テレビ番組や若い女性を中心に新しい言葉がどんどん生まれてきます。中にはどういう意味なのかわからないけれど、とりあえず使ってみたいという言葉もあるのではないでしょうか? そこで今回は、使ってみたいけど、ちょっと躊躇してしまう言葉について皆さんに聞いてみました。

1位:バイブス
2位:ぅち
3位:ちょwww
4位:○○じゃね?
5位:キャワたん
6位以降を見る

 1位に選ばれたのは、《バイブス》。ある番組がきっかけではやりだしたこの言葉。ギャル語としても知られていることから、ある年齢以上になるとちょっと使うのが恥ずかしいかもしれません。2位は《ぅち》。主にSNSやメッセージのやりとりをする際に自分を表現する言葉。学生の間では「う」の小ささがかわいらしさを表しているということで、気軽に使える言葉として人気があるようです。3位は《ちょwww》。動画サイトなどのコメントなどで使われることの多いこの言葉。少し気の知れた人でないと、「www」は使いにくいかもしれません。4位は《○○じゃね?》。思わず何度も使いたくなるような、発信する際も受ける際もイントネーションが心地よく、気づくと「じゃね?」「じゃね?」と同じようなスタイルになっても違和感を覚えないところが魅力なのかもしれません。5位は《キャワたん》。《バイブス》同様若者言葉の一つで、かわいいものが目に入ったらとりあえず《キャワたん》と使ってみると良いかも。ただし、職場ではちょっと使いづらい言葉ですね。
 一見使うのをはばかられる言葉の多くは、年齢や使用する場所を問われるものが多いようです。でもやっぱり使ってみたい!という方は、まずは使ってみて、場の雰囲気を見てその後使うかどうかを考えてみては。ただし、その後の雰囲気については責任を負いかねますのでご注意を…。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年7月18日~2014年7月23日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)