プロレスといえば様々なリングネームがあり、インディー団体(特に大阪)には面白いリングネームのレスラーが多いそうです。
でも面白いのはリングネームだけではないようで、どうやらプロレス技の名前にも意味不明レベルの珍名が付けられているんだとか。

そこで今回は「プロレス技の珍名」をアンケート・ランキングにしてみました。
一体どのような珍名が飛び出すのでしょうか?

1位 ビックリしたなぁ、もう!
2位 オムツかぶせ式リーマンショック
3位 高田純次
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ビックリしたなぁ、もう!」!


そんな技名を言われたコッチがビックリせざるをえない、新井健一郎選手の「ビックリしたなぁ、もう!」が堂々の1位を獲得しました。
この技は以前タッグを組んでいた岩佐拓選手とのツープラトン(合体)技で、技をかけてきた相手に岩佐拓選手が弓矢固めで反撃、新井健一郎選手がさらにフットスタンプを仕掛けるエゲツない技
技名の由来は不明ですが、技をかけられそうになっているところに岩佐拓選手が助けに割って入るので、「(技を食らうかと)ビックリしたなぁ、もう!」って感じですかね?

2位は「オムツかぶせ式リーマンショック」!


技名もさることながら、技自体も意味不明の極致なスーパー・ササダンゴ・マシン選手の「オムツかぶせ式リーマンショック」が2位に輝きました。
この技は朝起きたらオムツを履くところからスタート、マスクマン系対戦相手が号泣しているところに「これで涙を…」とオムツを渡し、マスクとして被って涙を隠すだろう、という意味不明の打算から作られた技で、見事に失敗し自分でオムツを被る事となり、バズソーキックを食らって撃沈しました。

3位は「高田純次」!


うん、それテキトー発言でお馴染みの芸能人だよね?とツッコマざるをえない、広田さくら選手の「高田純次」が3位にランク・インしました。
この技は「高田純次」のように手を前後に動かし、「高田純次」のようにクルクル回り、強烈なヘッドバットを見舞うという「高田純次」がマジで関係ない技です

いかがでしたか?
正直「オムツかぶせ式リーマンショック」の内容が想像の斜め上過ぎて、動画がないかかなりの時間探し回ってしまいました(見つかりませんでした)。

今回は「面白すぎる“プロレス技名”ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜45位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年12月16日~2016年12月21日