旅行のお土産と言えばお菓子が定番ですが、もらったお菓子があまり美味しくない…なんて事はありませんか?
地元の特性や特産品なんかを利用して作られる名菓は、美味しさよりも意外性や名称のインパクトを優先して作られるものも多く、いつでも食べたい!と思えるようなお菓子はなかなか無いと思います。

そこで今回は「ガッカリしたご当地名菓」をアンケート、ランキングにしてみました。
いちばんガッカリされている名菓は、一体何だったのでしょうか?

1位 ちんすこう
2位 ういろう
3位 東京ばな奈
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は沖縄県の「ちんすこう」!


元々琉球王国の貴族しか食べられなかったお菓子、沖縄県の「ちんすこう」が堂々の1位に輝きました。
パサパサの食感と、ラードを使用しているせいか独特な風味があり、有名ながらも貰った人からの評価はかなり低い模様。
なんとなく恥ずかしくなってしまう名称の「ちんすこう」、某社では男性器の形をした「子宝ちんすこう」なるものも販売されているそうです…。

2位は愛知県の「ういろう」!


全国でかなりのバリエーションがされているのに何故かガッカリされる、愛知県の「ういろう」が2位を獲得しました。
「全国で展開=人気である」というイメージがあるのですが、意外にも人気は低く「羊羹のほうが美味い」と、何故か見た目が似てるだけの羊羹を引き合いに出されてしまう始末です。

3位は東京都の「東京ばな奈」!

焼いてから蒸したスポンジでバナナピューレを包んだ、東京都の「東京ばな奈」が3位にランク・インしました。
どうやらバナナピューレの味が苦手な人が多いようで、バナナというよりも「人工的に調合したバナナ」の味がする、といった評価が多いようです。

いかがでしたか?
特に有名なものが上位に来ているような気がしますが、もちろんファンも多いはず。さまざまな商品展開もされており、気になるものばかり!
これを機にみなさんぜひ試してみてくださいね。

今回は「ガッカリした“ご当地名菓”ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜47位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年1月31日~2017年2月3日