犬用速乾ドライヤーのおすすめ10選【ペット用ドライヤーを厳選!】

犬用・ペット用ドライヤーを使って、ドライ時間を今の半分~3分の1に短縮しましょう。ペット専用ドライヤーの中には、ワンちゃんがドライヤーを嫌がらないように静音性や風の温度にも考慮されたものが多くあります。今回は特に人気のペット専用ドライヤーをご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

【速乾&しっかりしたケアに】ワンちゃん専用のドライヤーがおすすめ

ワンちゃんを含むペットと一緒に暮らしている皆さん、シャンプー後のドライヤーに時間がかかり過ぎていませんか?「シャンプー後のワンちゃんの体をしっかりと乾かしたい」そんな方には犬用ドライヤー・ペット用ドライヤーがおすすめです。

 

犬用・ペット用ドライヤーを使うと、人間用のドライヤーを使ってワンちゃんの毛を乾かした時に比べて、ドライ時間が半分から3分の1にまで短縮されます。速乾性の高いドライヤーだと、小型犬なら約10分中型犬・大型犬なら約20~30分ほどでドライが完了します。

 

 

今回は、犬用ドライヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介します。速乾性だけでなく、ワンちゃんがドライヤーを嫌がらないように静音性風の温度も考慮して選出しました。正しいドライヤーの使い方も紹介しているので、大切なペットのためにぜひ最後までご覧くださいね。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

メガブロー

メガブロー

日本製でプロからも圧倒的な支持のメガブロー

強力な送風でご家庭用としてはもちろん、プロのトリマーからも圧倒的な支持を得ている日本製のメガブローです。弱風~強風に無段階調節できるほか、音風と冷風を切り替えられるので、オールシーズン快適に毛を乾かせます。

基本情報
種別 ブロアー
タイプ 据え置き
モード 風量無段階調整
本体重量 5.6Kg
コードの長さ -
消費電力 1500W
サイズ -
適応サイズ 小・中・大
もっと見る

【選び方①】静音性の高いブロアータイプを選ぶのがおすすめ

犬用ドライヤーには一般的な「ドライヤー」と、より風量の多い「ブロアー」の2種類があります。とにかく早くワンちゃんの毛の水分を飛ばしたい人にはブロアーがおすすめです。

 

しかし、ブロアーはドライヤーに比べてドライ時に出る音が大きくなります。よってブロアーを選ぶときは静音性の部分に着目すると良いでしょう。90db以下のものがおすすめです。

編集部の画像

編集部

ペット可のマンション・アパートなどに住んでいてドライヤーの音がより気になるという方、怖がりのワンちゃんでドライヤーにおびえてしまうという方はブロアータイプよりもドライヤータイプの方が良いかもしれません。ドライヤータイプでも、人間用よりも十分すばやく乾かしてくれますよ。

【選び方②】置き型でホース・ノズルが付いているものがおすすめ

特に中型・大型のワンちゃんの毛を乾かすときは置き型のものがおすすめです。ワンちゃんを乾かすときにドライヤーをずっと手に持っていると疲れてしまいますし、置き型だとよく動くワンちゃんの身体を両手を使って抑えてあげることが出来るからです。

 

スタンドだけだとおなかや内腿などの乾かしにくい部分に風が届かないので、ホース・ノズルが付いているものを選ぶとより◎です。

【選び方③】温度・風圧が調節できるものがおすすめ

温度調整

ワンちゃんを乾かすときに最適な温風温度は約50℃~60℃。人間用のドライヤーは100℃~120℃まで高温になってしまうため、人間用のドライヤーはワンちゃんにとっては温度が高すぎることが多いです。より細かく温度調整ができるものを選びましょう。

風圧調整

風圧が高ければ高いほどドライ時ドライヤーから出る音が大きくなります。ワンちゃんを驚かせないように、最初は小さい風を当てて、少しずつ風を強くしていきましょう。そのために風圧調整が細かくできるものがおすすめです。

ブロアータイプの人気おすすめ5選

※★の数はAmazonの値です。

メガブロー

メガブロー

機能性抜群!日本製でプロからも圧倒的な支持のメガブロー

強力な送風でご家庭用としてはもちろん、プロのトリマーからも圧倒的な支持を得ている日本製のメガブローです。Quickスタート機能でだんだんと弱風から強風になるためワンちゃんが急な強風で驚くこともありません。また温風と冷風を切り替えられるため、オールシーズン快適に毛を乾かすことができます。「静音性」「耐久性」にも優れています。これを買っておけば間違いなし!と言える優秀なワンちゃん・ペット専用ドライヤーです。

基本情報
種別 ブロアー
タイプ 据え置き
モード 風量無段階調整(Quickスタート機能)
本体重量 5.6Kg
コードの長さ -
消費電力 1500W
サイズ -
適応サイズ 小・中・大
もっと見る

13キロの秋田犬の子犬ですが、30分もかからず根本から乾きます。
風の力で毛をかきわけて、水分を飛ばす感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

DogOne

クイックドライ

小型犬から大型犬まで使える業務用ブロアー

中型犬・大型犬におすすめの業務用ドライヤー。風量を最小にすれば小型犬でも使用できます。超強風なので、毛が長い犬種やレトリバーなどの大型犬でもしっかりと乾かせます。音に敏感な犬の場合は本体を部屋の外に出して使うこのもおすすめです。

基本情報
種別 ブロアー
タイプ ハンディタイプ
モード 25m/s~50m/s無段階調整
本体重量 3.5kg
コードの長さ 260cm
消費電力 1400/1450W
サイズ 19×17×37cm
適応サイズ -
もっと見る

ロングコートチワワの多頭飼育をしてます。人間用のドライヤーだと熱く、なかなか乾かない為購入したところビックリする位早く乾きました!適温で気持ち良いのか直ぐに慣れておとなしく乾かせてくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Urtzcoye

ペットブロワ

静音性が口コミでも高評価!30~55度の温度調節も可能

Urtzcoyeは、プロの犬美容ドライヤーで、ペットと共に過ごす彩り豊かな生活を創りたいという気持ちから始まったブランドです。30~55℃までの温度調節が可能で、ワンちゃんの様子や季節に合わせて温度を調節することができます。4種類のノズルでモデリング(梳毛)もでき、毛がふわふわになります。口コミでも音が静かだと評判が良いため、静音性重視の方にもおすすめです。

基本情報
種別 ブロワー
モード 30‐55℃の温度調節機能
本体重量
コードの長さ
消費電力 700-1500W
サイズ 17×37.5×13 cm
適応サイズ 小・中・大
騒音 70~80dB
もっと見る

今まで人間用のドライヤーでシャンプー後の愛犬を乾かしていましたが、高温、中温、冷風の3段階で、高温、中温は風が熱く、当て続けることが出来なくて温風と冷風を交互に切り替えながら乾かしていました。
このドライヤーは温熱ボタンをONにして風量は最小で、やけどしない程度の暖かさの風が、人間用のドライヤーの風量の3倍、4倍の迫力で出続けます。
渇くまでの時間が圧倒的に短くなりました。
他の商品で2400Wまでのものが有り、こちらの1500Wでは非力かと迷いましたが、風量最小で良いので1500Wで全く問題ありませんでした。
買うまでに迷ったのですが、もっと早く買えばよかったと思っています

出典:https://www.amazon.co.jp

メトロ電気工業

メトロエアフォースドライヤー

熱を使用せず乾かせる高品質な商品

熱を使用せずにハイボリュームのエアーを放出するドライヤーです。肌や毛を痛めずに乾かせるため、プロの方でも愛用しています。また、風速自体も2段階切り替えができるので、ペットによってさまざまな対応が可能です。

 

また、ホース先端に着けられるパーツも3種類揃っており、用途や乾かしたい場所に適した風を送れます。

基本情報
種別 ブロアー
タイプ
モード CFM/FPM 2段切り替え
本体重量 4.5kg
コードの長さ 192cm
消費電力 1350W
サイズ 17×30×19cm
適応サイズ
もっと見る

家で5匹犬がいるからシャンプー後、エアドライヤーで乾かすほうが時間短縮になるし、あるととても便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

shernbao

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 ポータブルバスタブ部門 7位

(2024/04/01調べ)

高速プロフェッショナル グルーミングヘアーブロワー

早く乾き毛がふわふわになる!コスパが良くて大型犬におすすめ

小型犬なら約10分、中型犬・大型犬なら約20~30分で乾く速乾ブロアーです。音も60db以下と風量に対して静音性が高いのが魅力です。使うと毛がふわふわになったという口コミも多いです。

 

しかし、温度・風圧が調整できないのが難点です。温度38度と少し低めで、寒さに強いワンちゃん向けの温度となっています。風圧は2段階調整であるため、怖がりではないワンちゃんや大型犬向きのブロアーです。

基本情報
種別 ブロアー
タイプ
モード 二段階温度調整
本体重量 4.7kg
コードの長さ
消費電力 1500W
サイズ
適応サイズ 中・大
温度 38℃
騒音 45~62dB
もっと見る

初めて犬用ドライヤーを購入しました 乾きの速さ、キレイさにビックリです 熱くなりすぎないのもいいです

出典:https://www.amazon.co.jp

ドライヤータイプのおすすめ商品もご紹介

三ッ谷電機

PSM-1100

マイナスイオンを発生させるヘアケアにおすすめのドライヤー

大きなサイズの置き型ドライヤーで、中型犬にも使えるような大きさです。更にこのドライヤーは「60℃」の温めの温風で、しかもペットドライヤーでは珍しい「マイナスイオン」を発生させ、ヘアケアに特化しています。

 

「ペットの皮膚や毛に優しい温風」&「ペットに優しい静音設計」になっている上、ペットの毛にうるおいを与えて防臭効果も期待できます。ただし、使用する際は連続使用は、15分程度を目安にしてください。

基本情報
種別 ドライヤー
タイプ 置き型
モード 冷風/温風低/温風高
本体重量 2.8kg
コードの長さ 180cm
消費電力 1100W
サイズ 約230×400×高440~565mm
適応サイズ -
もっと見る

私1人でやってみようと、チャレンジした所暴れることなく膝の上でじっとして乾かすことが出来ました。
横にも上にも動かすことが出来て使いやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーエフティー

Alizee ハンズフリー ドライヤー

口コミでも人気の静音性が高いハンズフリードライヤー

両手が使えるため、しっかりとペットに風を当てられるハンズフリードライヤーです。タッチパネル式のボタンで操作も簡単。高さ・方向・温度・風量も変更可能で、風量は3段階・温度は4段階まで調節できます。

 

テーブルや床に置いて使用できるスタンドと、壁掛けで使用できるスタンドも付属しています。静音性が高いので、ドライヤーの大きな音を怖がりやすいワンちゃんにもおすすめです。

基本情報
種別 ドライヤー
タイプ 置き型(壁掛け可能)
モード 風量3段階・温度4段階調整
本体重量 1.2kg
コードの長さ 約1.8m
消費電力 900W
サイズ 【本体のみ】幅18×奥6.2×高18cm 【スタンド含む】幅24×奥16×高18.6cm
適応サイズ -
もっと見る

見た目も高級感あり、タッチパネルで操作が簡単。濡れた犬を抱っこしててもラクラクスウィッチオンです^^そして、音が静かで両手が使えるので、あれだけ大暴れしてた犬達も、このドライヤーに変えた時からドライヤー時寝るようになりました笑 びっくりです。笑

出典:https://www.amazon.co.jp

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

正しいドライヤーの使い方

正しいシャンプーの使い方を確認しておきましょう。シャンプー後はタオルで余分な水分をふき取るのが大切です。吸水性のいいタオルを使い、余分な水分が残っているようなら、綿棒や脱脂綿などを使って軽く拭き取ってあげましょう。


仕上げはブラシを使いながらドライヤーの風をあてて乾かします。このとき、ブラシは毛並みに沿ってかけるのではなく、逆方向から、つまり毛並みに逆らうように毛を立てるような感じで、被毛の間や地肌に風があたるように乾かしていきます。


特に長毛種で、かつアンダーコートの分厚いタイプの犬は乾きにくいので、内側までしっかり乾いているか確認しながらドライヤーをかけてください。

シャンプーのやりすぎには注意しよう

あまり頻繁に洗い過ぎると皮膚の脂分が不足し、かえって被毛や皮膚にダメージを与えてしまう場合があるので、適度な回数を心がけたいものです。室内飼いか外飼いか・汚れ具合・被毛のタイプなどによって洗うタイミングは異なります。

 

一概に何回がいいとは言い切れませんが、概ね1ヶ月に1回程度で問題ないとされています。ちなみに犬の場合、皮膚のターンオーバーは健康状態が良好な犬でだいたい20日~25日程度のサイクルになっています。

 

皮膚にトラブルを抱えた犬では5日~10日程度のサイクルとされます。それを目安にしてシャンプーをするのも1つの方法です。また下記では、犬シャンプーの人気おすすめ15選を紹介しています。併せて参考にしてください。

人間用ドライヤーはペットにも使える?

人間用ドライヤーはペットにも使えるか、気になっている方も多いと思います。結論からいうと、ペットには向いていません。ペット用ドライヤーは60℃程度と低温で、抜け毛が入り込まない構造です。

 

人間用のドライヤーは犬にとっては高温なので、皮膚トラブルに繋がるおそれがあります。犬と人間の両方に使えるドライヤーが欲しい場合は、低めの温度で静音タイプを選ぶのがおすすめです。

人間用と犬のドライヤーの違いとは

自宅でシャンプーしたときなど、愛犬の毛並みを乾かすためのドライヤーですが、自分が使っているものは使えないかと疑問に思う方も多くいます。犬用に開発された犬のドライヤーと人間用のドライヤーの大きな違いは、温度設定と構造です

 

人間用のドライヤーは犬にとっては熱すぎる温度設定の場合があります。80℃程度の人間用ドライヤーを使っていると、皮膚のトラブルを起こしてしまう場合もあり危険です。犬用のドライヤーは60℃くらいの低温の風がいいといわれています。

 

また、人間用のドライヤーは乾かした際の抜け毛が内部に入り込んでしまいますが、犬用のドライヤーは毛が入らないよう工夫が施されているのが特徴です。以下の記事では、人間用のドライヤーについてご紹介しています。併せてご覧ください。

ペット用ドライヤーは布団乾燥機で代用できる?

結論からいうと、布団乾燥機はペット用ドライヤーとして代用できます。しかし布団乾燥機の方がパワーが弱いので、犬の毛の量によってはなかなか乾きづらい場合もあるため、あまりにも時間がかかるようなら犬用ドライヤーを買うのがベターです。

まとめ

今回は、犬用ドライヤーの選び方やおすすめ商品をご紹介してきました。犬用ドライヤーは、シャンプー後のワンちゃんを楽に乾かすためには持っていたいアイテムです。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年12月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事