長年連れ添った夫婦を見て、「わー、なんだかそっくり」と思ったことってありませんか? 寝食をともにする夫婦は似てくるそうですが、今回はみんなに、不思議だけど意外とある夫婦のシンクロ経験について聞いてみました。


 1位は、《テレビを見ていたら、同じタイミングで同じことを言う》。サッカー観戦で「やったーシュート!」などがかぶるのならまだわかるのですが、ニュースやドラマを見ていても、つい思考が似てしまうのか同じコメントが出てしまいます。ソフトバンクの孫正義社長は、「自分が頭の中で思うだけで相手に通じる、まさにテレパシーの時代が本当にやってくるのではないか」と講演で話しているそうですが、一緒に暮らす夫婦も、いつのまにかテレパシーが使えるようになっているのかもしませんね。3位《同じタイミングでトイレに行きたくなる》のは、「同じ釜の飯を食っている」からなのでしょうか。一見ほほ笑ましいエピソードですが、切羽詰っている状況なら、トイレの争奪戦は夫婦喧嘩にも発展しかねません。8位《仕事帰りに、二人とも同じものを買って帰ってくる》は、日頃から家事を分担して、それぞれが家の事情を把握している夫婦に多い現象なのかもしれませんね。

 いつも行動がかぶってしまうと、わずらわしくなることもありますが、仲が良い夫婦だからこそ起こるこれらの現象。ちょっと羨ましいですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /9/2〜2013/9/3
有効回答者数:1,077名