売り言葉に買い言葉で話し続けるうちに日頃の不満が一気に爆発して、深刻なけんかに発展してしまった……。恋人同士のそんな喧嘩を冷静に振り返ってみると、本当に些細なことが原因だった、なんてことも。そこで「なんでこんなことで!?」と思うけんかの原因を聞いてみたところ、《返事がない・きこえない》《言葉尻がきつい》など、会話に関することが上位を占める結果となりました。

 恋人の存在が当たり前になるほど、相手の話を意識して聞くことが少なくなる人も多いかも。人は会話をするとき、自分の話に対して相手から相槌や質問、アイコンタクトをされることで「自分の話をきちんと聞いてくれている」と認識できます。だからこそ、話しかけても《返事がない・きこえない》状態ばかりが続いたら、自分の話を聞いていないどころか自分に興味がないのではないか、と思ってしまうもの。《返事がない・きこえない》ことがけんかの原因になった場合、自分も普段相手の話をきちんと聞いているかどうか振り返ることで、仲直りがしやすくなるかもしれません。

 《電話連絡をした・しない》《メールの返信が遅い》など、携帯電話に関することがけんかの火種になる人も多いよう。携帯電話の普及で、いつでもどこにいても連絡をとりやすいようになりましたが、それゆえに相手の行動が過剰に気になってしまうことも。電話やメールは、状況によってはすぐに返せないこともあると肝に銘じておくと、無用なけんかを避けやすくなりそう。

 小さなけんかも、つもり積もると別れの原因に。恋人となぜか長続きしない人は、小さなけんかをなくすことから始めてみては? その他にも、恋を長続きさせる秘けつが知りたい人は、gooランキングの「長続きしない恋」特集を要チェック!