レガシーって何!?よく聞くけど実は意味を知らない横文字ランキング

最近はIT関連の目覚ましい技術進歩もあって、以前はシステムエンジニアなど一部の人しか使っていなかった言葉がビジネスの場で使われる事も多くなってきていますね。
ただピンと来ない言葉が多く、なんとなく会話全体のニュアンスから「きっとこんな意味」だとわかったフリをしている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「よく聞くけど実は意味を知らない横文字」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番理解されていないカタカナ・横文字は、一体どれだったのでしょうか?

1位 イノベーション
2位 ダイバーシティ
3位 レガシー
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「イノベーション」!

「イノベーション」

ザックリ言うと「新しい概念の普及」を指す言葉、「イノベーション」が堂々の1位に輝きました。
以前は「技術革新」と訳される事が多かったそうですが実は間違っており、「新しいアイデアが世に現れ、生活を大きく変える事」を指すそうです。
ちなみに「技術」に限った話ではなく「概念」全般に言える言葉なので、例えば「AKB48がCD売上向上の為に握手券を入れる」というのもイノベーションと言えます。

2位は「ダイバーシティ」!

「ダイバーシティ」

特に「経営用語」として使われる事の多い、人の多様性を指す言葉「ダイバーシティ」が2位を獲得しました。
性別や人種、国籍や宗教、年齢、学歴や職歴といった個人の様々な違いを評価し、それを生かして企業の成長などに役立てようといった意味で使われる事が多いですが、全く同じ綴りの言葉で「無線技術」を指す事もあるので要注意です。

3位は「レガシー」!

「レガシー」

一般的には「先人の知恵」、コンピュータ業界では「古くなってしまった技術」を指す、「レガシー」が3位にランク・インしました。
一般には「遺産」という事もあり、先人が遺した大事なもののような意味合いがあるのですが、コンピュータ業界の場合は否定的な意味合いが多く、広く使われている「レガシーシステム」に問題が見つかって業界全体が大騒ぎなんて事もありました。
いかがでしたか?
筆者的には対応する日本語がある語をわざわざ言い換える人は、目的が「人に伝えるため」ではなく「自分の優位性を見せたい」ように見え、意味が通じにくい事も含めて「バカな人だなぁ」と思ってしまいます。

今回は「よく聞くけど実は意味を知らない横文字ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜30位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,235票
調査期間:2017年02月20日~2017年03月06日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

夏休みに行きたい日本の世界遺産は?

  • 石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

    投票
  • 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県)

    投票
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

    投票
  • 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(岩手県、静岡県、山口県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、鹿児島県)

    投票
  • 古都奈良の文化財(奈良県)

    投票
  • 小笠原諸島(東京都)

    投票
  • 姫路城(兵庫県)

    投票
投票受付期間:2024/06/13 11:30 ~ 2024/06/27 10:59

投票します。よろしいですか?