ダウンジャケットのおすすめ人気11選【コスパ最強のものも!】

冬の定番アイテムであるダウンジャケットは、レディースもメンズも着用できる万能アイテムになっています。コスパ最強ダウンジャケットからブランド品まで選択肢が多いのも魅力です。そこで今回はダウンジャケットの選び方と安くて暖かいダウンなどおすすめ商品の人気をご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

冬の定番アイテム!暖かいダウンジャケットの魅力

冬の定番アイテムであり、暖を取るには最適のダウンジャケットは、タウンユースからアウトドアまで幅広く使える便利アイテムですが、どれでも同じだと思って適当に選んでいる方も多くいらっしゃいます。

 

実はダウンジャケットはフェザーやダウンの割合によって温かさや重さが異なり、空気の層の厚さによっても温かさが違います。また、コスパ最強ダウンジャケットから高品質なダウンジャケットなど種類もさまざまで選び方がわからない方も少なくないです。

 

そこで今回は、ダウンジャケットの選び方や安くて暖かいダウンなどおすすめ商品をでご紹介します。機能・素材・価格などを基準に作成しました。暖かいレディース用・メンズ用それぞれの商品をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

メンズダウンジャケットのおすすめ

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

ダウン ジャケット バルトロライトジャケット

高い保温性と高機能な防寒メンズジャケット

特殊セラミックスの遠赤外線による高い保温効果を備えた光電子ダウンを使用しています。30デニールのGORE-TEX INFINIUM PRODUCTSの2層構造を採用した表地は防風性と耐水性があり、雪や雨に強い設計です。中わた入りの内襟やダブルフラップがコールドスポットを軽減します。

基本情報
素材 ナイロン
備考 撥水仕様

レディースダウンジャケットのおすすめ

Orolay

レディース ダウンコート

可愛く暖かく、洗練されたデザインのレディースダウンコート

立襟とフードで風を遮り、伸縮性のあるフードと手袋付き袖口が快適です。胸部と斜めに配置されたファスナーポケットが便利で、暖かさと機能性を備えた防風防寒ジャケットです。見た目もシンプルで美しく上品で高級感があり、スリムな印象を与えてくれます。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 細身シルエット

コスパが良く安いダウンジャケットのおすすめ

GRADE

極暖ダウン

高級ポリエステル使用の安くて暖かいダウン

極暖ダウンジャケットは、軽くて暖かく、中綿に高級ポリエステルを使用しています。特殊な加工により中綿の出にくい構造で、風を通さない細部設計が寒さを極限まで防ぎます。コスパが非常によく、手軽に購入できるのも魅力です。

基本情報
素材 95% ポリエステル, 5% ダウン
備考 日本人の体型にフィット

ダウンジャケットの選び方

ダウンジャケットは見た目は似ていても素材や機能によって温かさや使い勝手に差が生まれます。ここからはダウンジャケットの選び方についてご紹介するので参考にしてください。

素材の割合によって選ぶ

ダウンジャケットの温かさを左右するのが詰め物になります。何を使っているかによって温かさは全然違うので素材によって選ぶのが1つの選び方です。

軽さ重視の方は「ダウン」の割合が多いものがおすすめ

ダウンジャケットには水鳥の胸部の羽と羽軸のあるフェザーの2つに分かれますが、ダウンの割合が多いと軽くなります。軽ければそれだけ着やすく運びやすいですが、型崩れしやすいのがデメリットです。

 

一般的にダウンが多ければ多い程、軽く保温性が高くなるので値段が高くなりやすいです。

型崩れのしにくさなら「フェザー」が多いものがおすすめ

軸があるフェザーがジャケットの中に多いと弾力性があり、型崩れしにくいです。少々乱暴に扱ってもシルエットが崩れないので、長く着用したいと考えている方におすすめできます。また扱いやすいのもポイントです。

ベーシックなものならフェザーが「20~40%」がおすすめ

ダウンジャケットはダウンとフェザーを混合していますが、その割合の平均は20%~40%の割合でフェザー、残りがダウンです。この割合を基準にしてダウンが多くなるかフェザーが多くなるかで保温性や値段が変わります。

