漫画家に求められる力の一つ「画力」。作品の魅力を読者に伝える最も重要な要素の一つであり、ここの表現力が無いといかに素晴らしいストーリーでもユーザーの心に残らない、なんて事もありますね。
特に人物描写はキャラクターの個性や魅力を直接表現するものであり、画力が高ければ高いほど完成度の高い美男美女を描くことができるでしょう。

そこで今回は「美少女を描くのがうまいジャンプ漫画家」をアンケート、ランキングにしてみました。
歴代ジャンプ漫画家で一番美少女を描くのがうまいのは、一体どの漫画家だったのでしょうか?

1位 桂正和
2位 矢吹健太朗
3位 河下水希
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「桂正和」!


現実感がすごい、「桂正和」先生が堂々の1位に輝きました。
漫画といえばデフォルメされたキャラクターがセオリーですが、桂先生の場合はキャラクター表現に現実味を持たせた描写が特徴的で、その指先から作り出された美少女たちに魅了されてしまった男子も少なくないでしょう。
代表作である『I”s<アイズ>』や『電影少女』でもその画力は遺憾なく発揮されており、また妙に人間臭いキャラクターたちの性格なども相まって、まるで美少女たちが「そこ」にいるかのようなリアリティーがありました。

2位は「矢吹健太朗」!


元ジャンプのセクシー神、「矢吹健太朗」先生が2位を獲得しました。
前作『BLACK CAT』のファンタジーバトル路線から一転、『To LOVEる -とらぶる-』からはゴリゴリの美少女&セクシーハプニング路線へ舵を切り、現在もジャンプSQにて『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』でセクシー漫画と言っても過言ではない美少女漫画を描き続けています。

3位は「河下水希」!


パンチラ漫画界重鎮、「河下水希」先生が3位にランク・インしました。
2位の「矢吹健太朗」先生とともに美少女キャラクターとセクシーな描写を少年誌の限界まで挑戦した存在として有名で、思春期の恋愛の甘酸っぱさに濃厚な描写、透明感のある美少女たちに定評がありましたね。

いかがでしたか?
TOP3のいずれの先生も現在週刊少年ジャンプに籍は置いていませんが、その画力ゆえか在籍陣を差し置いてのランク・インとなりました。

今回は「美少女を描かせたら最強!新旧ジャンプ漫画家ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,026票
調査期間:2018年5月21日~2018年6月04日

つづきを読む