地名が由来になる事がほとんどの駅名、なんとなく字面に土地の雰囲気や歴史を感じさせますよね。
特に歴史的に意味合いの強い場所や建造物の近くだと、その付近の駅名もカッコイイものになっている印象があります。

そこで今回は「やたらカッコ良い駅名」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番カッコイイ駅名は、どこのどの駅だったのでしょうか?

1位 毘沙門駅
2位 竜王駅
3位 九頭竜湖駅
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は青森県の「毘沙門駅」!


1931年7月15日開業、片面ホーム1面1線で待合室があるだけの無人駅である、青森県の「毘沙門駅」が堂々の1位に輝きました。
周囲には建物も民家もほとんどなく、名前とは裏腹に寂れた無人駅で、1941年には1度営業を停止したこともあります。
名前の由来は定かではありませんが、字面から七福神の毘沙門天に関係があると思われ、「義経北行伝説」にある源義経が青森に立ち寄った際に毘沙門天の像を持参した事、小田八幡宮に奉った事が関係しているのかも知れませんね。

2位は山梨県の「竜王駅」!


1903年12月15日開業、2面3線のホームを有する地上駅である、山梨県の「竜王駅」が2位を獲得しました。
ドラクエとかに登場しそうな名前の本駅、名前の由来は有富山慈照寺に湧く竜王水に由来すると言われているそうです。

3位は福井県の「九頭竜湖駅」!


1972年12月15日開業、単式1面1線ホームを有する地上駅である、福井県の「九頭竜湖駅」が3位にランク・インしました。
九頭竜川にダムができた事で発生したダム湖(人工湖)の事を「九頭竜湖」と呼ぶそうで、歴史がある湖とかそういった事はないそうです。

いかがでしたか?
ランキングのほとんどには「王」「竜(龍)」「天」といった漢字が含まれており、いつになってもこういった漢字は人気なんだなぁと思いました。

今回は「やたら“カッコ良い”駅名ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年2月10日~2017年2月15日

つづきを読む