高品質なものなら「フィルパワー」700以上をチェック

羽毛に含まれる空気の層がどれくらいなのかを示すのがフィルパワーになります。ダウンジャケットは空気の層を作る事で冷気を通さず、熱を逃がさない造りになっているので保温性を求めるならこの値が高い物を選ぶのが良いです。

 

目安としては600以上で品質が良くなり、700以上は高品質と呼んで差し支えありません。もちろんその分、価格は高くなるので考慮しておいてください。

ダウンの種類で選ぶ

ダウンジャケットは素材によって大きく2種類に分けられます。品質とコストを考慮して自分にあったものを選択しましょう。

軽量でも暖かいダウンなら「グースダウン」がおすすめ

グースダウンは、ガチョウの羽毛を使用したダウンジャケットのことです。グースダウンは非常に軽量でありながらも暖かさがあり、かつ優れた弾力性も持っています。その特徴から、高級なダウンジャケットに広く利用されています。

安くて暖かいダウンなら「ダックダウン」がおすすめ

ダックダウンは、アヒルの羽毛を使用しています。アヒルの羽毛はサイズが小さいのでボリュームを出すために、多くの羽毛が必要になり、グースダウンよりも重くなります。しかしその分低価格なので、安くて暖かいダウンを購入したい方にはおすすめです。

用途によって選ぶ

ダウンジャケットをどこで使うのかによって選ぶのもおすすめです。寒くないなら保温性よりもファッション性を重視し、アウトドアなら機能性を重視するのがおすすめになります。

タウンユースで普段使いなら保温性より「ファッション性」重視がおすすめ

タウンユースで普段の通勤通学で使うならそこまで気温は低くなりません。少なくとも森林の中と比べればビル群の方が気温は高いです。従ってタウンユースで見るのであればファッション性を重視した方が使いやすくなっています。

アウトドアなら「防寒性と耐水性」を重視するのがおすすめ

アウトドアで森林の中に行くのであればとにかく気温が低くなります。また、キャンプなどでは天候が変わって雨が降るときも多いです。急な気温変化に耐えられるように、アウトドアシーンで使う物なら防寒性、防水性に長けたダウンジャケットがおすすめになります。

デザインで選ぶ

定番ファッションアイテムなので、デザインで選ぶのは重要視したいです。好きなデザインや素材、形などで選ぶと長く愛用できます。

ほかのアイテムにも合う「色・カラーリング」がおすすめ

ダウンジャケットは最も面積が多くなるアウターです。従って色やカラーリングによって印象がガラリと変わります。普段使っているほかのアイテムに合うような色やカラーリングを選ぶのがおすすめです。

同じ色でも印象を変えるなら「素材」を重視するのがおすすめ

ファッションの違いを付けるのに有効な素材の違いです。ダウンジャケットの多くはナイロンがメインでアウトドアアイテムの物が多いですが、タウンユースで高級感を与えたいならウール素材にするとグッと大人っぽいコーデができます。

耐久性重視なら「シームレス」がおすすめ

ダウンジャケットには通常、ステッチが入っています。これは見た目だけでなく中のダウンが固まらないようにするためのものです。ステッチが多いほど、生地に針を通しているため耐久性には注意が必要です。

 

ステッチは中のダウンを均等に保つ役割を果たしていますが、長く着用するとステッチの穴が広がり、中のダウンが飛び出す可能性があります。気になる場合は、ステッチのないシームレスなデザインのダウンジャケットがおすすめです。

性別で選ぶ

ダウンジャケットはメンズ、レディースと分かれています。シルエットやコーデの合わせやすさなどがあるので基本的には性別に合ったダウンジャケットを選ぶのがおすすめです。

「メンズ」は種類豊富で使い方の幅が広いものがおすすめ

メンズのダウンジャケットはシンプルコーデからカジュアル、トラッドなど幅広く使えます。使い方によって見せ方を変えられるので便利なアイテムです。ただし基本的にカジュアルアイテムなのは念頭に置いてコーデを組み立てるのをおすすめします。

「レディース」は大人っぽいコーデが好きな方におすすめ

メンズと比べてエレガントに着こなすダウンが多いのがレディースの特徴です。スポーティな着こなしが無い訳では無いですが、人気のベージュ・ネイビー、・ブラックを上手く使うとパンプス、タイツをキレイに見せるコーデができます。

