最近は子どもの名前も多様化していて、当て字を使用した名前や、キラキラネームと呼ばれる個性的な名前をつける親も少なくないようです。
そんな中、古風な名前が「逆に斬新でカッコ良い」という意見も。そこで今回は、女の子が生まれたら付けたい古風でカッコ良い4音の名前について探ってみました。

1位 さくらこ
2位 ひまわり
3位 ひいらぎ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「さくらこ」!


桜子、櫻子といった漢字に代表される“さくらこ”という名前。この名前は淡いピンクのサクラの花を連想させることから、女性らしく上品な印象を持つ人が多いようです。
歌手で女優の大原櫻子が若い世代から支持されていることもあり、彼女の存在も“さくらこ”という名前のイメージUPにつながっているようです。
「淡く繊細なサクラの花のような可憐な女性に育って欲しい」そんな願いを込めてこの名前を付けたいと思っている人が多数。1位となりました。

2位は「ひまわり」!


鮮やかな黄色がまぶしいひまわりの花。太陽に向かって咲く、強く明るく元気なイメージを持つ人が多く、この名前を女の子に付けたいと思っている人が多数。
大人気アニメ『クレヨンしんちゃん』のしんのすけの妹の名前も“野原ひまわり”。この名前は一般公募された中から原作者が選んだとっておきの名前だそうです。
ひまわりのように明るく元気に、大きく育って欲しいと願い、この名前を付けたいと思っている人が多く、2位となりました。

3位は「ひいらぎ」!


トゲトゲとした葉っぱが特徴的な常緑小高木の柊。柊の葉を触ると手がヒリヒリするという様を“疼(ひいら)ぐ”ということから、柊という名前になったと言われています。
気軽に触ることができない気品高い女性を連想させる“ひいらぎ”という名前にカッコ良さを感じている人が多数。3位となりました。

このように、花の名前からとった4音の名前が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください。

古風でどこかカッコ良い、そんな4音の名前。みなさんは、どのような名前を子どもに付けたいと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年9月13日~2017年9月13日