日本でも人気の高かった月9ドラマ『101回目のプロポーズ』が中国で映画化されるのだそう。月9ドラマにはみんなの記憶に残っている名作が多数存在しますが、視聴率の高かった歴代の月9で特に印象に残っているものといえば?

 1位には《ロングバケーション》がランク・イン。木村拓哉主演で1996年に放送されたこのドラマは、最終回の視聴率が36%を越えた月9を代表する人気ドラマ。ヒロインを演じた山口智子はこのドラマ以降連続ドラマには出演しておらず、彼女の代表作ともいえる作品です。男性ピアニストとの同居生活という斬新な設定に憧れた女性のファンは多かったのでは? 2位に入ったのは《東京ラブストーリー》。こちらも絶大な人気を誇ったドラマで、1991年に放送されています。2000年以降に放送された月9ドラマで最も順位が高かったのは、3位の《やまとなでしこ》でした。
 この4月からフジテレビで放送される月9ドラマは『鍵のかかった部屋』。嵐の大野智演じる奇才の防犯オタクが密室事件を解決していくというスリリングな内容で、戸田恵梨香、佐藤浩市との共演も話題となっています。大野は意外にもフジテレビの連続ドラマには初主演とのことなので、力の入った演技に期待したいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:34829票
  投票期間:2012/2/16〜2/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません