NHKで放送されている朝の連続テレビ小説、通称「朝ドラ」はドラマの内容と共に冒頭に流れる主題歌も記憶に残るもの。では、今まで放送され人気のあった朝ドラの主題歌で、印象が強く残っている曲といえば?

 1位にはいきものがかりの《ありがとう》がランク・イン。2010年上半期に放送されたドラマ『ゲゲゲの女房』の主題歌で、ドラマ・主題歌ともに大ヒット。《ありがとう》のシングル発売後にリリースした初のベストアルバム『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』は累計160万枚の出荷数を記録し、自身初のミリオンセールを達成しました。今月25日には23枚目のシングル『ハルウタ』が発売予定で、こちらの曲は劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』の主題歌にもなっています。2位に入ったのは松任谷由実の《春よ、来い》。安田成美・中田喜子がヒロインを務める同名ドラマの主題歌として流れていた曲で、松任谷由実の代表曲ともいえるこの曲は「春」や「桜」の時季になると思わず口ずさみたくなるという人も多いのではないでしょうか。先月28日に放送された『SONGS 2012 春スペシャル〜松任谷由実』では東日本大震災チャリティー企画として新たにレコーディングされた『(みんなの)春よ、来い』が披露されました。インターネットでも配信されるこの曲の収益は、全額が被災地に寄付されることになっています。3位には『ちゅらさん』の主題歌としておなじみの《Best Friend》(Kiroro)が入りました。
 4月2日から放送が始まった新しい朝ドラ『梅ちゃん先生』では、SMAPの『さかさまの空』が主題歌として流れています。毎朝聞くこの曲が、ドラマの展開と同じく楽しみな人も多いかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:19059票
  投票期間:2012/2/19〜3/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません