サービス一覧
閉じる

自己破産後もクレジットカードは作れる!使えるようになるにはどうすればいい?

自己破産すると一生クレジットカードが作れなくなる?そんなことはないんです!今持っているクレジットカードがどうなるのか、どれくらいの期間で作れるようになるのか、新たにクレジットカードを作る時の注意点やポイントなどをご紹介します。

自己破産をすると、現在契約しているクレジットカードは使えなくなります。また、その後も一定期間は新規にカードを作ることもできません。しかしあくまで一定期間なので、自己破産したら二度と作れないわけではないので、安心してください。

 

自己破産を検討している人のなかには、クレジットカードで厳しい状況を凌ごうとしている人も多いでしょう。自己破産をしてクレジットカードが使用できなくなると、生活に必要な支払いもできなくなるという不安もありますよね。

 

そこで今回の記事では、自己破産後にどうしたらクレジットカードが作れるようになるのかを、詳しく解説していきます。自己破産後に使えるおすすめのカードも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

まず最初に、今持っているクレジットカードや、一度も使用していないカードはどうなってしまうのか?あるクレジットカード会社へ個別に返済することはできるのか?また配偶者が自己破産した場合、自分のカードはどうなるのかなど、気になる点についてすべてご紹介いたします。

今持っているクレジットカードは使えなくなる

冒頭で少し説明しましたが、自己破産をすると現在契約中のクレジットカードは、すべて使用不可となります。そのため、一度も利用していないクレジットカードも含めて、契約中のカードを使用することは一切できません。

 

正式に自己破産を弁護士に依頼した場合、弁護士は依頼者の自己破産の予定と受任通知を、クレジットカード会社に送ります。受任通知とは、依頼を受けて代理人となったことを知らせる通知のことです。この受任通知は、依頼者が現在契約しているカード会社すべてに送られます。

 

クレジットカード会社は受任通知を受け取ると、契約に準じてカードの強制解約を行います。そのため、現時点で契約しているクレジットカードは、すべて利用できなくなるのです。

クレジットカードだけ返済することはできない

クレジットカードの利用停止を回避したくて、クレジットカード会社の分だけ返済していこうと考える人もいます。しかし、一部のクレジットカードだけ返済することはできません。自己破産においては、一部のカード会社を避けて手続きする任意整理のようなことは、できないと知っておきましょう。

配偶者が自己破産した場合は関係ない

配偶者が自己破産をした場合、解約されるのは配偶者名義のクレジットカードのみです。自分名義のクレジットカードには影響はなく、そのまま使用できます。なぜなら、クレジットカードの契約は個人単位で管理されているからです。

 

そのため、配偶者や家族が自己破産したとしても、自己破産した本人以外に影響はありません。逆にご自身が自己破産をした際も、家族名義のクレジットカードに影響はないので安心してくださいね。

 

また、自己破産手続き中の人が、他人名義の負債を返済することはできません。たとえば、妻名義のクレジットカードで大きな買い物をしていたとしてます。これまでは夫が毎月返済していたとしても、夫が自己破産手続きを行った時点で、夫の収入から返済することはできなくなるのです。

自己破産後、すぐにクレジットカードを作ることはできませんが、二度と作れない訳ではありません。ここからは、自己破産後にクレジットカードを作れない理由と、どのくらい経てば作れるようになるのか解説しています。

自己破産後クレジットカードが作れない理由

自己破産後に新規のクレジットカードが作れない理由は、信用情報機関に「事故情報(ブラックリスト)」として登録されるためです。信用情報機関とは消費者金融をはじめ、クレジットカード会社や銀行などの、金融機関のことを言います。

 

各信用情報機関と提携する金融機関やクレジットカード会社は、作成されたデーターベースを閲覧することが可能となっています。新規契約の申請時には、必ずデーターベースを参照して、事故情報に登録されていないかチェックされます。

 

そのため事故情報に登録されてしまうと、俗にいう「ブラックリストに載っている状態」となるのです。自己破産後は、どこのクレジットカード会社でも、審査が通らないことを認識しておきましょう。

一定期間が過ぎればまた作れる

上記の理由により、自己破産後すぐにクレジットカードは作れませんが、一定期間を過ぎれば作ることが可能です。事故登録されている期間は、信用情報機関によって異なります。信用情報機関は「CIC」「JICC」「KSC」と3つあるので、それぞれの事故情報の登録機関について説明いたします。

 

CICとは

「CIC」とは、クレジット会社やキャッシングサービス等、多くの賃金業者が加盟している信用情報機関です。まず、CICでは免責許可決定から5年間、事故情報に記録されます。つまり、自己破産の免責許可決定日から5年以上過ぎれば、新たにクレジットカードを作成することができます。

 

CICは、改正割賦販売法において指定信用情報機関として認定されているため、クレジットカード会社の多くはCICに必ず加盟しています。そのため、クレジットカードの新規契約における審査では、必ずCICの信用情報が照会されることを覚えておきましょう。

JICCとは

「JICC」とは日本信用情報機構のことで、賃金業法に指定されている信用情報機関です。事故登録期間は、CICと同じ5年間となっています。そのため、免責許可決定日から5年が経過すれば、事故登録に載っている自己破産情報はクリアとなります。

 

CICはクレジット会社の多くが加盟していますが、JICCは消費者金融が多く加盟しているようです。とは言っても、ほとんどのクレジット会社はCICとJICC両方とも加盟しています。つまり自己破産をすると、CICだけでなくJICCのブラックリストにも登録されると認識しておきましょう。

KSCとは

「KSC」とは、全国銀行個人信用情報センターのことで、「全銀協」とも呼ばれています。こちらは事故情報の保有期間が長く、免責許可決定から10年間履歴が残ることになります。ただし、多少前後することもあるため、自己破産終了から7~10年程度と認識しておきましょう。

 

KSCは、全国の都市銀行や地銀などの銀行系列が、主に加盟している信用情報機関です。そのため、住宅ローンなどの高額融資の審査では、必ずKSCの事故情報がチェックされることを覚えておくと良いでしょう。

自己破産後のクレジットカードの新規契約方法

ここまで解説してきたように、CICやJICCでは免責許可決定から5年が経過すれば、事故情報から記録が削除されます。そのため、まずは全国銀行協会と加盟していないクレジットカードを選びましょう。

 

新規契約するカード会社は、中小金融機関の審査が緩いところがおすすめです。「楽天カード」や「ライフカード」「イオンカード」などは、比較的審査に通りやすいと言われていますよ。

ここでは、現在契約中のクレジットカードやポイント等、自己破産後に気をつけるべき点などをご紹介いたします。

一度も使っていないクレジットカードでも自己破産後は使えない

一度も利用していないクレジットカードでも、自己破産後はすべて使用できなくなります。もし弁護士に申告せずにいて、自己破産を依頼した後で使ってしまうと、大変な事態へと発展してしまいます。ひどいと詐欺罪に問われる可能性もあるため、注意が必要です。

クレジットカードのポイントも失効

自己破産後は、契約中のクレジットカードが強制解約されると同時に、貯まっているポイントもすべて失効します。そのため、大量にカードのポイントが貯まっている場合は、弁護士に依頼する前にポイントを使い切ってしまうのも賢い手です。

 

ただし、ポイントで購入しようとして価格がポイント数を上回っていた場合、足りない分をカード利用(借入れ)しないようにご注意ください。自己破産の手続き時に不利になる可能性があるため、必ずポイント内で収まる買い物をしましょう。

ETCカードは使える場合もある

自己破産後にクレジットカードが強制解約されても、ETCカードは使える場合があるため注意が必要です。それぞれのカード会社によって異なりますが、ETCカードの場合は手続きの関係から使用不可になるまでに、一定期間かかってしまうことがあるのです。

 

そのため、使用できるからといって「使っていい」という訳ではありません。自己破産申請後は、必ずご自身で車からETCカードを取り外し、利用できないようにしておきましょう。

持っているクレジットカードは全て弁護士に申告

自己破産後は、持っている全てのクレジットカードを弁護士に申告する必要があります。しかし、自己破産をしてもクレジットカードを使用したくて、持っているカードを隠す人が一定数いるようです。

 

もし「一度も使用していないカードだから大丈夫だろう」と、弁護士に隠して使用した場合、免責不許可になるだけではありません。上記でも解説しましたが、最悪のところ詐欺罪に問われることもありますし、依頼した弁護士に辞任されてしまう可能性もあり得ます。

 

基本的に弁護士は依頼を受けた後、大抵はカードを使えなくするため、強制的に依頼者のクレジットカードすべてにハサミを入れます。これは、上記に説明したトラブルを避けるためです。そのため弁護士に依頼する際は、使用の有無に関わらず契約中のカードをすべて申告しましょう。

次に自己破産後、新たにクレジットカードを作る際にチェックしておくべきポイントや、審査を受ける際の注意点について解説していきます。

信用情報に事故情報が残っていないか確認

まずは、信用情報に事故情報が残っていないか確認する必要があります。新しいクレジットカードを作ろうとしても、事故情報が残っていれば審査には通りません。事故情報は、各信用情報機関に開示請求することで、簡単に書面で取り寄せられます。

 

また開示請求には1回あたり、500~1000円程度の手数料が必要となります。取り寄せ方法については、各信用情報機関のホームページにて詳しく説明されていますので、確認してみてくださいね。

短期間に複数のクレジットカードに申し込まない

一度に複数のクレジットカード会社へ申し込みをすると、他のカード会社にも申し込み手続きをしていることが伝わるためご注意ください。事故情報が載っていないか確認した後、クレジットカードの新規契約は慎重に行う必要があります。

 

短期間で複数のカード会社から申し込みを行うと、お金に困っていると思われてしまうため、審査が通りにくくなる可能性が出てきます。もしひとつのカード会社で審査が通らなかったとしても、数ヶ月空けてから申し込みをした方が無難です。

自己破産時にかかわったクレジットカードの申し込みは控える

自己破産した当時のクレジットカード会社で、新たに作ることは避けてください。なぜなら、信用情報機関からは削除されていても、会社内のブラックリストに残っているため審査に通らない可能性が高いからです。新規の契約先を選ぶ際は、自己破産時に巻き込んだカード会社は避けることをおすすめします。

クレジットカードの利用額を低く設定

新しいクレジットカードを作成する際は、できる限り利用額を低く設定しましょう。利用額を低く設定しておけば、カード会社で立て替える金額が少ないことを示しますので、カード会社のリスクが低くなります。そのため審査の通過率が高くなり、審査に通りやすくなるのです。

 

申し込みの時だけ小額に設定し、ある程度クレジットカードの利用期間が長くなってきたら限度額を上げると良いでしょう。

審査に落ちても半年間は申し込まない

新たにクレジットカードを作ろうと申し込みをして、審査に落ちてしまった場合、半年間は申込むのをやめておきましょう。なぜなら審査に落ちたことも、信用情報機関に申込みの履歴が残ってしまうからです。

 

そのため、別のカード会社へ行って新規申込みをしたとしても、他の金融機関ですでに審査に落ちていることが分かってしまいます。信用情報機関のデータ履歴は半年間残っているため、再度申込みをするなら半年後にチャレンジすることをおすすめします。

クレジットカードがないと、受けたいサービスや欲しい商品を購入できないこともあり、とても不便ですよね。そういった時、クレジットカードを新たに作れるようになるまでの抜け道として、「家族カード」や「デビッドカード」を利用する方法があります。

家族カードを作る

実は自己破産をしても、家族カードを作ることは可能です。上記で少し解説してきましたが、自己破産をしても信用情報は個人単位で管理されているため、家族の信用情報にはなんら影響がありません。そのため、ご家族の誰かがクレジットカードを契約していて、そのカードから家族カードを作成できる場合は利用することができるのです。

 

ただし、自己破産したということは、今後の生活で借入れに頼らないことを約束する意味でもあります。余程の理由がない限りは、たとえ家族名義でも借入れをするのは避けましょう。

 

以下の記事では、家族カード発行可能な人気のおすすめクレジットカードを15選、ランキング形式でご紹介しています。ぜひ、こちらを参考にしてみて下さい。

デビットカードを作る

自己破産後にカードが必要な場合は、デビットカードを作るのがおすすめです。デビットカードはクレジットカードとは違い、借入れをする訳ではないので、信用情報の影響を受けません。そのため、審査不要で簡単にカードを作成することができます。

 

ただし、クレジットカードのように分割払いには対応しておらず、支払いは一括払いのみとなっています。また、デビットカードの種類よっては、年会費が数百円から千円以上かかるものもあります。

 

普段の買い物などで利用する場面が多ければ、年会費が多少かかっても気にならないかもしれません。しかし、使用回数が少ない場合は年会費が無駄になってしまうので、作成する時には年会費無料のカードを選ぶようにしましょう。

デビットカードのメリット1:自己破産したことがバレない

デビッドカードは審査が要らないため、自己破産していてもバレる心配がありません。なぜならクレジットカードとは違い、信用情報機関で個人情報の照会を行わないからです。そのため、自己破産していても口座さえ持っていれば、誰でも関係なく作ることができるのです。

デビットカードのメリット2:計画的に支出できる

デビットカードを使用すると、登録している銀行口座から瞬時に、使用した金額が引き落とされます。つまり、口座に入っているお金を現金のように使える、便利なカードなのです。

 

利用の際、登録している銀行口座に十分なお金がなければ、残高不足となるため使用することはできません。そのため、クレジットカードとは違って使い過ぎを防ぐことができます。また、口座残高の範囲でしか使用できないので、計画的に使えるのはメリットと言えるでしょう。

デビットカードのメリット3:ネットや海外でも使える

ネット通販では国内だけでなく、デビットカードは海外のネットショッピングでも使用可能です。ネットで買い物をする際、クレジットカードがないと購入できないこともありますよね。

 

近年では、デビットカードに対応しているショップが増えています。そのため、カード決済に対応している店舗ならば、国内はもちろん海外でもデビットカードで支払いができるのです。

デビットカードのメリット4:利用状況を把握しやすい

デビットカードは利用履歴が残るので、利用状況を把握しやすいという特徴があります。自分がいつどこで、どれだけ使用したのか、ネット上ですぐに確認できます。口座残高を把握しやすく、使い過ぎを防げるのもメリットと言えるでしょう。

 

以下の記事では、VISAやJCBなどで人気のデビットカードを10選、ランキング形式でご紹介しています。デビットカードを持つメリットだけでなく、デメリットについても詳しく解説されているため、ぜひ参考にしてみて下さい。

プリペイドカードを作る

自己破産後も作れるカードとして、プリペイドカードもおすすめです。プリペイドカードは、事前にお金をチャージして利用するカードですので、使い過ぎる心配もありません。

 

プリペイドカードでは「Suica」や「PASMO」などが有名ですが、審査不要なので誰でも簡単に作ることが可能です。カードにお金をチャージしておけば、財布を持ち歩く必要がないのもメリットと言えます。

 

またデビットカードとは違い、事前にチャージしたお金しか使用できません。そのため「今月は○万だけチャージしよう」など、その月に使う分だけチャージするという計画的な使い方もできるでしょう。

ETCパーソナルカードを作る

ETCパーソナルカードとは、高速道路会社のネクスコが発行する、ETCとしても使えるカードです。通常のETCカード発行時には審査があるのですが、ETCパーソナルカードの場合は審査不要となっています。ETCカードと違い、4万円の保証金として預託が必要となりますが、利用料金の口座引き落としが可能です。

ここからは自己破産後、新たにクレジットカードを作る際、カード会社を上手に選ぶ方法をご紹介いたします。

KSC以外の会社を選ぶ

これまで解説してきたように、KSCに加盟している会社は事故情報が信用情報機関に10年間登録されています。そのため、自己破産後に新規でクレジットカードを作る際は、KSC以外と加盟しているカード会社を選ぶのがおすすめです。

 

CICやJICCに加盟しているカード会社なら、自己破産してから5年が経過していれば、新たにクレジットカードを作成できます。ただし、複数機関と加盟しているクレジットカード会社もあるため、注意が必要です。カードを申請する前に、カード会社がKSCの会員ではないことを確認しておきましょう。

自己破産に関わった会社以外を選ぶ

自己破産後にクレジットカードを作る場合は、自己破産時に関わった会社を避ける必要があります。カードを作る時の注意点でも紹介しましたとおり、会社で独自の事故情報に登録されている可能性が高いからです。

 

せっかく申し込みをしても、会社内の事故情報に引っかかってしまい、審査に通らないため契約することができません。そのため、他のクレジットカード会社を選ぶようにしましょう。

中小の審査のゆるい会社を選ぶ

大手の金融機関は、審査基準が厳しいのが基本です。そのため、自己破産後に新規カードの申込みをスムーズに行いたい場合は、中小企業の金融業者の中でも緩く審査基準が設定されているカード会社を選びましょう。

 

大手ですと審査で落とされる可能性が高くても、審査基準の緩いクレジットカード会社なら、審査に通過しやすいためおすすめです。一定の条件さえ満たしていれば、問題なく新規カードを作成できるでしょう。

 

以下の記事では、比較的審査が甘くておすすめできるクレジットカードを、ランキング形式でご紹介しています。支払い方法の注意点や審査に受かるコツも記載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ここからは、クレジットカードの審査に通りやすいポイントを3つご紹介いたします。審査に引っかかることなく新しいカードを手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

