名前はその時代によって流行や典型のようなものがありますが、最近はキラキラした名前が多いように感じますね。
昭和の名前は比較的「かたい」イメージが強く「古い」ようにも思えますが、この時代だからこそ綺麗に見える名前もあるかと思います。

そこで今回は、昭和に流行した名前の中から「昭和っぽいけど美しい女性の名前」をアンケート、ランキングにしてみました。
昭和っぽいけど美しいと思う女性の名前とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 あすか
2位 かおり
3位 あい
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「あすか」!


「明日香」や「飛鳥」など万葉集にも登場するほどの歴史を持つ、「あすか」が堂々の1位に輝きました。
歴史上でも「飛鳥時代」という言葉があるように、非常に認知度が高くかつ綺麗な響きからか男子女子問わず多くの人に名付けられました。
歴史上の「あすか」という読みについては諸説あり由来などははっきりしていませんが、「飛ぶ鳥」「明日の香り」など上品なイメージがありますね

2位は「かおり」!


「香」や「香織」、「香里」に「佳織」など様々な書き方がある、「かおり」が2位を獲得しました。
読みや字面の関係で「おしとやか」や「上品」といったイメージがあり、何となく和服の似合う物静かな女性が名乗ってそうな気がします。

3位は「あい」!


「愛」や「亜衣」など親からの愛を感じさせる、「あい」が3位にランク・インしました。
女性芸能人に多い名前(本名で無い事もありますが)で、「あいちゃん」といった愛称で呼ばれる事が多く、何となく可愛らしいイメージがありますね。

いかがでしたか?
ランキングを見ていくと、昭和は2文字2音の名前が人気だった事が伺えます。

今回は「昭和っぽいけど美しい!女性の名前ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年5月31日~2017年6月6日