前から好きだった人とついにお付き合いすることになった! しばらくお付き合いしていた恋人と晴れて結婚した! そんな最高に幸せな瞬間が訪れたのも束の間、今度は相手のことを好き過ぎるあまりに相手の浮気を疑ってしまった——。そんな経験をしたことがある人もいるのでは? 多くの人が「もしかして浮気しているかも!?」と相手を疑ってしまうのはどんなときなのでしょうか。

もっとも多くの人が相手の浮気を疑うのは《一緒にいても誰かにメールをしている頻度が増えた》とき。二人一緒の楽しい時間に、ほかの誰かにメールを頻繁にされるのはあまり気持ちの良いものではありませんが、さらに《携帯にロックをかけるようになった》り、《トイレにまで携帯電話をもっていくようになった》りすれば、やはり浮気を疑わざるを得ない状況と言えるかも。実に、ランキングの上位10位中半分が携帯電話にまつわる項目となっており、浮気を疑う原因や浮気がバレる原因が携帯電話というのはもはや鉄板のよう。スマートフォンの普及により、「携帯電話に発着信履歴が残らない」「新たな電話番号を持てる」といった様々な電話アプリも登場しているので、浮気を疑った際の携帯チェックの内容も複雑化していく…なんてこともあるのかも!?

とはいえ、2位には《話のつじつまが合わないことが増えた》がランク・インしており、携帯電話うんぬんではなく、相手のちょっとした行動の変化に気付いて浮気が発覚するというのもよくある話。相手の携帯チェックをうまく逃れることだけ考えていたら、「昨日は友達と遊ぶんじゃなくて仕事でアポがあるって前から言ってたよね?」なんて足元をすくわれ浮気がバレた…なんてことになってしまうかも。もちろん、浮気すること自体がNGなことは言うまでもありません。大切な人とは携帯チェックがいらない関係を築いていきたいものですね。