収入が安定している

審査に通りやすい1つ目のポイントは、収入が安定しているかどうかです。正社員としての勤続年数が長く、安定した収入があれば審査に通りやすくなります。クレジットカードを利用するということは、カード会社から一旦お金を借りるということですので、返済能力の有無が一番に問われるのです。

安定した住所や固定電話がある

2つ目のポイントは、安定した住所や固定電話があるということです。カード会社はお金を貸す側ですから、住所が定まっていなかったり固定電話がなかったりする人とは、安心して契約ことができません。

 

そのため何かが起きた時、すぐに連絡が取れるかどうかは、必要最低限の信頼できる条件なのです。自己破産後に新規カードを契約したい場合は、信頼を少しでも得るためにも、固定電話は持って置いた方が良いでしょう。

クレジットヒストリーを作る

自己破産した後、事故登録の保有期間を過ぎれば、個人信用情報は白紙に戻ります。そのため、改めてクレジットヒストリーを積み上げる必要があります。クレジットヒストリーとは、各信用情報機関に登録されている、クレジットカードの利用履歴のことです。

 

金融機関では、ローンなどのクレジットカードの利用状況をはじめとして、返済履歴などが登録されています。クレジットヒストリーがまったくない状態のまま、クレジットカードの審査に通過するのは困難です。

 

そのため、事故登録情報から削除されて白紙の状態になったあと、新たにクレジットヒストリーを作る必要があるのです。まず、携帯電話の分割払いなど身近なもので、クレジットヒストリーを作っていきましょう。ハウスカードに申し込みをして、しっかりと支払いをしていくのもおすすめですよ。

 

最後に、どうしてもクレジットカードを発行したい人が絶対に避けておくべき点について、解説しておきます。再び失敗しないためにも、ぜひ心に止めておいて下さいね。

ヤミ金融を利用しない

自己破産をしてしまうと、短くても5年の間はクレジットカードの発行ができませんし、キャッシングの利用も厳しくなります。そのためブラックリストに載ってしまい、借入れができなくて困っている人をターゲットにした金融業者は、多く存在しています。

 

すべてが悪徳の金融業者という訳ではありませんが、「ブラックでも即日融資可能」といった広告を流している金融業者は、ほぼ闇金と見ておいた方が良いでしょう。どんなに困っていたとしても、ヤミ金に手を出したら最後、返済の取立てに苦しめられるのは確実です。冷静に判断して、美味しい話には乗らないように注意しましょう。

リボ払いは極力利用しない

これまで高額な買い物をした時、ついリボ払いを使っていませんでしたか?リボ払いは毎月の支払額を一定にできるため、無理なく支払うことができるので便利ですよね。また月々の支払額を変更できるというメリットもありますから、リボ払いを利用している人は多いでしょう。

 

しかし、実はリボ払いには大きな罠が潜んでいます。計画的に利用できれば良いのですが、リボ払いには金利手数料が支払いのたびにかかります。基本的に、手数料の相場は年率15%となっていますので、返済期間が長くなればなるほど手数料が高額になるのです。そのため、リボ払いは極力利用しない方が賢明でしょう。

 

以下の記事では、リボ払いのメリットとデメリットについて詳しく紹介しています。上手な使い方も解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

二度目はないようにする

自己破産後は、もう二度と自己破産しないように気をつける必要があります。自己破産をしなければいけない事態に陥ったのにも、何か間違った選択をした結果です。そのため自分の行動を振り返って、どこに問題があったのか書き出してみましょう。

 

今後は、無駄遣いに気をつけながら、お金の使い方についても考えてみてください。特に大きな買い物をする際は、「これは浪費になるかな?」と一旦立ち止まり、冷静に考えるようにすると無駄遣いを減らせますよ。

 

借金をすべて白紙に戻して人生をスタートさせても、再び自己破産に陥ってしまっては時間も浪費してしまいます。二度目はないように、カードも計画的に利用して、しっかり金銭管理しながら生活していきましょう。

 

以下の記事では、クレジットカードの請求が払えない場合の対処法について、詳しくご紹介しています。万が一支払えない事態になった時は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

自己破産をすると、すぐにクレジットカードを作ることはできませんが、一定期間が経てば新たにカードを作ることが可能です。今回ご紹介した注意点やポイントを参考に、上手くクレジットカードの新規契約をして、正しく計画的に利用してくださいね。

TOPへ