松山ケンイチのハマり役だと思う作品ランキング!3位「デトロイト・メタル・シティ」、2位「GANTZ」、1位に輝いたのは…

モデル活動を経て2002年に俳優デビューし、数々の作品でメインキャストを務めてきた松山ケンイチ。どんな役柄も見事にこなしてみせる演技力の高さには、若手時代から定評がありましたよね。
そこで今回は、松山ケンイチのハマり役だと思う作品はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 デトロイト・メタル・シティ
2位 GANTZシリーズ
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『デトロイト・メタル・シティ』!

若杉公徳の同名漫画を実写化した『デトロイト・メタル・シティ』。おしゃれなポップシンガーを目指して上京した青年・根岸崇一が、ふとしたきっかけでデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル&ギター、ヨハネ・クラウザーII世としてデビューしてしまい、理想と現実の違いに苦悩しつつも成長していく姿を描くコメディーです。

劇場公開日:2008年8月23日
キャスト:松山ケンイチ(根岸崇一/ヨハネ・クラウザーII世 役)、加藤ローサ(相川由利 役) 他

2位は『GANTZ』シリーズ!

奥浩哉の人気漫画を実写化したSFアクション『GANTZ』。駅のホームで再会した幼なじみの少年、玄野計と加藤勝が、謎の黒い球体“GANTZ(ガンツ)”の指令を受け、“星人”と呼ばれる異形の存在と戦いを繰り広げる姿が描かれます。2部作として製作され、2011年4月に第2作『GANTZ PERFECT ANSWER』が公開されました。

劇場公開日:2011年1月29日(第1作)
キャスト:二宮和也(玄野計 役)、松山ケンイチ(加藤勝 役) 他

1位は『デスノート』シリーズ!

同名の人気漫画を実写化した『デスノート』。死神が落とした“デスノート”を拾った大学生・夜神月が、理想の世界を築き上げるために“キラ”を名乗って次々と世界中の犯罪者を裁き始め、キラの正体を明らかにしようとする名探偵Lとの頭脳戦を繰り広げます。続編に加えて、Lを主人公にしたスピンオフも製作されました。

劇場公開日:2006年6月17日(第1作)
キャスト:藤原竜也(夜神月 役)、松山ケンイチ(L/竜崎 役) 他
人気漫画の実写化作品が上位を独占した今回のランキング。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが松山ケンイチのハマり役だと思う作品は、何位にランク・インしていましたか?
写真:タレントデータバンク
松山 ケンイチ|1985/3/5生まれ|男性|B型|青森県出身)
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2023年12月25日~2023年12月25日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

一番好きな寿司ネタといえば?

投票受付期間:2024/04/17 11:00 ~ 2024/05/01 10:59

投票します。よろしいですか?