「実は2015年が舞台」と知って驚くフィクション作品ランキング

実際にはありえないことも、未来を描いたフィクション作品だからこそ楽しめる漫画やアニメ、映画は多数存在します。はるか未来のことだと思っていた作品が、実は2015年を描いたものだった…なんてことも。そこで今回は、2015年が舞台と知って驚くフィクション作品について探ってみました。

■「実は2015年が舞台」と知って驚くフィクション作品ランキング
1位:新世紀エヴァンゲリオン
2位:バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2
3位:鉄腕アトム
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《新世紀エヴァンゲリオン》でした。今では知らない人がいないほど有名な作品と言っても過言ではない《新世紀エヴァンゲリオン》。大災害「セカンドインパクト」の後、第三使徒サキエルが襲来したのは2015年6月。遠い未来の話だと思い込んでいた人が多かったようですね。2位は《バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2》でした。人気映画シリーズのPart2は、なんと2015年が舞台でした。今見返すと、当時はまだなかった携帯電話のようなものも描かれています。2015年にどれだけの技術が実際に実現しているのか、答え合わせをするのも楽しめそうですね。3位は《鉄腕アトム》でした。アトムの誕生日は2003年4月7日ですが、2015年が舞台となっている物語もいくつかあるようです。実際はアトムのような感情を持ったロボットは世に出ていませんが、ソフトバンクの人型ロボ『Pepper』をはじめ、少しずつ人間に近いロボットが誕生しています
このように、実は2015年が舞台となっていた作品は数多く存在します。今描かれている未来の話も、数十年後には“あたり前”のことになっているかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月16日~2015年1月20日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

山下智久が最強にかっこよかった作品は?

  • 「プロポーズ大作戦」岩瀬健 役

    投票
  • 「サイバー・ミッション」モリタケシ 役

    投票
  • 「成海朔の挑戦シリーズ」成海朔 役

    投票
  • 「MONSTERS」西園寺公輔 役

    投票
  • 「独身貴族」本人 役

    投票
  • 「少年たち」角田晋也 役

    投票
  • 「っポイ!」天野平 役

    投票
  • 「ドラゴン桜」矢島勇介 役

    投票
  • 「金田一耕助VS明智小五郎シリーズ」金田一耕助 役

    投票
  • 「ボク、運命の人です。」謎の男(正木一郎) 役

    投票
  • 「クロサギシリーズ」黒崎(クロサギ) 役

    投票
  • 「カバチタレ!」田村優太 役

    投票
  • 「演技者。「狂い咲きヴァージンロード」」ハジメ 役

    投票
  • 「5→9~私に恋したお坊さん~」星川高嶺 役

    投票
  • 「野ブタ。をプロデュース」草野彰 役

    投票
  • 「それは、突然、嵐のように…」深沢拓馬 役

    投票
  • 「SUMMER NUDE」三厨朝日 役

    投票
  • 「アルジャーノンに花束を(2015年)」白鳥咲人 役

    投票
  • 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-シリーズ」藍沢耕作 役

    投票
  • 「ランチの女王」鍋島光四郎 役

    投票
  • 「新春ドラマスペシャル 白虎隊」酒井峰治/酒井新太郎 役

    投票
  • 「池袋ウエストゲートパーク」水野俊司(シュン) 役

    投票
  • 「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」上矢直輝 役

    投票
  • 「近キョリ恋愛シリーズ」櫻井ハルカ 役

    投票
  • 「危険な関係(1999年)」宮部暁 役

    投票
  • 「ロング・ラブレター~漂流教室~」大友唯 役

    投票
  • 「テラフォーマーズ」武藤仁 役

    投票
  • 「Stand Up!!」岩崎健吾(ケンケン) 役

    投票
  • 「あしたのジョー(2011年)」矢吹丈 役

    投票
  • 「インハンド」紐倉哲 役

    投票
  • 「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」井原真人 役

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2020/02/18 11:00 ~ 2020/03/03 10:59

投票します。よろしいですか?