『荒川アンダー ザ ブリッジ』や『るろうに剣心』など、今年も続々と人気アニメの実写映画の公開が決まり、話題となっています。アニメの実写化は常に賛否両論がつきまとうものではありますが、80年代のアニメで実写化を期待する作品といえば?


 《シティーハンター》が1位となりました。ボディーガードから暗殺までを請け負う超一流のプロ・スイーパー(始末屋)冴羽と、美人アシスタント槙村香の最強コンビが新宿を舞台に活躍するハードボイルド・アクション漫画。作者の北条司は、この作品を描くためにアメリカへ行き、銃を撃ったりコンバット・シューティング・スクールに1日入学したりして心身ともにボロボロになったとか。1993年にはジャッキー・チェン主演で実写化されていますが、香港アクション映画ではない《シティーハンター》の実写化を望む人も多いのかも!?
 続いて2位には《Dr.スランプ アラレちゃん》がランク・イン。日本中に大ブームを巻き起こし、今もなお愛されている作品ですが、型破りな内容ゆえに最も実写化が難しい漫画作品の一つかもしれません。

 漫画の実写化に関して昨年行われたある調査では、6割以上の人が「嬉しくない」と回答したということで、ファンの複雑な心情が伺えます。しかし『のだめカンタービレ』や『花より男子』など、実写化が成功した例も少なくありません。お気に入りの作品が実写化されるとき、やはり一番気になるのは「キャスティング」。今回ランク・インした漫画が実写化されるとすれば、誰に主要メンバーを演じてもらいたいと思いますか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10748票
投票期間:2011/12/31〜2012/1/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません