バイクを売却・買取する際の必要書類は?書類やナンバープレートの紛失時の対処法

記事ID15291のサムネイル画像
バイクを売りたいけど、何を準備したら良いかわからず困っていませんか?必要種類やナンバープレートを紛失したらバイク売却は可能なのかも気になりますよね。そこでこの記事では、バイク売却時に必要な書類と、紛失時の対処法をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

バイクを売却・買取するなら早めに必要書類をチェックしよう!

バイクを売却するときはいくつか必要書類があります。もし、必要書類がない場合は用意しなければなりません。早めにチェックしておきましょう。

バイクの必要書類と用意するもの

バイクを売る場合はバイクだけを販売店に持っていけば良いわけではありません。必要書類に記入して書類を作成したり、証明書類を揃える必要があります。ここではどのような書類が必要なのかについてご紹介します。

通常のバイクの売却・買取の際の必要書類

バイクを売却する場合、バイクの排気量によって必要書類が違います。125cc以下、125ccを超え250cc以下、251cc以上の3種類に分かれており、手続き場所も125cc以下は住んでいる市区町村役所の窓口で、125ccを超えるバイクは運輸支局自動車検査登録事務所でと場所が異なります。

 

販売店でバイクを売却する場合は販売店が手続きを代行してくれるのでほとんど自分で手続きをすることはありませんが、必要書類が揃っていないと何度も販売店と連絡を取り合わなくてはならず、スムーズに手続きが進みません。そうならないようきちんと書類を揃えておきましょう。

125cc以下のバイクの売却・買取の際の必要書類

125cc以下のバイクの売却・買取の際の必要書類、廃車手続きの書類は標識交付証明書(ナンバープレート交付の際に発行された書類)、印鑑(認印)、本人確認書類(運転免許証など)、自賠責保険証明書の4つです。

 

125cc以下のバイクはまず廃車手続きを行ってから名義変更を行います。ちなみに、印鑑、本人確認書類、自賠責保険証明書はどのバイクの売却・買取の際にも必要な書類です

125ccを超え250cc以下のバイクの売却・買取の際の必要書類

125ccを超え250cc以下のバイクの売却・買取の際の必要書類、廃車手続きの書類は印鑑(認印)、本人確認書類(運転免許証など)、自賠責保険証明書に加えて、廃車手続きを行っていない場合は軽自動車届出済証、廃車手続きを行っている場合は自動車検査証返納証明書が必要です。

251cc以上のバイクの売却・買取の際の必要書類

251cc以上のバイクの売却・買取の際の必要書類、廃車手続きの書類は印鑑(認印)、本人確認書類(運転免許証など)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書(車検継続用)の4つに加えて廃車手続きを行っていない場合は自動車検査証、廃車手続きを行っている場合は自動車検査証返納証明書が必要です。

「他人名義」「未成年」などイレギュラーなバイク売却・買取の際の必要書類

「他人名義」「未成年」など通常の売却とは違うイレギュラーなバイク売却・買取の際の必要書類についてご紹介します。

他人名義の場合は「名義本人の委任状」が必要な場合も

必要ない場合もありますが、名義人と契約者が異なるときは名義者本人の委任状が必要です。例えば「バイク王」ではサイトから指定の委任状をプリンターで印刷し、記入署名捺印して査定スタッフに渡します。

未成年は親権者の同意書が必要

基本的に未成年は親権者の同意書が必要です。「バイク王」では他人名義の場合と同様、サイトから指定の同意書をプリンターで印刷し、記入署名捺印後査定スタッフへ渡します。「レッドバロン」では保護者と一緒に来店するようアナウンスしています。

車検証の記載と現住所、氏名が違う場合は?

引っ越しなどで車検証と現住所が違う場合や、結婚で姓が変わった場合は事前に住所変更改姓による名義変更が必要です。

個人売買は必要書類も手続きも大変

個人でのバイク売買は高く売れるなどのメリットがある一方、必要な手続きや書類が多く、平日に役所に行くなどの手間がかかります。また、責任の範囲があいまいで手続きがスムーズに行きにくく、詐欺にあう可能性や犯罪に巻き込まれるなどのトラブルに遇いやすいため注意が必要です。

書類やナンバープレートを紛失した時の対処法は?

必要書類を揃えているときに「書類がない!」と慌ててしまうこともあります。書類がないとバイクの売却や買取は行ってもらえないのでしょうか。調べてみました。

必要書類を紛失しても売却・買取が可能!

書類がなくてもほとんどの買取業者でバイクの売却や買取を行ってもらえます。査定前に書類がないと分かっている場合は、事前に電話で伝えておくとスムーズです。

名義人の登録時の名前と住所がわかればOK

名義人の登録時の名前と住所がわかれば基本的に買取が可能な場所が多く、大抵の場合は査定額にも影響はありません。

再発行が必要な場合もある

書類の再発行は所定の役所や運輸支局で行います。ただ場所も手続き方法もバラバラで、自賠責保険証明書は自賠責保険を申し込んだ保険会社で、自動車検査証と軽自動車届出済証は運輸支局自動車検査登録事務所で、標識交付証明書は市区町村役所で行います。

ナンバープレートは紛失したままでは売却・買取不可能

ナンバープレートを紛失した場合は廃車手続きまたはナンバープレートの再交付手続きが必要です。しかし、中には委任状を書けば代行してくれるところもあります。

125cc以下のバイクの場合

125cc以下のバイクの廃車手続きまたはナンバープレートの再交付手続きは市区町村役所で行います。標識交付証明書、印鑑(認印)、本人確認書類、自賠責保険証明書を持参し、必要書類に記入して申請します。標識交付証明書がない場合はその旨を告げるだけで大丈夫です。

125ccを超え250cc以下のバイクの場合

125ccを超え250cc以下のバイクの廃車手続き又はナンバープレートの再交付手続きは運輸支局で行います。軽自動車届出済証、印鑑(認印)、本人確認書類、自賠責保険証明書を持参し、必要書類に記入して申請します。軽自動車届出済証がない場合もその旨を告げるだけで手続きができます。

251cc以上のバイクの場合

251cc以上のバイクの廃車手続き又はナンバープレートの再交付手続きは運輸支局で行います。車検証、印鑑(認印)、本人確認書類、自賠責保険証明書を持参し、必要書類に記入して申請します。車検証がない場合もその旨を告げれば問題はありません。

バイクを売却・買取する際の必要書類は排気量ごとで異なる

今回はバイク売却時に必要な書類と、紛失時の対処法をご紹介しました。125cc以下のバイクは標識交付証明書、125ccを超え250cc以下は軽自動車届出済証、250ccを超えるバイクは車検証が必要です。 そのほか全てのバイクに共通する書類として印鑑(認印)、本人確認書類(運転免許証など)、自賠責保険証明書が必要です。紛失した場合は再発行が必要な場合もありますが、バイクの売却や買取は可能です。販売店に相談して指示にしたがいましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

SUUMO売却査定を実際に利用した人の口コミ・評判は?特徴やメリットも徹底解説

SUUMO売却査定を実際に利用した人の口コミ・評判は?特徴やメリットも徹底解説

サービス
時計の買取店の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

時計の買取店の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

その他
高価買取サイト人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

高価買取サイト人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

不用品回収・買取サービス
金買取サービス人気おすすめランキング11選【金を売る時の注意点も】

金買取サービス人気おすすめランキング11選【金を売る時の注意点も】

サービス
【高値で買い取り】バイクの買取ランキングおすすめ4選

【高値で買い取り】バイクの買取ランキングおすすめ4選

自動車・バイク
【不動産売却にかかる費用完全マニュアル】費用の相場や税金も解説

【不動産売却にかかる費用完全マニュアル】費用の相場や税金も解説

その他