ビジネスの場で大切な会話術。重要な商談で好感度をあげようと四苦八苦されている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「上司部下関係専門のカウンセラー ハートコミュニケーションCOCOサポート」のたかた登美子先生に、デキるビジネスパーソンの話し方を教えてもらいました。


■1位 聴き手によって話し方(伝え方)を変える。
予備知識や仕事のスタイルは人によりけり。話す相手の立場になって、欲しい情報を先回りして話すと良いでしょう。新人には詳細に全ての情報を伝え、ベテランには最低限の情報を伝えて足りない部分をヒアリングしましょう。

■2位 話の種類・件数・所要時間を先に伝える。
話の種類は「報告・連絡・相談」に分けられます。相手に伝える際にはまず「話の種類」「件数」「所要時間」の3点を先に伝えましょう。話を聞くための心の準備ができます。

■3位 話を要約し、はじめに結論(重大・緊急な事)を話す。
話の結論(重大・緊急な事)から入り、最後に理由・提案・補足を伝えましょう。多くの人は自分の仕事の段取りを決めており、予定外のことに時間を割くのを迷惑がります。話を要約することにより、その負担を軽減するという配慮になります。

 魅力的な話し方のビジネスマンにあうと、心が動かされるもの。NHK Eテレ『スーパープレゼンテーション』では世界の一流の講義が聴けるイベント「TEDカンファレンス」を放送しており話す声のトーンや表情は学ぶところがあるのでオススメです。トークスキルを身につけて、スマートに仕事をすすめていきたいものですね。

このランキングを作成した人:教室名:ハートコミュニケーションCOCOサポート たかた登美子先生
※このランキングに関する解説はすべてたかた登美子先生によるものです。