やたらかっこいい「ゲームタイトル」ランキング

多くの新作が発表され続けるゲーム業界。ゲームの面白さはもちろん、キャッチーなタイトルが話題になることも多いですね。
そこで今回は、やたらかっこいいゲームタイトルについて調査・ランキングにしてみました。
ゲーム業界で一番かっこいいタイトルとは、どの作品のタイトルだったのでしょうか?

1位 俺の屍を越えてゆけ
2位 ファイナルファンタジー
3位 ドラゴンクエスト
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『俺の屍を越えてゆけ』!

ゲームシステムを物語る、『俺の屍を越えてゆけ』が堂々の1位に輝きました。
誰かがプレイヤーに投げ掛けるセリフのようになっている『俺の屍を越えてゆけ』、これはゲームシステムやストーリーを体現する非常に印象的なタイトルとなっており、聞いただけでどんな内容なのか気になってしまいますね。
「朱点童子」と呼ばれる鬼に呪いをかけられた主人公一族は、非常に短命で人との間で子を残せないという悲しい運命を背負うことになるのですが、神と交わることで子孫を残し「朱点童子」を討たんとしており、正に名は体を表す作品となっています。

2位は『ファイナルファンタジー』!

最後の幻想、『ファイナルファンタジー』が2位を獲得しました。
今や世界中で人気のRPGシリーズである『ファイナルファンタジー』、一説には「社運を賭けた最後の作品」と言われていたのですが、生みの親である坂口博信さんは当初「ファイティングファンタジー」にするつもりであり、「Fで始まる単語ならなんでもよかった」ことが明かされています。

3位は『ドラゴンクエスト』!

王道RPG、『ドラゴンクエスト』が3位にランク・インしました。
2位の『ファイナルファンタジー』とライバル関係にある『ドラゴンクエスト』、タイトルは生みの親である堀井雄二さんが劇画村塾で教えられた「易しい言葉と難しい言葉を組み合わせるといい」に従い、親しみある「ドラゴン」と当時はまだなじみのなかった「クエスト(探求)」という言葉をつなげて完成させたそうです。
いかがでしたか?
筆者的には1位同様、名は体を表す旧エニックスの『天地創造』がかっこいいと思ったのですが、知名度の問題か残念ながらランキング圏外となってしまいました。

今回は「やたらかっこいいゲームタイトルランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,377票
調査期間:2018年11月14日~2018年11月28日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

嵐・二宮和也がはまり役だったテレビドラマは?

  • 「ハンドク!!!」坂口ノブ 役

    投票
  • 「ブラックペアン」渡海征司郎 役

    投票
  • 「流星の絆」有明功一 役

    投票
  • 「あきまへんで!」青木大樹 役

    投票
  • 「Stand Up!!」浅井正平 役

    投票
  • 「フリーター、家を買う。」武誠治 役

    投票
  • 「拝啓、父上様」田原一平 役

    投票
  • 「優しい時間」湧井拓郎 役

    投票
  • 「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」田茂青志 役

    投票
  • 「山田太郎ものがたり」山田太郎 役

    投票
  • 「Vの嵐」二宮和也 役

    投票
  • 「涙をふいて」淵上健太 役

    投票
  • 「あぶない放課後」夏木勝幸 役

    投票
  • 「熱烈的中華飯店」名波健太 役

    投票
  • 「南くんの恋人(2004年)」南進 役

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/03/10 11:00 ~ 2019/03/24 10:59

投票します。よろしいですか?