2010年に公開された『ソーシャルネットワーク』の反響により日本でも利用者が増えだした世界最大のソーシャルネットワークサービス“Facebook”。しかしいざ登録してもイマイチ使い方がわからないという人も多いのでは? 今回はみなさんがFacebookで良くわからないことを聞いてみました。

 今回のアンケートでは8割以上の人がFacebookを《全体的にわからない》と回答。そもそもFacebookのどのような部分が便利で楽しいのか、という初歩的なところが分からないという人が多いようです。Facebookの利用に際しては実名と顔写真の公表が義務付けられており、ネットでの匿名性が高い日本ではこの実名&顔だしという条件が利用を遠ざける原因となっていると言われています。しかしこの実名&顔出しはFacebookが現実社会の人間関係の延長として利用されることを目的としているのだとか。実名&顔出しをすることで旧知の友人や久しく会っていなかった知人とも繋がりやすくなり、Facebookの利用をより楽しくさせるという効果があるようです。
Facebookによると日本の利用者年齢層は25〜34歳の社会人層が多く、学生時代の友人とのFacebook上での再会や社会人同士のコミュニケーションツールとして使われていることが多いのだそう。日本最大のソーシャルネットワークサービス“mixi”や“Twitter”など多くのネットワークサービスが存在している中で、Facebookが今後日本でどのように利用者を拡大していくのかに注目です。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8377票
投票期間:2011/5/20〜6/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません