東京で糸リフトアップが受けられるクリニック人気おすすめ11選【2023年最新版】

記事ID36099のサムネイル画像
切らないでたるみを伸ばせる整形手術が「糸リフトアップ」で、東京都内でもたくさんのクリニックで受けられます。しかし、使用する糸の種類ごとにダウンタイム期間や持続期間が異なるので選ぶのが難しく感じます。今回は、東京で糸リフトアップが受けられるクリニックの選び方とおすすめをご紹介します。

たるみには糸リフトアップがおすすめ!

「ほうれい線のたるみがきになる」「顎や首周りの皮膚が下がってきた」などの悩みにはクリニックで受けられる「糸リフトアップ」がおすすめです。美容整形の中でもダウンタイムが短く手軽に受けられるので、検討する方が多い施術です。

 

しかし、都内にも糸リフトアップが受けられるクリニックが多くあり、費用や施術メニューで選び方が多岐に渡ります。いざ選ぼうとしても結局どこのクリニックが自分の悩みにあった施術をしてくれるのか悩んでしまいます

 

そこで、今回は、東京で糸リフトアップが受けられるクリニックの選び方とおすすめのクリニックをご紹介します。記事の最後には、糸リフトアップを受ける際に気をつけるべきポイントも解説しているので、ぜひご覧ください。

危ないって本当?糸リフトアップとは

初めに、糸リフトアップの特徴・施術の流れ・ダウンタイムなどの覚えておきたい基本情報をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

糸リフトアップの特徴

糸リフトアップとは、突起の付いた溶ける糸を皮膚の内側に挿入して、たるみを引き上てリフトアップして見せる施術を指します。施術時間も20分〜30分程度のクリニックが多く、ダウンタイムも目立ちにくいので手軽に受けやすい整形手術です。また、施術後すぐに違いを感じられるのも糸リフトアップの魅力です。

施術の流れ

糸リフトアップの施術までの流れは以下の通りです。

 

  1. カウンセリング
  2. 施術日の予約・支払い
  3. 施術
  4. アフターケア

 

糸リフトは日帰りが可能な施術で、施術後も通院をする必要がありません。また、施術日当日も起きたまま施術が受けられます。

持続期間について

糸リフトの持続期間は、使用する糸の種類によりますが1年〜2年程度です。糸は溶けていくため、1度の施術で完全にたるみを目立たなくする施術ではありません。加齢による肌のたるみは、繰り返し施術を受けて状態を維持する必要があります。

 

また、1〜2年で糸が溶けていくものの一定期間効果が続く糸もあるので、目的や状態に合わせてクリニックで相談するのがお勧めです。

ダウンタイム期間について

糸リフトのダウンタイムは1週間〜2週間程度です。ダウンタイム中の症状には腫れ・むくみ・内出血・引きつれ・肌の凸凹が起こる可能性があります。引きつれや肌の凸凹は1ヶ月程度で肌になじみ気にならなくなります。そのため、ダウンタイムが短くとも施術を検討する方は、休みを取れるようにスケジュール調整をしてください。

糸リフトアップのメリット・デメリット

ここでは、糸リフトアップのメリット・デメリットをご紹介します。糸リフトアップは手軽に受けられるメリットの多い施術ですが、もちろんデメリットも存在します。どちらもきちんと理解してから施術を検討するのが大切です。

糸リフトアップのメリット

糸リフトアップのメリットは以下の通りです。

 

  • 短時間で施術が終わる
  • 体への負担が少ない
  • リフトアップの施術の中でも比較的費用が抑えられる
  • ダウンタイムが短い
  • 施術翌日にメイクが可能
  • すぐに効果がわかる

糸リフトアップのデメリット

糸リフトアップのデメリットは以下の通りです。

 

  • 少なからずダウンタイム期間がある
  • 腫れ・むくみ・内出血などの症状が出る
  • 切開する場合は傷跡が残る
  • 持続期間が決まっている
  • 失敗するリスクがある

東京で糸リフトアップが受けられるクリニックの選び方

ここでは、東京でいとリフトが受けられるクリニックの選び方をご紹介します。糸の種類などクリニックごとに糸リフトの特徴が異なるため、こちらを参考にしながら上手にクリニックを選んでください。

糸の種類をチェックする

糸リフトアップに使用する糸には種類があり、それぞれ特徴が異なるので把握をした上で希望する糸を使用しているクリニックを選んでください。種類ごとに持続期間・突起の有無や形状・固定が必要かどうかが違い、リフトアップの具合などで選べます。

実績の多いクリニックがおすすめ

クリニックを選ぶ際は、担当医の実績やクリニックの症例件数をチェックするのがおすすめです。糸リフトは施術時間が短く、整形施術の中でも気軽に受けられるクリニックです。それでも施術にはリスクがつきもので、失敗をしないか不安になってしまいます。

 

公式サイトで実績や症例数を記載しているクリニックも多いので、ぜひ事前にチェックしてください。

費用をチェックする

糸リフトは、糸1本70,000円程度で施術が受けられます。しかし、1本で終了する場合はなく、本数を考慮して費用を計算しなければなりません。費用が安いからと糸リフトを選んでもたくさん糸を使用した場合は切るフェイスリフトの方が手頃な場合もあります。

 

事前のカウンセリングで糸をどのくらい使うかしっかりと確認してください。また、費用にはアフターケアや診察代も含まれます。できるだけ費用を抑えるならそれらが無料なクリニックがおすすめです。

アクセスのしやすさを確認する

クリニックを選ぶ上でアクセスのしやすさも大切なポイントです。糸リフトは、継続して検診に通う必要のない施術ですが、繰り返し施術を受ける方は通いやすいクリニックを選んでください。また、万が一トラブルが生じた際もアクセスがしやすい方が直ぐに相談できます。

 

公共交通機関を利用する場合は、最寄駅から徒歩の時間を調べたり、仕事で忙しい方は夜遅くまで診療したりしているクリニックがおすすめです。

カウンセリングの丁寧さを確認する

糸リフトアップを受ける際は、カウンセリングが丁寧なクリニックを選んでください。耳の形が変形した・十分に効果が出なかった・ダウンタイム後もひきつれが治らないなど失敗のリスクがある施術です。

 

施術の内容やリスクを十分に説明してくれるクリニックを選択し、きちんと理解をして施術を受けてください。無料でカウンセリングをおこなっているクリニックもあるので、ぜひチェックしてください。

サポートの整ったクリニックがおすすめ

糸リフトに関わらず、整形手術を受ける場合はサポート体制の整ったクリニックを選ぶのがおすすめです。施術後に糸が切れてしまったり、トラブルが発生してしまったりした場合、アフターフォローのあるクリニックなら早急に診察が受けられます。

 

アフタフォローがなく他のクリニックに診察を依頼した場合、診察費や再施術の費用など余計な出費をしてしまいます。事前にクリニックの公式サイトを調べて内容を調べてください。

クリニックの雰囲気は口コミを確認

スタッフの対応やクリニック内の雰囲気を知りたい場合は口コミを確認するのがおすすめです。実際にクリニックを利用した経験がある方の口コミなら、公式サイトをチェックするよりもリアルな声を知れます。

 

しかし、口コミはあくまでも参考程度にとどめるのがポイントです。最終的な判断は、無料カウンセリングなどを利用して自分の目で確かめるのがおすすめです。

東京で糸リフトアップが受けられるクリニック人気おすすめ11選

3種類の糸リフトアップから選べる

「東京中央美容外科」は手軽に受けられるLUPINUSスレッド・持続期間が1〜2年のクリアファインリフト・溶ける糸と溶けない糸を選択できるTCB式小顔美肌再生の3種類から希望に応じて選べます。それぞれ持続期間や施術時間が異なるので、ぜひ公式サイトをチェックしてください。

 

サポート体制も充実していて、万が一トラブルが発生した場合は、無料で修正・回復・アフターケアをおこなってくれます。豊富な施術から選びたい人やサポート体制が整っているクリニックを探している人におすすめです。

料金 13,800円(税込)(LUPINUSスレッド1本) 施術の名前 LUPINUSスレッド・クリアファインスレッド・TCB式小顔美肌再生
東京の医院数 17 アフターフォロー

※自由診療のため保険適用外です

ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

経験豊かな名医に施術をしてもらうならここ

「東京美容外科」は美容外科医師として10年の経験がある人・形成外科学会から認定を受けた人・東京美容外科で3年以上の経験がある人が、メスを握るのを許可されています。経験豊富な医師に施術をしてもらいたい方におすすめのクリニックです。

 

また、糸リフトアップはカウンセリング当日に施術を受けられます。すぐに施術を受けたい方は、ぜひ公式サイトをチェックしてください。「糸リフト入れ放題プラン」があるため、定期的に施術をしたい方にもおすすめです。

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 110,000円(初回2本) 施術の名前 オルチャンリフト
東京の医院数 3 アフターフォロー

30年の歴史がある美容外科

「共立美容外科」は1980年に開業した歴史のあるクリニックです。経験が豊富なクリニックで糸リフトをしたい方におすすめです。カウンセリングや電話・メールの相談は全て無料でおこなっています。

 

また、カウンセリングは医師がおこなうので施術の内容をしっかりと聞きたい方にもぴったりです。公式サイトでは、糸リフトの症例や手順について細かく記載されているので、ぜひご覧ください。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 38,500円(税込)/1本(バーブツーアンカー) 施術の名前 スレッドリフト
東京の医院数 6 アフターフォロー

アフターケア・アフターフォローが充実

「聖心美容クリニック」は、東京都港区六本木にあるクリニックです。アフターケアやアフターフォローが充実していて、術後の定期検診(施術の種類によって異なる)や施術毎に保障制度を設けています。

 

丁寧なカウンセリングを心がけているクリニックで、サポートが充実したところを探している方におすすめのクリニックです。糸リフトアップの種類も豊富で、スプリングリフトやアンカーリフトなどさまざまな施術から選べます。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 242,000円(税込)(両頬4本) 施術の名前 テスリフト
東京の医院数 1 アフターフォロー

特殊な形状の溶ける糸を使用

「ガーデンクリニック」は品川・新宿・池袋にクリニックがあります。糸リフトで使用するのは突起の周りにメッシュがついている溶けるタイプの糸です。8〜12ヶ月ほどかけて溶けていき、施術当日からメイク・入浴・洗顔ができます。

 

施術時間は個人差もありますが20〜30分程度です。切開や抜糸も必要ないため、できるだけダウンタイムを抑えた施術が受けたい方におすすめのクリニックです。また、年中無休で相談窓口が開いているので不安な点があればすぐに電話できます。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 66,000円(税込)(テスリフト1本) 施術の名前 テスリフト
東京の医院数 3 アフターフォロー -

溶ける糸を使う「美肌アモーレ」

「品川美容外科」は溶ける糸を使う美肌アモーレと呼ばれる糸リフトアップが受けられます。2012年〜2020年4月時点で症例数が21.3万件を突破する人気の施術で、施術後すぐにメイクができるのも魅力的です。

 

全ての医院が完全予約制で無料カウンセリングをおこなっています。呼び出しは全てプライバシイーに配慮して番号制で、クリニックの中には待合室が個室の場所もあります。症例数が多く人気度の高い糸リフトアップを受けたい方は、ぜひ公式サイトをチェックしてください。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 税込99,000円(美肌アモーレスタンダード4本) 施術の名前 -
東京の医院数 12 アフターフォロー

プライバシーにこだわる方におすすめ

「TAクリニック」は、新宿と銀座にあり、プライバシーに徹底的に配慮しているクリニックです。できるだけ他の患者と顔を合わせないようにしてあったり、施術は全て完全個室で行ったりしています。プライバシーが守られるクリニックを探している方におすすめです。

 

また、カウンセリングは無料で専門のカウンセラーがおこないます。糸リフトアップだけでなく切開リフトアップもおこなっているのでカウンセリングをしてから決めたい方にもぴったりです。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 86,900円(税込)(20本) 施術の名前 TAC式 艶肌コラーゲンリフト
東京の医院数 2 アフターフォロー

全国・海外に110医院ある大手のクリニック

「SBC 湘南美容クリニック」は全国・海外に110医院(2021年10月15日現在)で東京都内だけでも30以上の医院を展開してます。糸リフトは4種類の施術から選べ、なかでも「シークレットリフト」は自然な仕上がりや引きつれを感じたくない方におすすめです。

 

東京都内にあるクリニックのほとんどが毎日営業しているため、忙しい方でも通いやすいクリニックです。また、オンラインによる無料相談をおこなっているので、交通費をかけたくない方や予約せずにいつでも相談したい方にもぴったりです。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 14,300円(1本) 施術の名前 SBCプリマリフト・シークレットリフト・テスリフト・ボブリフト
東京の医院数 37 アフターフォロー

2種類の糸リフトアップが受けられる

「渋谷美容外科クリニック」は渋谷・新宿・池袋・新橋の4医院があるクリニックです。コグリフトとスプリングリフトの2種類の糸リフトから選択できます。コグリフトは1本あたりの費用が手頃で、スプリングリフトは顔中央や下部をリフトアップしたい方におすすめです。

 

都内の渋谷美容外科クリニックはどこも土日祝日も営業しているため、仕事で平日が忙しい方でも気軽に通えます。また、どのクリニックも最寄駅から徒歩1分とアクセスがしやすいのも魅力的です。

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 24,750円(税込)(コグリフト1本) 施術の名前 コグリフト・スプリングリフト
東京の医院数 5 アフターフォロー -

1本から施術可能

「光伸メディカルクリニック」は「N-COG」を使用した1本から施術が可能な糸リフトをおこなっています。注射器を使用した糸の挿入で、施術時間は10分〜30分程度です。カウンセリングでは、希望を丁寧にヒアリングしてくれるだけでなく、アフターケアに関してもしっかりと説明があります。

 

また、併用可能な施術には脂肪溶解注射やヒアルロン酸注入があるため、目的に応じてぜひチェックしてください。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 22,000円/1本(税込) 施術の名前 N-COG
東京の医院数 1 アフターフォロー -

30年以上の経験と実績

「城本クリニック」は30年を超える経験と実績のあるクリニックです。カウンセリングで丁寧に要望を聞いてもらえる点も人気で、経験豊富な医師に糸リフトの施術をしてもらいたい方におすすめのクリニックです。

 

糸リフトは種類が豊富で、希望や状態に合わせて選びやすいのも特徴的です。また、電話相談やカウンセリングは24時間受付で無料でおこなっています。新宿・池袋・立川にクリニックがあり、全てのクリニックが最寄駅から徒歩5分圏内にあるのも魅力的です。

 

 

※自由診療のため保険適用外です

料金 - 施術の名前 -
東京の医院数 3 アフターフォロー

施術前後に気をつけるべきポイント

ここでは、糸リフトアップ施術前後に気をつけるべきポイントを3つ解説します。場合によっては腫れが生じたりダウンタイムが伸びてしまう原因なので、ぜひ参考にして気をつけてください。

施術前日は飲酒を避ける

施術前日や当日はできるだけ飲酒を避けてください。当日に顔がむくんでしまい糸の調節がしづらかったり挿入部位の把握がしづらかったりし、思ったような効果が出づらくなる原因です。また、施術後の飲酒もできるだけ避け、翌日から飲酒が可能です。

施術後は顔を強く擦らない

施術後は、施術部位を強く擦ったりマッサージをしないでください。腫れが生じるだけでなく、皮膚に挿入した糸が切れてしまう原因になります。施術後1ヶ月はマッサージをしないでください。また、1ヶ月が経過しても糸が切れてしまう可能性があるため、’強いマッサージはおすすめできません。

体が温まる行為はしない

施術から3日は入浴は禁止で、シャワーのみ可能です。また、2週間は体が温まりやすいサウナや激しい運動を避けてください。体が温まってしまうと顔が腫れてしまう原因になります。ダウンタイムが長引いてしまう可能性もあるので、体が温まる行為はできるだけ避けてください。

まとめ

今回は、東京で糸リフトが受けられるクリニックの選び方とおすすめのクリニックをご紹介しました。糸リフトが受けられるクリニックといっても糸の種類や費用で選び方が無数にあり、失敗を避けるためにも慎重に選ばなければなりません。ぜひこちらの記事を参考にして、通いやすいクリニックを見つけてください。

東京の施術ごとおすすめクリニック

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

福岡の糸リフトおすすめ11選

福岡の糸リフトおすすめ11選

糸リフト
【2023年最新版】京都にある糸リフトがおすすめのクリニック9選!

【2023年最新版】京都にある糸リフトがおすすめのクリニック9選!

糸リフト
【2023年最新版】糸リフトクリニックの人気おすすめ10院【名医はいる?】

【2023年最新版】糸リフトクリニックの人気おすすめ10院【名医はいる?】

糸リフト
【切らない施術】札幌で糸リフトの施術を受けられるおすすめクリニック9院【2023年最新】

【切らない施術】札幌で糸リフトの施術を受けられるおすすめクリニック9院【2023年最新】

糸リフト
【2023年最新版】熊本で糸リフトができる美容クリニックのおすすめ9院

【2023年最新版】熊本で糸リフトができる美容クリニックのおすすめ9院

糸リフト
【2023年最新】都内で糸リフトができるおすすめクリニック10院

【2023年最新】都内で糸リフトができるおすすめクリニック10院

糸リフト