有名人の中には、世間から名前を略した愛称で呼ばれている人も少なくありません。中でも、愛称の響きが特にいいのは誰なのでしょうか。
そこで今回は、略すとめちゃくちゃいい感じになる有名人について探ってみました。

1位 深キョン(深田恭子)
2位 キムタク(木村拓哉)
3位 ホリケン(堀内健)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は深キョンこと「深田恭子」!


少しふっくらとした体型と、おっとりとした癒し系キャラで人気を集めている深田恭子。1996年に開催された第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、芸能界に入った彼女。『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で大ブレイクしました。デビュー当時は10代だった彼女も現在35歳。痩せてメイクも変わったことで、「今の方が可愛い」と再ブレイクしています。
2018年1月スタートの新ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で主演を務めることも決まっており、楽しみにしているファンが多数。そんな彼女の愛称は深キョン。恭子を略して“キョン”と呼んでいるのがポイント。キュートな雰囲気の彼女にピッタリの愛称だと感じている人が多く、1位となりました。

2位はキムタクこと「木村拓哉」!


略す名前の愛称といえば外せないのがキムタクこと木村拓哉。2017年は主演映画『無限の住人』の高いアクション演技が話題になり、2018年公開の主演映画『検察側の罪人』や、2019年公開の『マスカレード・ホテル』は早くも期待が高まっています。
また、1月スタートの新ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)でも主演を務めるなど、SMAP解散後も変わらず活躍を続ける彼。本人はキムタクと略されることをあまり良い風には思っていなかったようですが、世間では「いい感じ」の愛称だと思っている人が多数。2位となりました。

3位はホリケンこと「堀内健」!


破天荒な振る舞いと奇想天外な一発ギャグで唯一無二の世界観を作り出しているお笑いトリオ・ネプチューンの堀内健。彼の愛称といえばホリケン。
どこか少年っぽいあどけなさが感じられる彼だからこそ、アニメキャラのようなこの愛称がしっくりくると感じている人が多いようで、3位となりました。

このように、国民的人気芸能人が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの有名人の名前を略した愛称がいい感じだと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女:複数回答)
調査期間:2017年12月07日~2017年12月07日

つづきを読む