年5月支払い分 2021年4月15日
2021年2月 入会〜2021年6月支払い分 2021年5月15日 2021年9月
2021年3月 入会〜2021年7月支払い分 2021年6月15日

 

【新規入会者限定】スターバックスオンライン利用で8%還元

2021年3月31日までに新規入会した方限定で、スターバックスカードへのオンライン入金もしくはオートチャージで8%還元されるお得なキャンペーンを開催中です。

 

スターバックス オンライン利用で8%還元キャンペーン
キャンペーン対象条件 ポイントアップ登録後、スターバックスカードへ
オンライン入金 or オートチャージを1,000円以上
入会期間 2021年1月1日〜2021年3月31日
利用期間 2021年1月1日〜5月15日
特典内容 ポイント20倍(通常優待10倍+キャンペーン特典10倍)
貯まるポイントをスターバックスカードにチャージで8%還元
備考 利用金額上限3万円

 

正確には8%還元というよりも、ポイント+10倍のキャンペーンです。元々スターバックスカードへのチャージはポイント10倍のお得すぎる優待がついています。その上さらに+10倍のポイントが加算されるので、スターバックスをよく利用する方はもちろん、まだ行ったことない方も訪れる良い機会です。

 

8%還元は、このキャンペーンで貯まったポイントをスターバックスカードへチャージした時の還元率なので、nanacoポイントなどレートが高い他社ポイントへ移行した場合は10%還元になるので、ポイントの使い方次第ではさらにお得です。

JCBゴールドを利用して条件を満たすと、上位カードである「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーションが届きます。インビテーションが届く条件は次の通りです。

 

<JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーション条件>
JCBゴールドの年間利用額100万円以上を2年連続
・MyJCBに受信可能なメールアドレスを登録済み

 

メールアドレス登録に関してはすぐにできるので、重要なのは100万円以上の利用を2年連続という条件です。年間100万円以上は、月平均8.4万円以上の利用で達成できるので、固定費の支払いを含め、できる限りの支払いをJCBゴールドでまとめましょう。

 

JCBゴールド ザ・プレミアはインビテーション限定のカードであり、通常申し込みはできません。なお、JCBのカードではゴールド・ザ・プレミア以外に、JCBザ・クラスもインビテーション限定です。

 

JCBザ・クラスのインビテーションは、ゴールド、ゴールド・ザ・プレミアもしくはJCBプラチナのどれかを利用している必要があります。ただし、ゴールドからいきなりザ・クラスへのステップアップは難しく、ゴールド・ザ・プレミアもしくはプラチナを保有しているのが一般的といえそうです。

JCBゴールドは、その他のJCBプロパーカードとどのように違うのでしょうか?JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBプラチナと比較してみました。

 

JCBゴールド、ゴールドザ・プレミア、プラチナの違い
カード名 ゴールド ゴールドザ・プレミア プラチナ
  「jcb gold」の画像検索結果 「jcb gold the premier」の画像検索結果 「jcb プラチナ」の画像検索結果
発行条件 20歳以上 インビテーションのみ 25歳以上
初年度年会費 無料※ 11,000円 27,500円
2年目以降年会費 11,000円 16,500円※ 27,500円
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降1,100円 1枚目無料 2枚目以降1,100円 1枚目無料 2枚目以降3,300円
基本ポイント還元率 0.5% 0.5% 0.5%
JCBスターメンバーズ ポイント最大60% ポイント最大70% ポイント最大70%
海外旅行保険 最高1億円※ 自動付帯 最高1億円※ 自動付帯 最高1億円 自動付帯
国内旅行保険 最高5,000万円 自動付帯 最高5,000万円 自動付帯 最高5,000万円 自動付帯
ショッピング保険 500万円 500万円 500万円
カードラウンジ 本人のみ 同伴者1名無料 同伴者1名無料 
ラウンジ・キー
プライオリティ・パス - プレステージ会員 プレステージ会員
ダイニング特典 ダイニング20 ダイニング30 ダイニング30 グルメ・ベネフィット
JCBラウンジ京都 -
コンシェルジュ - -
USJラウンジ - -
ホテル特典 - - JCBプレミアムステイプラン(国内) 海外ラグジュアリーホテルプラン
ディズニーデザイン - -
ザ・クラスへの インビテーション

