本日1月7日は、七草粥の日!

これから始まる新年の無病息災を願って食べる「七草粥」。願掛けだけでなく、年末からの宴会ラッシュで弱った胃腸を休ませるといった合理的な意味合いもあるようです。

手軽に作れて体にやさしいおかゆには、七草以外にも相性の良い食材はたくさんありますよね。
そこで今回は、皆さんが好きな“ちょい足し”食材を調査してみました。

1位 梅干し
2位 卵
3位 塩
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は定番の「梅干し」


ご飯のお供の大定番「梅干し」が堂々1位に。風邪をひいて食欲がない時や、暴飲暴食で胃が荒れ気味…なんて時にも梅干し入りおかゆは大活躍してくれます。まさに日本人ならではのランキング結果ですね。

2位は食べごたえ満点の「卵」


調理中に加えて雑炊風の”たまごがゆ”にしたり、あとからかけて卵かけご飯風にしたり。プレーンなおかゆに栄養をプラスしてくれる「卵」が2位にランク・イン。食べごたえもアップするので、食欲はしっかりあるという時にぜひ。

3位はシンプルに「塩」


余計な具は不要!?最低限の味足し「塩」が3位に。ちょっと物足りないような気もしますが、「お米本来の甘みを味わうのなら塩で十分!」というこだわり派の意見もありました。

さて、皆さんの好きなちょい足し食材はランク・インしていましたか?
他にも様々な食材が選ばれているので、4位~21位のランキング結果もぜひご覧ください。

年末年始に酷使しきった胃腸を、おかゆで癒やしてあげましょう!

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代女性:複数回答)
調査期間:2016年12月09日~2016年12月12日

ランキング順位はこちら