カシオのプロトレックの人気おすすめランキング15選【気になる評価も】

記事ID9035のサムネイル画像

世界的に有名な腕時計メーカーであるカシオが販売しているブランドのひとつがプロトレック。アウトドアに適した時計とギア感のあるデザインは多くの方にン期を集めています。ここでは、そんなカシオのプロトレックの人気おすすめランキング15選をまとめました。

アウトドアに活用するならカシオのプロトレック

カシオのプロトレックは、アウトドアで腕時計を使う方に多大な人気を集めているシリーズです。中には8000m級の環境であっても問題なく動くような耐久性を秘めたものもあり、その耐久性と丈夫さはアウトドアが趣味の方にとって、相棒のようなものといえるでしょう。

 

また、そのギア感のあるデザインも人気を集めている理由のひとつです。実際、価格を安くした、日常使いのプロトレックも販売されています。それだけ多くのシリーズがありますから、プロトレックを選ぶ際に悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、カシオのプロトレックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ご購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは、価格・耐久性・デザインの3つのポイントを基準として作成しました。

カシオのプロトレック人気おすすめランキング15選

15位

CASIO(カシオ)

プロトレックスマート WSD-F21HR-RD メンズ

価格:52,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格を抑えた「スマート」タイプ

こちらの商品は、耐久性をある程度オミットして、その分価格を安くした「スマート」タイプのプロトレックです。耐久性はある程度オミットされているとはいえ、日常的な衝撃ではびくともしません。日常に使う用のプロトレックだといえるでしょう。

シリーズスマートバンドの長さ14.5~21cm

口コミを紹介

、実地に使ってみると1日の行動終了後で残量はおよそ60~70%くらいで充分実用に耐えます。使用シーンではソフトウェア的にきっちり電池を制御してくれているのでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

CASIO(カシオ)

プロトレック RM Series Triple Sensor Ver.3 PRW-S3500-1JF ブラック

価格:48,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリプルセンサーで状況を正確にキャッチ

こちらの商品は、「トリプルセンサー」を搭載したプロトレックです。3つのセンサーによって、より速く、より長く、気圧、温度、方位を詳細に計測してくれます。さらに高度も感知することができる優れものです。登山にぴったりな一品だといえるでしょう。

シリーズRMバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

プロトレック 3500シリーズのなかでもRMです。 1500や2500等は、プラスチックぽかったですが、これは、リングも金属で重量もあり、チープさはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

CASIO(カシオ)

プロトレック MULTI FIELD LINE

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆるフィールドで活躍できるプロトレック

こちらのプロトレックは、過酷な環境でも耐えることのできる、腕時計です。その圧倒的な耐久性は他のシリーズと比べても一歩前を進んでおり、ほとんどどんな場所でも身に着けておくことができます。最高の防水性能が欲しいというあ方におすすめです。

シリーズマルチフィールドバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

この価格でこれだけの機能と信頼性!かつてちょっと感じた安っぽさは微塵もありません。実力が外観ににじみ出ていると言えば褒め過ぎかな?休日の相棒として永くつきあっていけそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

CASIO(カシオ)

プロトレック PRW-3500SYT-1JF ブラック

価格:85,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同時に世界六か国の電波を受信

こちらの商品は、同時に世界6局からの標準時刻を受信しているプロトレックです。そのため、外国にいけばすぐに時刻を修正してくれます。また、わずかな光でもソーラー充電をしてくれるので、海の上であっても充電が可能です。旅行に行くときにおすすめできます。

シリーズ-バンドの長さ15~20cm

口コミを紹介

天気予報を気になるかたは、この時計はオススメ 他にストップウォッチや目覚ましに高度計 コンパス まだまだ沢山機能があります。電波時計でソーラー蓄電ですので、電池切れが心配ないですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

CASIO(カシオ)

NAVY BLUE SERIES PRW-6600Y-2JF

価格:37,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常生活用のプロトレック

こちらのプロトレックは、価格を抑えたプロトレックです。それに伴って、日常生活にフィットするようなデザインになっており、会社などに身に着けていっても違和感がありません。手ごろな値段で、プロトレックを体験したいという方におすすめの商品です。

シリーズPRW-6000バンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

ベルトが柔らかい。
直径が大きく文字、針、デジタルが非常に見やすい。
文字と針に使用されている蓄光塗料がかなり明るく、直射日光に少し当てただけで日中の屋内でも光っているのがわかるくらいです

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

CASIO(カシオ)

プロトレック クライマーライン PRW-60-2AJF

価格:33,336円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

登山が趣味の方のための小型プロトレック

こちらの商品は、「クライマーライン」の名前の通り、登山が趣味の方のための商品です。プロトレックシリーズ特有の耐久性はそのままに、商品が小型化しており、そのおかげで動くときや岸壁を掴むときにも邪魔になりません。クライマーにおすすめです。

シリーズクライマーズラインバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

アナログ針も大きく見やすく デジタルの部分も良い大きさ。

アウトドア派で 気圧や方位が気になる方は是非。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

CASIO(カシオ)

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1JF ブラック

価格:15,048円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価でプロトレックを体験できる商品

こちらの商品は、非常に価格の安い商品です。もちろん、安くともしっかりとプロトレックに必要な機能はしっかりと搭載されています。その無駄を省いた表示画面により、いつでも必要な情報を把握することが可能です。

シリーズPRGシリーズバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

この値段でこの性能は素晴らしいと思います。

私はソロキャンプによく行くのですが、野営する場所はほとんどが電波の届かない山奥なので携帯は使えず、天候予測はこの時計頼りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

CASIO(カシオ)

プロトレック MANASLU PRX-8000YT-1JF ブラック

価格:143,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高品質のプロトレックの一角

こちらの商品は、数あるプロトレックの中でも、最高の品質を誇っているシリーズである「MANASLU」の一角です。耐摩耗・衝撃・寒さ、すべてにおいて高品質を保っており、あらゆるアクティビティで活躍する商品といえます。

シリーズMANASLUバンドの長さ15~20.5cm

口コミを紹介

ケース、バンド共にチタンでバンドの幅も広いため、着用時に重さを感じる事もなく快適です。
高度測定は気圧式のため調整が必要ですが、現在気圧に応じた設定をすれば数値は正確です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

CASIO(カシオ)

プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-8JF メンズ ブラック

価格:53,378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アナログ+デジタルのスタイリッシュ感

こちらの商品は、アナログとデジタルの両方を備えている商品です。その独特の雰囲気は他のプロトレックシリーズにはなく、このデザインがかっこいいと感じる方も多いでしょう。もちろん、表示される情報も多岐にわたり、使い道の多い商品といえます。

シリーズPRW-7000バンドの長さ15~22cm

口コミを紹介

7000シリーズでは一番おとなしいデザインが気に入っています。性能は8000を凌ぐと思います。
反転液晶も見やすく、多少分厚いですが、スーツ時でも、ギリギリ着用しても目立ちません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

CASIO(カシオ)

プロトレック PRW-6100FC-1JF ブラック

価格:59,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特徴的なバンドを採用したプロトレック

こちらのシリーズには、ねじれ・摩擦・薬品への耐性が強いバンドを採用しています。耐久性の面では他のプロトレックシリーズと同様に高く、さらにこのバンドによって長時間身に着けていても疲れないようになっているのが特徴です。

シリーズPRW-6100バンドの長さ15~20.5cm

口コミを紹介

こちらにして正解でした。操作はわかりやすいと思います。小さな説明書がついていましたが、一つ一つ順番にやっていけばわかります。登山ではまだ使用していませんがこれから楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

CASIO(カシオ)

プロトレックスマート GPS搭載 WSD-F30-BK メンズ ブラック

価格:42,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロトレックのスマートウォッチ

こちらの商品は、「アップルウォッチ」のようなスマートウォッチのプロトレックバージョンです。多機能な時計を、高い耐久力で使うことができるので、激しく動く方におすすめできます。また、3日間連続稼働可能な充電の持ち方も魅力的です。

シリーズプロトレックスマートバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

登山などで使用しますが、機能面では大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

CASIO(カシオ)

PRW-50Y-1BJF

価格:37,808円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいながらもメカニック感を演出するプロトレック

こちらの商品は、「クライマーライン」のひとつです。同シリーズの特徴であるコンパクト感は維持しつつも、デザインに工夫を凝らすことによって、細身でありながらギア感を演出しています。耐久度の高い、デザイン性の優良な時計を探している方におすすめです。

シリーズクライマーズラインバンドの長さ14.5~21.5cm

口コミを紹介

時間を読み取りやすく、腕にフィットしていい気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

CASIO(カシオ)

プロトレック PRW-6600YB-3JF

価格:34,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アナログ+デジタルの発展形

こちらの商品は、アナログの文字盤と、デジタルなデータを見ることのできる腕時計です。もちろん、プロトレックが持つ耐久性・実用性はカバーしています。この商品の特徴は、なんといってもバンドが布製であるという点。このおかげで、腕へのフィット感が高めです。

シリーズPRW-6600バンドの長さ14.5~20cm

口コミを紹介

この機会にプロトレックを買いました。
デザイン良し、機能良しで非常に頼もしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

CASIO(カシオ)

プロトレック MANASLU 世界6局対応電波ソーラー PRX-8000T-7AJF シルバー

価格:170,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一流登山家のアドバイスで完成した商品

 

 

こちらの商品は、登山家である「竹内洋岳」氏によるアドバイスで完成したモデルです。そのため、過酷な高山の環境で使えるように各種機能が充実しており、さらに耐久性の高さも圧倒的です。せっかく腕時計を買うなら、良いものが欲しいという方におすすめです。

シリーズMANASLUバンドの長さ15~20.5cm

口コミを紹介

装飾的なゴツゴツ感や色彩が無く、無駄が無い。
実用性を追及したものだけに生まれる研ぎ澄まされた美しさが、ここにはあると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

CASIO(カシオ)

プロトレック マルチフィールドライン O.S.P T.NAMIKI Limited Model PRW-7000TN-8JR

価格:228,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名アングラー監修のリミテッドモデル

こちらの商品は、世界的に有名なアングラー、「並木敏成」氏による監修の入った「マルチフィールドライン」です。並木氏の好みにあわせて、あらゆるエリアのフィッシングに使うことができるタイドグラフを搭載しています。もちろん、他の場所でも活躍する一品です。

シリーズマルチフィールドラインバンドの長さ15~22cm

口コミを紹介

並木プロ監修モデルということとデザインが
気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

カシオのプロトレックの選び方

カシオが誇る有名シリーズ、プロトレックが持つ最も大きな特徴は、なんといってもその耐久性です。しかし、それ以外にも、商品ごとに様々な特徴を有しているため、その点をしっかりと把握して、自分なりのプロトレックを選びましょう。

シリーズで選ぶ

プロトレックには、使い道や搭載している機能にあわせて、いくつかの種類が設けられています。自分がどのような形でプロトレックを活用したいのか、把握し、適切なモデルを選ぶといいでしょう。以下では、それぞれのシリーズの特徴と理念を紹介します。

クライマーライン

クライマーラインは、山で使用することに主眼を置いたプロトレックです。トレッキング・クライミング・単純な登山など、山で行うあらゆるアウトドアに対応するように機能性が詰め込まれています。

 

クライマーラインのプロトレックは、他のモデルに比べると本体のサイズが小さいのが特徴的です。それは、過酷な登山の最中に腕が疲れてしまわないようにするという配慮から来た工夫です。そのため、山登り以外にも激しく動く方にもおすすめのモデルだといえます。

 

ただし、山で使うことに主眼を置いているため、防水性能は他のモデルに比べると一歩劣ります。とはいえ、水に長時間沈めたりするのでなければ問題のない防水性は備わっているため、自分がどこにつけていくのか考えて選ぶといいでしょう。

マルチフィールドライン

「マルチフィールド」の名前の通り、あらゆるフィールドで活躍してくれるプロトレックがマルチフィールドラインです。どんなアウトドアシーンでも、壊れることなくしっかりと時間を刻み、必要な情報を収集してくれます。

 

特に、防水性能に関してはただでさえ高いプロトレックシリーズの中でも群を抜いて高い点が魅力的です。よほどの水圧に押し流されたりするのでなければ、いくら濡れても機能に問題が出ることがありません。

 

その耐久性の高さ、品質の高さから多少値段は張りますが、様々なアウトドアスポーツを楽しむという方であればぜひ身に着けておきたい商品です。特に長く腕時計を使いたいという方におすすめできます。

スマートシリーズ

「プロトレックスマート」シリーズは、プロトレックの耐久性はそのままに、機能に幅を持たせたいわゆる「スマートウォッチ」シリーズです。プロトレックが持つ従来の機能はもちろん、そのほかにもGPSやアプリケーションなどが搭載されています。

 

また、他にも心拍数を計ってくれる機能や、メモ機能、天候の予測機能など、非常に多彩な機能を味わうことが可能です。他のスマートウォッチと比較すると非常に壊れづらく、アウトドアの使用に適しているのもポイントだといえるでしょう。

 

とはいえ、他のプロトレックと比べるとやはりデジタルな精密機器なので、あまりに過酷な環境での使用には向いていません。日常用や、カジュアルなアウトドアスポーツでの使用が推奨されるシリーズだといえるでしょう。

MANASLU

MANASLU(マナスル)は、数あるプロトレックの中でも、最も高い耐久性を備えているといっても過言ではないモデルです。地球上でも数少ない8000メートル級の山の名前を冠したこのシリーズは、過酷な環境でも問題なく動作ができるように作られています。

 

防水性・耐久性はもちろんですが、注目したいのはメインに使われている素材です。マナスルの素材にはメインとしてチタンが使われており、このおかげで様々な衝撃による傷から本体を守ってくれます。また、軽い点も魅力的です。

 

さらに、マナスルシリーズのガラスは非常に耐久度が高く、多少の衝撃ではヒビすらも入りません。もちろんバンドも落下防止機構が盛り込んであります。まさに、プロトレックの中で最も高い品質を誇っているモデルといっても過言ではないでしょう。

その他シリーズ

プロトレックには、前述したシリーズ以外にも、多様なモデルが存在しています。それらは上記でご紹介したものと比べると機能面ではどこかがオミットされており、一段階安価なモデルとして制作されているものばかりです。

 

とはいえ、それでも、耐久性・実用性の両方で高い水準を保っていることには変わり有りません。いずれの商品も、プロトレックの名前を冠するのに恥ずかしくない、高い性能を誇っているのです。

 

よって、プロトレックは欲しいけれど5万円をこえるような商品には手を出しにくいという方にはおすすめです。また、中にはメインのシリーズに匹敵するようなものも存在しているので、自分好みのものを探してみるのもいいでしょう。

使いたい機能で選ぶ

腕時計にとって、最も大切な機能は時間を正確に刻んでくれることです。その点、プロトレックのモデルの多くは時間のズレがほとんどないように作られています。

 

もちろん、プロトレックにはそれ以外の機能が多彩に備えられています。具体的には、高度、方位、気圧、温度を計ってくれる機能が搭載されています。そのおかげで、アウトドアに出たときに、現在自分が置かれている状況を簡単に把握することが可能です。

 

また、そのほかにも電波時計やアプリケーション、タイトグラフなどが搭載されているものもあります。こうした機能が搭載されているものはもちろん高額になるので、「自分が知りたい情報は何なのか」という観点からモデルを選択するといいでしょう。

目的で選ぶ

プロトレックを購入したいという方の多くは、アウトドアを楽しみたいと考えている方が多いはずです。そのため、「自分がどんなアウトドアを楽しみたいのか」という観点からプロトレックを選ぶのもひとつの手です。

釣りなどのシースポーツ

シースポーツでプロトレックを使う場合は、防水性能の高いものを選びましょう。具体的には、「マルチフィールドライン」をはじめとした、高い防水性を保っているものがおすすめです。特に、水洗いが可能なものを選ぶようにしましょう。

 

なぜなら、海水には多様な塩分が入っているからです。水洗いをしないまま乾かすと、精密部品に大きな影響を及ぼす可能性があります。よって、水洗いをして塩を抜くことができるものを選ぶようにしましょう。

 

特に海水に直接さらされるシースポーツを楽しむ方は、必ず防水性能の高いものを選んでください。最悪の場合、新品のプロトレックが機能停止する可能性もあります。

クライミングなどの激しいスポーツ

クライミングなどをはじめとして、激しいスポーツをするという方は、耐衝撃に強い商品を選ぶようにしましょう。また、バンドでしっかりと固定できるかどうかという点も、重要な観点のひとつです。

 

また、登山やフルマラソンなどの、長時間体を動かすスポーツをするという方は、本体が軽いものを選ぶといいでしょう。また、汗をたくさんかいてしまうという方は、ある程度の防水性能も意識しておいたほうが無難です。

 

総合的に、「クライマーライン」などがこうした条件に該当する商品です。もちろんマルチフィールドラインなども条件には該当しますが、クライマーラインに比べると本体が少し重いので、その点には留意しましょう。

 

日常で使う用

プロトレックを日常で使う場合、意識すべき点はデザインと価格です。クライマーラインやマルチフィールドラインのような高い防水性能・耐衝撃性能は日常では必要ないので、ファッションの一部として見ると選びやすいでしょう。

 

プロトレックの名前を冠しているものはいずれも長く使うことのできる耐久性と多機能を秘めているので、日常で使う分には十分です。よって、日常で使うプロトレックを選ぶ時は、自分の懐と価格の兼ね合い、好きな商品を選ぶのが一番でしょう。

価格で選ぶ

プロトレックシリーズは、同じ会社の看板ライン、「G-ショック」などと比較すると、比較的安価な腕時計です。しかし、それでも数十万円のものから数万円のものまで開きがあります。

 

基本的に、プロトレックシリーズの価格は機能の多さと耐久性の高さとトレードオフとなっています。もし、プロトレックの基本的な機能だけで十分で、かつ、過酷な環境のアウトドアスポーツをするわけではないという場合は、数万円のものを買うといいでしょう。

 

逆に、時間のズレが絶対に許されない職業についている方や、一分のズレが大きな問題になるという方は、多少価格の高い電波時計機能つきのものを選ぶのがベストです。もちろん、過酷な環境での使用を想定しているのなら、高額なマルチフィールドなどを選びましょう。

デザインで選ぶ

プロトレックシリーズには、アナログとデジタルの両方が存在します。腕時計のデザインにおいて、この2つにはそれぞれ好みがあるので、自分が好きなほうを選ぶといいでしょう。もちろん、この両者が混ざっているものも存在しています。

 

どのデザインもよくて決められないという場合は、自分の目が良いのか悪いのか、という点で決めるのも一つの手段です。アナログ文字盤はどうしても見づらいため、あまり目がよくないという方はデジタルのものを選ぶといいでしょう。

 

ただ、表示がデジタルなものはどうしても操作が複雑になるため、その点も把握しておかなければなりません。シンプルなほうが良いという場合は、アナログのものを選ぶといいでしょう。

カシオのプロトレックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5392389の画像

    CASIO(カシオ)

  • 2
    アイテムID:5392350の画像

    CASIO(カシオ)

  • 3
    アイテムID:5392336の画像

    CASIO(カシオ)

  • 4
    アイテムID:5392311の画像

    CASIO(カシオ)

  • 5
    アイテムID:5392254の画像

    CASIO(カシオ)

  • 6
    アイテムID:5392227の画像

    CASIO(カシオ)

  • 7
    アイテムID:5392203の画像

    CASIO(カシオ)

  • 8
    アイテムID:5392179の画像

    CASIO(カシオ)

  • 9
    アイテムID:5392161の画像

    CASIO(カシオ)

  • 10
    アイテムID:5392122の画像

    CASIO(カシオ)

  • 11
    アイテムID:5392104の画像

    CASIO(カシオ)

  • 12
    アイテムID:5392092の画像

    CASIO(カシオ)

  • 13
    アイテムID:5392082の画像

    CASIO(カシオ)

  • 14
    アイテムID:5392074の画像

    CASIO(カシオ)

  • 15
    アイテムID:5392060の画像

    CASIO(カシオ)

  • 商品名
  • プロトレック マルチフィールドライン O.S.P T.NAMIKI Limited Model PRW-7000TN-8JR
  • プロトレック MANASLU 世界6局対応電波ソーラー PRX-8000T-7AJF シルバー
  • プロトレック PRW-6600YB-3JF
  • PRW-50Y-1BJF
  • プロトレックスマート GPS搭載 WSD-F30-BK メンズ ブラック
  • プロトレック PRW-6100FC-1JF ブラック
  • プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-8JF メンズ ブラック
  • プロトレック MANASLU PRX-8000YT-1JF ブラック
  • [カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1JF ブラック
  • プロトレック クライマーライン PRW-60-2AJF
  • NAVY BLUE SERIES PRW-6600Y-2JF
  • プロトレック PRW-3500SYT-1JF ブラック
  • プロトレック MULTI FIELD LINE
  • プロトレック RM Series Triple Sensor Ver.3 PRW-S3500-1JF ブラック
  • プロトレックスマート WSD-F21HR-RD メンズ
  • 特徴
  • 有名アングラー監修のリミテッドモデル
  • 一流登山家のアドバイスで完成した商品
  • アナログ+デジタルの発展形
  • 小さいながらもメカニック感を演出するプロトレック
  • プロトレックのスマートウォッチ
  • 特徴的なバンドを採用したプロトレック
  • アナログ+デジタルのスタイリッシュ感
  • 最高品質のプロトレックの一角
  • 安価でプロトレックを体験できる商品
  • 登山が趣味の方のための小型プロトレック
  • 日常生活用のプロトレック
  • 同時に世界六か国の電波を受信
  • あらゆるフィールドで活躍できるプロトレック
  • トリプルセンサーで状況を正確にキャッチ
  • 価格を抑えた「スマート」タイプ
  • 価格
  • 228000円(税込)
  • 170000円(税込)
  • 34515円(税込)
  • 37808円(税込)
  • 42798円(税込)
  • 59199円(税込)
  • 53378円(税込)
  • 143000円(税込)
  • 15048円(税込)
  • 33336円(税込)
  • 37000円(税込)
  • 85000円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 48384円(税込)
  • 52000円(税込)
  • シリーズ
  • マルチフィールドライン
  • MANASLU
  • PRW-6600
  • クライマーズライン
  • プロトレックスマート
  • PRW-6100
  • PRW-7000
  • MANASLU
  • PRGシリーズ
  • クライマーズライン
  • PRW-6000
  • -
  • マルチフィールド
  • RM
  • スマート
  • バンドの長さ
  • 15~22cm
  • 15~20.5cm
  • 14.5~20cm
  • 14.5~21.5cm
  • 14.5~21.5cm
  • 15~20.5cm
  • 15~22cm
  • 15~20.5cm
  • 14.5~21.5cm
  • 14.5~21.5cm
  • 14.5~21.5cm
  • 15~20cm
  • 14.5~21.5cm
  • 14.5~21.5cm
  • 14.5~21cm

まとめ

カシオのプロトレックは、いずれも高い品質を誇っています。ただ、その中でもそれぞれ使い道が細分化しているので、自分の好みにあったものを選びましょう。ぜひランキングを参考にして、自分の相棒を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