ブランドで選ぶ

定番アイテムのため、ブランドからダウンジャケットは販売されています。ダウンジャケットがブランドアイコンのところもあるので、ブランドで選ぶのも1つの選び方です。

高級ダウンの代表なら「モンクレール」がおすすめ

ダウンジャケットといえば「モンクレール」を連想する方も多くいらっしゃいます。高級ダウンブランドの代名詞的存在で、質の良さとその質に見合った高額ダウンが特徴のブランドです。長く愛用したい方にもおすすめできます。

機能性抜群なカナダを代表するブランドなら「カナダグース」がおすすめ

1957年にカナダで生まれた老舗ブランドです。ダウンジャケットでは有名で耐久性・保温性・機動性が素晴らしく、カナダではよく知られています。北極探検隊などにも提供するほどでその結果を商品に活かした高品質が魅力です。

 

以下の記事では、カナダグースの人気おすすめをご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

ストリート系の服装が好きなら機能性が高い「ザ・ノース・フェイス」がおすすめ

アウトドアブランドとして日本でもよく知られるノースフェイスは、アウトドアで実用に耐えうる機能性の高さが魅力で耐水性、防寒性においては信頼がおけるブランドです。ストリート系のファッションが好きな方にもおすすめできます。

 

以下の記事では、ノースフェイスのダウン人気おすすめを紹介しています。

環境に優しい素材を使っているものなら「パタゴニア」がおすすめ

アメリカの有名アウトどらブランドであるパタゴニアは、ほかのブランドとは違いダウンジャケットのダウンにトレーサブルダウンのみを使い、環境問題に対して真摯にアプローチをしているブランドです。

 

以下の記事では、パタゴニアダウンの人気おすすめをご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

タウンユースで使いやすいものなら「モンベル」がおすすめ

モンベルは、実用性の高い日本ブランドになります。軽く、機能が豊富なダウンジャケットを発売しているのでタウンユースで使いやすいです。自然環境への取り組みも有名なブランドでもあります。

 

以下の記事では、モンベルのダウンジャケット人気おすすめをご紹介します。ぜひ合わせてご覧ください。

丁寧に作られた製品なら「ナンガ」がおすすめ

滋賀県に本拠を置くアウトドアブランドで登山用として耐えうる実用性重視のアウトドアブランドです。良質でありながら安全性にも配慮があり、縫製が丁寧な信頼のおける商品が多く揃っています。

成果で認められる上質なジャケットなら「タトラス」がおすすめ

タトラスのダウンジャケットは上質な素材を使って作られていて、その質は世界中で認められています。ポーランドのホワイトグースダウンを使用しており、温かさと軽さを両立したダウンジャケットです。

洗練されたデザインが特徴の商品なら「デュベティカ」がおすすめ

イタリア・ヴェネチアで生まれた新しいアウトドアブランドです。イタリアらしい洗練されたデザインが魅力で、どんなコーデもスッキリと見せられます。おしゃれが好きな方にぴったりの商品です。

スポーツシーンで活躍しているブランドなら「デサント」がおすすめ

野球用品などでも有名な「デサント」のダウンジャケットは、さまざまな機能性に優れています。雨が降っても雪が降っても水が染み込まず、さらに通気性にも優れたダウンジャケットを販売しています。

フランスの人気老舗ブランドなら「ダントン」がおすすめ

ダントンは、フランスの老舗ブランドです。実用性はもちろんですが、タウンユースとして使いやすいデザインが誰にでもおすすめできるブランドになります。フランスではよく知られているブランドなので、使い勝手は抜群です。

カラーリングが豊かなブランドなら「ショット」がおすすめ

ライダーズジャケットで有名なブランドのショットは、ミュージシャンが愛用しているブランドとしても良く知られています。カラーラインナップが豊富なダウンジャケットを発売しているので、自分好みの商品が見つけられるのが魅力です。

保温力抜群のダウンなら「ピレネックス」がおすすめ

厳しい大自然の寒さにも耐えられるように、実用性を重視して作られたダウンジャケットを販売しているブランドです。発売しているインナーダウンはショート丈のコートの下に入れられ、非常に大きな空気の層で保温力を高めてくれます。

ラグジュアリー感を感じさせる商品なら「ヘルノ」がおすすめ

イタリア生まれのブランドで全体的に気品を感じさせるラグジュアリー感のあるブランドです。カジュアルアイテムであるダウンジャケットもスッキリしたデザインにする事で高級感を感じさせるアイテムへと仕上げています。

カジュアルと大人っぽさを兼ね備える商品なら「ウールリッチ」がおすすめ

ブランド名の通りウール素材がアイコンアイテムとなっているのがウールリッチです。ミドル丈のダウンジャケットがカジュアルさと大人っぽさの両方をバランスよく演出してくれているので、使いやすいアイテムとなっています。

寒さ対策なら「サイズ感」がぴったりのものをチェック

どんなダウンジャケットを選ぶにしても大事にしてほしいのがサイズ感です。サイズ感を間違えてしまうと洋服に切られてしまうときがあるので、自分のサイズに合ったダウンジャケットを選ぶようにしてください。

コスパ最強ダウンジャケットなら「安い」ものをチェック

ダウンジャケットはヘビーアウターなので高額な物が多いですが、安く済ませたい方もいらっしゃいます。そこまで高くない物でもある程度の暖を取れるものが最近は多いです。コスパ最強ダウンジャケットをぜひチェックしてみてください。

メンズダウンジャケットの人気おすすめ4選

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

ダウン ジャケット バルトロライトジャケット

高い保温性と高機能な防寒メンズジャケット

特殊セラミックスの遠赤外線による高い保温効果を備えた光電子ダウンを使用しています。30デニールのGORE-TEX INFINIUM PRODUCTSの2層構造を採用した表地は防風性と耐水性があり、雪や雨に強い設計です。中わた入りの内襟やダブルフラップがコールドスポットを軽減します。

基本情報
素材 ナイロン
備考 撥水仕様

口コミを紹介

暖かく買って良かったですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

Honour Fashion

ダウンジャケット

シルエットがキレイなメンズにぴったりのダウンジャケット

シンプルデザインのダウンジャケットでスッキリとしたシルエットを可能にしてくれます。ダウン95%なので、軽く扱いやすく温かいジャケットです。アウトドアなどにもおすすめできる商品になっています。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 撥水性あり

口コミを紹介

薄い感じですが、わりと暖かいですサイズはXLでピッタリでした170㎝80㎏です。

出典:https://www.amazon.co.jp

APTRO(アプトロ)

ボリュームネックダウンコート

シックな装いに似合う防寒性の高いジャケット

ポリエステルを主体としたダウンジャケットでナイロンのようにテカテカした質感ではないのでシックな装いに良く合わせられます。フィルパワーもかなり高いので空気の層が温かさを作ってくれる商品です。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 フィルパワー650

口コミを紹介

サイズ表示より小さく、自分にピッタリであった。価格の割にも良い品だ。

出典:https://www.amazon.co.jp

APTRO(アプトロ)

ダウンコート

裏地まで暖かい!アウトドアに行く方におすすめ

普通のダウンジャケットと違うのは裏地がボアになっている点です。外側を空気の層による温かさで寒さを防ぐだけでなく、内側もボアになっているので非常に防寒性が高くなっています。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 裏起毛

口コミを紹介

デザインはいい感じです。サイズ感は大きかったかなと思います。183センチ85キロで2XLを注文しましたが、大きめで袖が長く、手がすっぽり隠れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズダウンジャケットのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 備考
アイテムID:14559973の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高い保温性と高機能な防寒メンズジャケット

ナイロン

撥水仕様

アイテムID:14559976の画像

Amazon

ヤフー

シルエットがキレイなメンズにぴったりのダウンジャケット

ポリエステル

撥水性あり

アイテムID:14559979の画像

Amazon

ヤフー

シックな装いに似合う防寒性の高いジャケット

ポリエステル

フィルパワー650

アイテムID:14559982の画像

Amazon

ヤフー

裏地まで暖かい!アウトドアに行く方におすすめ

ポリエステル

裏起毛

レディースダウンジャケットの人気おすすめ4選

Orolay

レディース ダウンコート

可愛く暖かく、洗練されたデザインのレディースダウンコート

立襟とフードで風を遮り、伸縮性のあるフードと手袋付き袖口が快適です。胸部と斜めに配置されたファスナーポケットが便利で、暖かさと機能性を備えた防風防寒ジャケットです。見た目もシンプルで美しく上品で高級感があり、スリムな印象を与えてくれます。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 細身シルエット

