昭和生まれが懐かしさで悶絶するキャラランキング

いつの時代もその時代を象徴するようなキャラクターが多数登場しています。
特に漫画などがはやり、コミカルなデザインが当たり前になった昭和からは、多くの企業などが率先的にマスコットキャラを製作していましたね。

そこで今回は「昭和生まれが懐かしさで悶絶するキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
昭和生まれが思わず懐かしんでしまうキャラクターとは、一体どんなキャラクターだったのでしょうか?

1位 なめ猫
2位 けろけろけろっぴ
3位 キキ・ララ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「なめ猫」!

当時のはやりと猫が融合した、「なめ猫」が堂々の1位に輝きました。
「なめ猫」はいわゆる「つっぱり」系の服装をした猫のマスコットで、学ランに気合の入ったハチマキなど格好だけはつっぱりなのに、愛くるしい表情に男女問わず支持され、瞬く間に大ヒット。
運転免許証のようななめ猫ブロマイドが大人気で約1,200万枚の売り上げを記録しました。

2位は「けろけろけろっぴ」!

サンリオキャラクター大賞1位を獲得した事もある、「けろけろけろっぴ」が2位を獲得しました。
当時は、現在も大人気の「ハローキティ」などとも肩を並べるほどのキャラクターで、愛らしい見た目とほのぼのとした雰囲気が人気となり、劇場映画やサンリオオリジナルビデオも製作・公開されていたそうです。

3位は「キキ・ララ」!

ファンシーな星の双子、「キキ・ララ」が3位にランク・インしました。
1976年に登場し、今も人気の「リトルツインスターズ」の「キキ・ララ」、ファンシーな世界観と淡いパステルカラーが人気なのですが、実は登場時は現在のような淡いピンクと水色のイメージではなく、金髪と茶髪のイメージでした。
いかがでしたか?
3位の「キキ・ララ」は現在もかなりの人気があるので、昭和生まれでなくてもなじみ深いキャラクターだったのではないでしょうか?

今回は「昭和生まれが懐かしさで悶絶するキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~33位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(30~50代男女:複数回答)
調査期間:2018年4月25日~2018年4月25日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

森田剛が最強にかっこよかった作品は?

  • 「人間失格」中原中也 役

    投票
  • 「嫁はミツボシ。」新庄悟 役

    投票
  • 「喰いタンシリーズ」野田涼介 役

    投票
  • 「毎度おジャマしまぁす」天地啓介 役

    投票
  • 「PU-PU-PU-」丹下隼人 役

    投票
  • 「月下の棋士」氷室将介 役

    投票
  • 「八代将軍吉宗」柳沢吉里(安貞) 役

    投票
  • 「半熟卵」中井順 役

    投票
  • 「新・俺たちの旅Ver.1999」津村浩介 役

    投票
  • 「演技者。「マシーン日記」」ミチオ 役

    投票
  • 「ミラクル仮面高校生」影山洋平 役

    投票
  • 「リスクの神様」結城実 役

    投票
  • 「ホールドアップダウン」平松勝 役

    投票
  • 「平清盛」平時忠 役

    投票
  • 「ハロー張りネズミ」木暮久作 役

    投票
  • 「君を見上げて」高野章二 役

    投票
  • 「COSMIC RESCUE」南條俊 役

    投票
  • 「ヒメアノ~ル」森田正一 役

    投票
  • 「劇団演技者。「激情」」菅原裕一 役

    投票
  • 「ハードラックヒーロー」工藤ユウジ 役

    投票
  • 「毛利元就」毛利元就(松寿丸)、毛利輝元(幸鶴丸) 役

    投票
  • 「ランチの女王」矢崎修史 役

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2020/01/24 11:00 ~ 2020/02/07 10:59

投票します。よろしいですか?