大抵の人にとって、一生に一度の結婚式。それだけに事前に入念な準備をしてその日を迎えるわけですが、いざ終わってみるとやはり「ああすればよかった」「こうしたかった」などプチ後悔をする人も少なくないはず。今回は、もしもう一度結婚式&披露宴をする機会があれば、絶対にやりたい演出を選んでもらいました。


 1位に選ばれたのは、《参列者全員で記念撮影》。分刻みのスケジュールであわただしく進んでいく結婚式では、写真撮影をする時間も限られています。全員の集合写真を撮るにはそれなりに広いスペースと手際よい仕切り役が重要なので、その場の思いつきではなかなか難しいのが現実。個別のテーブルでの記念撮影ももちろん大切ですが、この日に2人を祝うために集まってくれた人全員との写真があれば、一日の思い出が全てつまった大切な一枚になることでしょう。2位は《フラワーシャワー》。挙式を終え、チャペルから出てきた新郎新婦に参列者が「おめでとう!」といいながら花びらを浴びせる演出で、周りに祝福されながら幸せ気分に浸るにはぴったりです。花の香りでまわりを清め、新郎新婦を悪魔から守るという意味があるそうですが、生花を使うので式場によっては値が張るのが難点。最近はシャボンを吹くバブルシャワー、紙吹雪を使うペーパーシャワーなど工夫次第で色々なアレンジがあるそうですよ。4位は《両親への手紙》。披露宴一番の泣きどころですが、「照れくさい」「今更だし…」などの理由でパスしてしまう人も。しかしながら、今まで愛情をたっぷりかけて自分を育ててくれた両親が喜んでくれるのであれば、自分の事情は横においてやってみてもよかったのかもしれません。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名