口コミを紹介

以前この会社から2XLが妥当と思いカーキー色のジャケットを買いましたが割りとブカブカで今回は青のジャケットが欲しくてXLにしてみたらちょうど良かったです。
全体的に気に入りました

出典:https://www.amazon.co.jp

netease gensen

ダウンジャケット

高いクオリティーが魅力のブランド!柔らかい着心地でシンプルデザイン

シンプルなライトダウンジャケットです。シンプルが故にどんなファッションにも合わせやすく、ライトダウンなのでシルエットが崩れません。裏地をナイロンにしているので着心地が優しいのも特徴です。

基本情報
素材 ナイロン
備考 ミディアム丈

口コミを紹介

生地もお値段のわりにしっかりしていて、かなり暖かいです。
良い買い物させていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Hapyy

ダウンコート

キルティングデザインの珍しいレディース用のダウンジャケット

キルティング加工のような編み目の珍しいデザインのダウンジャケットです。スカートでもパンツでも合わせやすく、きれいめコーデに合わせやすいデザインです。1着あると便利ダウンジャケットになります。

基本情報
素材 綿、ポリエステル
備考 キルティング加工

口コミを紹介

オシャレで程良い丈のダウンジャケットを探しており、イメージにピッタリでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ZUOMA

軽量ダウンコート

ラグジュアリー感を感じさせる色のコスパ抜群のコート

パッと見でもラグジュアリー感を感じさせるデザインですが、コスパは抜群になっています。また、裏地はボアになっているので保温力も高いです。タウンユースで使いやすいので一着持っていると重宝します。

基本情報
素材 ポリエステル
備考 サイズS~3XL

口コミを紹介

とにかく暖かい!サイズはいつもよりワンサイズ大きめがいい。今はピタリと着れてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースダウンジャケットのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 備考
アイテムID:14559987の画像

Amazon

楽天

ヤフー

可愛く暖かく、洗練されたデザインのレディースダウンコート

ポリエステル

細身シルエット

アイテムID:14559990の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高いクオリティーが魅力のブランド!柔らかい着心地でシンプルデザイン

ナイロン

ミディアム丈

アイテムID:14559993の画像

Amazon

キルティングデザインの珍しいレディース用のダウンジャケット

綿、ポリエステル

キルティング加工

アイテムID:14559996の画像

Amazon

ラグジュアリー感を感じさせる色のコスパ抜群のコート

ポリエステル

サイズS~3XL

コスパが良く安いダウンジャケットの人気おすすめ3選

GRADE

極暖ダウン

高級ポリエステル使用の安くて暖かいダウン

極暖ダウンジャケットは、軽くて暖かく、中綿に高級ポリエステルを使用しています。特殊な加工により中綿の出にくい構造で、風を通さない細部設計が寒さを極限まで防ぎます。コスパが非常によく、手軽に購入できるのも魅力です。

基本情報
素材 95% ポリエステル, 5% ダウン
備考 日本人の体型にフィット

口コミを紹介

とても暖かくて満足しています!
178cmでXLを買ったのですが少し大きいのでLでも良かったかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

CEEN

ダウンジャケット

ハイネックが風を通さない!実用性の高いデザインが魅力

アクティブイメージの強いダウンジャケットの中でも、さらにアクティブなデザインです。実用性が高く、ハイネックにしているので首元からも風が吹き込みません。カラーも大人っぽいグレーなので、多くの方におすすめできます。

基本情報
素材 ポリエステル、ポリウレタン
備考 ハイネック加工

口コミを紹介

値段程の温かさであればと思っていたが、すごく温かい。サイズは思ったサイズ(通常のサイズ)よりワンサイズ上げるのがいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

wangyi gensen

wangyi gensen ダウンジャケット

高コスパダウンジャケット!インナーダウンとしても使えて持ち運びも楽

シルエットがキレイなダウンジャケットでかさばりにくいデザインになっています。インナーダウンとして使いやすく、また折りたたんで持ち運びしやすいようにできているので使い勝手は抜群です。

