【ミリオンセラー限定】最高だった平成のRPGランキング

ゲーム作品の中でも特に人気のジャンルであるRPG。登場人物になりきって物語を進め、反射神経や操作スキルに依存しないゲーム性が女性にも人気ですね。ゲーム大国日本でもこれまでに数多くのRPGがリリースされており、ミリオンセラーとなった超人気RPGも少なくありません。
そこで今回は、ミリオンセラーの中でも最高だった平成のRPGについて調査・ランキングにしてみました。

1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
2位 ファイナルファンタジーVII
3位 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』!

親子3代の冒険を描く、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が堂々の1位に輝きました。
スーパーファミコンでは最初のドラクエ作品となった本作、主人公は父パパスとともに天空の勇者を探す長い旅に身を投じ、さまざまなアクシデントや結婚、子どもを授かるといった人生の大イベントを経験することになります。
特に結婚システムは当時かなり話題となり、幼なじみのビアンカを選ぶのか、お嬢様のフローラを選ぶのかは今も論争になることがある程で、最近のリメイク作品ではセレブ風のデボラが第三の選択肢として加えられました。

2位は『ファイナルファンタジーVII』!

最初の3DFF、『ファイナルファンタジーVII』が2位を獲得しました。
プレイステーションで最初のFFとなった本作、スーパーファミコンでは不可能だった全編3D描写やムービーの挿入、キャラクターの戦闘性能そのものを左右するマテリアシステムの実装などが特徴で、今も多くのファンによってリメイクが望まれています。

3位は『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』!

ファミコン最後のドラクエ、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』が3位にランク・インしました。
ファミリーコンピュータで最後のドラクエとなった本作、シリーズでは唯一のオムニバス形式を採用した珍しい作品で、4つの個性的な主人公のストーリーを楽しんだ後、5つ目はプレイヤー自身が主人公になるという独特なストーリーシステムが話題になりました。
いかがでしたか?
筆者的には最近ソシャゲもリリースしリメイクの発売も決定した『ロマンシング サ・ガ3』推しなのですが、残念ながら正確な販売数が不確かとのことでランキング圏外となってしまったようで残念です。

今回は「【ミリオンセラー限定】最高だった平成のRPGランキング」を紹介させていただきました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2018年12月05日~2018年12月05日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

実写化が大成功だったと思うディズニー映画は?

  • ライオン・キング

    投票
  • アラジン

    投票
  • アリス・イン・ワンダーランドシリーズ

    投票
  • トゥモローランド

    投票
  • プーと大人になった僕

    投票
  • ジャングル・ブック(1994年)

    投票
  • ジャングル・ブック(2016年)

    投票
  • ホーンテッドマンション

    投票
  • ダンボ

    投票
  • マレフィセントシリーズ(続編は2019年10月18日に日本公開予定)

    投票
  • シンデレラ

    投票
  • 101シリーズ

    投票
  • パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ

    投票
  • 美女と野獣(2017年)

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/10/08 11:00 ~ 2019/10/22 10:59

投票します。よろしいですか?