 

※ポイント還元率は1ポイント=5円換算での実質還元率 ※ゴールドの初年度年会費無料はweb申し込み時 ※ゴールドザ・プレミアの2年目以降年会費は前年100万円以上利用で11,000円に減額 ※ゴールド、ゴールドザ・プレミアの海外旅行保険は利用付帯時(自動付帯時は最高5,000万円)

年間100万円以上利用する場合、ゴールドザ・プレミアはゴールドと同額の年会費で保有できるため、非常にお得です。コンシェルジュサービスやホテル特典が欲しい方はプラチナ一択ですが、特に必要ない場合はゴールドもしくはゴールド・ザ・プレミアの方が年会費がお得です。

 

ゴールドでも手厚い付帯保険やラウンジ利用、ダイニング特典などは揃っているので、年間で100万円以上利用するかわからない場合は、ゴールドが最もコスパに優れています。なお、ディズニーデザインはゴールドのみの特典で、ゴールド・ザ・プレミアやプラチナでは選択できません。

JCBゴールドは、ゴールドカードの中でも一定のステータスがあり、審査も甘くはありません。しかし、決して審査に通らないことはなく、年収目安は400万円が基準といえるでしょう。

 

むしろ年収よりも、これまでのクレヒスを重視する傾向にあるので、これまでに支払い延滞があったり、多重申し込みをしていたりする場合は、期間を開けてから申し込むことをおすすめします。

 

また、年収が足りてないと感じる場合は、JCB一般カードを発行して実績を作っておくと、JCBゴールドへの切り替えもしやすくなります。

 

JCBゴールドの審査
申し込み基準 日本在住かつ学生を除く20歳以上
申し込み方法 web申し込み(郵送申し込みも可)
審査難易度 やや厳しい(ゴールドカードの中では厳しめ)
年収目安 400万円
審査期間 最短即日、長い場合は1週間ほど
カード受け取り方法 郵送

 

JCBゴールドの審査に関しては、以下の関連記事もチェックしてみましょう。

JCBゴールドを実際に利用している人の口コミを紹介します。良い口コミとイマイチな口コミの両方をチェックして、メリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

JCBゴールドの良い口コミ・評判

国内旅行保険は優秀です。決済不要の自動付帯型で、飛行機遅延にも対応します。

出典:https://review.kakaku.com

基本のポイント率は少ないですが、ポイント率アップなどで、毎年2万円分くらいポイントは貯まり、年会費はそれだけでペイ。 昨年はディズニーチケット2枚が勝手に当選して届きました。

出典:https://review.kakaku.com

JCB THE CLASSを持つための登竜門であり、他人の前で見せても恥ずかしくないカードです

出典:https://review.kakaku.com

デザイン・・・きらびやかで枯山水の模様もコンセプトもいいと思います。JCBの三色マークもよいバランスで収まっているように感じます。

出典:https://review.kakaku.com

web明細の反映が非常に早い。以前使っていたジャックスやポケットカードなどの高還元カードの明細反映が大変遅く、不安が大きかっただけに誠に嬉しい。アプリも使いやすい。

出典:https://review.kakaku.com

JCBゴールドのイマイチな口コミ・評判

このカードを育てようと思い、全てJCB払いに集約したが、やはりポイント0.5%は厳しい。

出典:https://review.kakaku.com

最近久々にゴールドデスクを使ってみると、まるで一般カードの様に音声ガイダンスが流れビックリしました。それに24時間対応してない。ゴールドデスクに用事がある時って緊急で夜中に電話する事が多かったのに。

出典:https://review.kakaku.com

JCBゴールド

JCBプロパーの信頼あるゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 11,000円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.50%〜1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー QUICPay
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

今回は、豪華な特典が魅力のJCBゴールドのメリットや審査、キャンペーン情報について紹介しました。JCBゴールドは、ゴールドカードの中でもステータス性が高く、トラベル特典やグルメ特典、手厚い付帯保険などカードに付帯する優待が非常に充実しています。実績を積めば、上位カードのゴールドザ・プレミアやザ・クラスのインビテーションが届く可能性もあります。

TOPへ