基本情報
素材 ナイロン
備考 ホワイトダックダウン

口コミを紹介

かるくて良い

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパが良く安いダウンジャケットのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 備考
アイテムID:14560001の画像

Amazon

ヤフー

高級ポリエステル使用の安くて暖かいダウン

95% ポリエステル, 5% ダウン

日本人の体型にフィット

アイテムID:14560004の画像

Amazon

ヤフー

ハイネックが風を通さない!実用性の高いデザインが魅力

ポリエステル、ポリウレタン

ハイネック加工

アイテムID:14560007の画像

Amazon

ヤフー

高コスパダウンジャケット!インナーダウンとしても使えて持ち運びも楽

ナイロン

ホワイトダックダウン

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

長持ちさせるお手入れ方法は?

ダウンジャケットは羽毛を使っている関係上、気軽に選択できません。汚れてきてキレイにしたいと思った場合に最も良いのがクリーニングです。大体2000円~3000円で依頼できるので、心配ならクリーニングに任せてください。

 

日頃からダウンジャケットの着用後は、ブラシで汚れを落とし、目に見えて汚れている場合はタオルなどでふきとるようにするとクリーニングの頻度も減らせるし、いつもきれいに保てます。

適切な保管方法は?

洗濯の後などに脱水したら直射日光を避け、ハンガーにかけて陰干ししましょう。乾いたら軽く叩くと中のダマがほぐれ、再びフワフワになります。完全に乾いたら通気性の良い場所でハンガーにかけ、虫や湿気から守るために防虫剤や乾燥剤を使用しましょう。

ダウンジャケットの寿命は?

ダウンジャケットの寿命は種類により異なり、一般的には約3年から4年で劣化を感じることがあります。もちろん、ボロボロになっても愛用し続けるケースもあり、一概に何年着れると言い切ることは難しいです。

ダウンジャケットを使ったコーデの紹介

ダウンジャケットを使ったコーディネートをいくつか紹介します。迷ったときの参考にしてください。

ベーシックなアクティブコーデ

最もベーシックなのがカジュアルなアクティブコーデです。スニーカーやデニムなどの定番の誰もが持っているアイテムと相性が良いので万人におすすめできるコーデになります。特に考える必要もない楽さがありがたいです。

ネイビーでまとめる

ダウンジャケットはネイビーが定番色の1つされていますが、敢えてそのネイビーでまとめるのもおすすめです。デニムやスニーカーと合わせやすいのが特徴ですが、全てをネイビーにしてしまうと野暮ったくなるのでどこかに差し色を混ぜてください。

ノーカラーダウンでシルエットをキープ

タウンユースでおすすめなのが、ノーカラーダウンの薄手のダウンジャケットを使ったコーデになります。シルエットが崩れにくいのでバランスが取りやすいのが特徴です。メンズもレディースも合わせやすいタイプになります。

革靴使用の大人コーデ

カジュアルアイテムであるダウンジャケットを、ドレスアップするのに使いやすいのが革靴です。カジュアルダウンとドレスアップのバランスをよくできるので、大人っぽいコーデを演出できます。

 

カジュアルダウンをメインにするのか、ドレスアップをメインにするのかは人によって違うのでいつも着ているコーデ次第になります。

スーツにも合わせられる

物によってはスーツにも合わせるられるダウンジャケットですが、何でもいい訳では無くスーツを引き立たせるようなダウンジャケットがおすすめです。シルエットがキレイに見えるスッキリしたものを選ぶとキレイに見えるのでチェックしてください。

定番のアメカジは相性がいい

ネルシャツ・デニム・スニーカーといった定番のアメカジは、ダウンジャケットと相性が抜群です。インナーとなるネルシャツは派手なデザインが多いので、チラ見せ程度にしてダウンジャケットは敢えてシンプルな物を選ぶのがおすすめになります。

迷ったら芸能人愛用もアリ

コーデとかイマイチわからない方は、芸能人が愛用しているコーデをそのまま使うのもひとつの手です。特にファッション誌に出ているような方のコーデを真似ると、自然とコーデの感覚も磨かれるのでおすすめになります。

まとめ

ダウンジャケットの選び方とおすすめのダウンジャケットをご紹介しました。冬の定番だからこそ種類が多いので、今回の記事の選び方を参考にして自分のお気に入りの1着を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年12月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事