サービス一覧
閉じる

Yahoo! JAPANカードの審査は甘い?審査基準と申し込み方法を解説

Yahoo! JAPANカードの基本情報や審査基準、申し込み方法について解説します。審査が早いことで知られるYahoo! JAPANカードの審査に通るコツや審査落ちの原因も考察します。申し込む前にYahoo! JAPANカードの特徴を把握しましょう。

Yahoo! JAPANカード

基本還元率1.0%の高還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Yahoo! JAPANカードは基本還元率が1.00%と無料クレジットカードではトップレベルの還元率です。Tポイントとして貯めることができ、Tポイント加盟店では「カード利用還元」と「買い物還元」でポイントの2重取りができます。貯まったポイントは全国各地のTポイント加盟店で使用できるほかANAマイルへの交換も可能と使い道が満載です。

 

さらにYahoo!ショッピングやLOHACOの支払いに利用すると還元率が3倍の3.0%にUPします。Yahoo!関連のサービスをよく利用する方はメリットが大きいカードです。また利用者が急増しているPayPayの残高へチャージできる唯一のクレジットカードでもあるので、PayPayユーザーにもおすすめしたいカードです。

 

カードブランドはJCB,VISA,MASTERから選択できます。また、保険はショッピング保険が付帯されるほか、月額490円で加入可能なプラチナ補償のサービスもあり、トラブルが起こった際も充実した補償が受けられます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、PayPay

 

↓Yahoo! JAPANカードについて詳しく知りたい方はこちら

Yahoo! JAPANカードの審査基準は甘いのでしょうか?ここではYahoo! JAPANカードの審査基準について解説します。

Yahoo! JAPANカードの申し込み資格

Yahoo! JAPANカードの申し込み資格は「高校生を除く18歳以上で、Yahoo! JAPAN IDを保有していること」です。学生や主婦の方でも申し込み可能であり、申し込みのハードルは低く設定されています。Yahoo!関連のサービスでは還元率が上がるカードであり、Yahoo!ユーザーの新規獲得のため申し込み資格を幅広く設けていますね。

 

Yahoo! JAPANカードの審査は甘い

Yahoo! JAPANカードの審査は甘いです。学生や主婦、フリーターの方でも発行でき、審査期間が非常に短いことからも審査基準が厳しくないことを読み取れます。よほどの問題がない限りは審査に通ることができるでしょう。

 

また、Yahoo! JAPANカードはYahoo!が運営する流通系のクレジットカードです。流通系クレジットカードは自社サービスのユーザー拡大を目的として発行しており、各銀行が発行する銀行型クレジットカードよりも審査が甘いと言われています。

Yahoo! JAPANカードの審査期間は非常に短いです。審査時間はなんと最短で2分です!公式サイトにも「最短2分で審査完了」と記載されていて、審査期間が短いことをアピールしています。

 

この審査期間なら審査が甘いのにも納得がいきますね。ただ最短2分であって、誰でも2分で審査が終わるわけではありません。特に未成年者の場合はカード発行に親権者の同意が必要であり、同意確認のための時間がかかります。未成年者は2分で審査完了とはなりませんので覚えておきましょう。

 

また、審査が完了してからクレジットカードが実際に手元に届くまでは時間がかかり、審査完了後すぐに利用することはできないので注意しましょう。

Yahoo! JAPANカードの審査が甘いことはわかりましたが、どのように申し込めばよいでしょうか?ここでは申し込み方法や必要書類について解説しますので、カード発行を検討している方は参考にしてください。

申し込みはこちら

Yahoo! JAPAN IDを取得する

まずはYahoo! JAPAN IDを取得しましょう。Yahoo! JAPAN IDがないとYahoo! JAPANカードに申し込むことができません。このIDは無料で取得できますので安心してください。

 

IDはYahoo! JAPANのトップページのリンクから取得できますよ。ID取得には携帯電話番号の登録が必要です。登録した携帯電話番号宛に確認コードが記載されたSMSが届くので、確認コードを入力してください。その後は名前や住所、生年月日などの基本情報の入力だけで簡単に取得できます。

 

ID取得後はPayPayやTポイントと紐づけておくとより便利ですね。また、Yahoo! JAPAN IDはYahoo! JAPANカードの申し込み以外にもYahoo!メールなど様々なYahoo!のサービスに利用できますよ!

公式サイトから申し込み

IDを取得したらカードの申し込みに移ります。Yahoo! JAPANカードは公式サイトからweb上での申し込みです。名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報も記入します。情報に間違いがないよう慎重に記入してください。

 

申し込みの段階で、カードのブランドをVISA/MASTER/JCBの3つから選択します。どのブランドを選ぶかはご自身の想定に応じて決めましょう。1番人気はJCBですが、海外での利用を考えるなら世界シェアNo.1のVISAがおすすめです。また、JCBもVISAも既に持っている方はMASTERを選ぶのも良いでしょう。

審査完了後にカード発行

入力完了後に審査へ移りますが、先述の通り最短2分で審査が完了します。登録したメールアドレスに審査結果が送られるので確認しましょう。審査結果が中々送られてこないようであれば、webサイトの審査状況確認ページで現在の審査状況をチェックできますよ!審査に合格であれば、登録した住所宛に1週間〜10日ほどで郵送されます。

申し込みはこちら

カードが届いてからすること

無事にカードがお手元に届いたら、「初回登録」と「Tポイント利用手続き」をしましょう。初回登録はカード会員サービスメニューのご利用に必要です。Yahoo! JAPANカードのwebサイトにてカード番号と有効期限を入力すれば初回登録完了です。この登録によりご利用明細などの確認をwebで行うことができます。

 

同じくwebサイト内からTポイント利用手続きをすると、カードの利用に応じてTポイントを貯めることができますよ!また、支払い用金融機関の設定も忘れずに行ってくださいね。

Yahoo! JAPANカードの審査が甘いですが、どのような場合に審査に落ちるのでしょうか?審査落ちの可能性があるパターンをまとめてみました。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っているとクレジットカードの新規発行はできません。カード申し込み以前に、他のクレジットカードでの滞納歴があるとカード会社からの信用が損なわれ、ブラックリストに入っている可能性があります。

 

ブラックリストに載らないためにも、他のクレジットカードを保有している場合は支払い延滞をせずに、カード会社との信用を築いていきましょう。信用情報機関で本人開示請求を行えば、ご自身のこれまでの支払い履歴を確認できますので、不安な方は利用しましょう。

無職で収入がない

無職で収入がない方は審査に落ちる可能性が高いです。審査が緩めのMileagePlusセゾンカードでも、収入がなければ支払い能力が疑われて審査に落ちるケースがあります。支払うための十分な預金があることを証明するか、アルバイトでもいいので職に就いてから申し込みをしましょう。

 

ただし本人に収入がなくても、配偶者に十分な収入がある主婦の場合などは審査に通るケースは高いです。世帯で収入がない場合は審査落ちすると考えてください。

短期間にクレジットカードを何枚も発行している

短期間にクレジットカードを何枚も発行していると審査に落ちる可能性があります。クレジットカードの過剰発行は、早急に多くのお金を必要としている状態とカード会社に判断されます。この状態はブラックリストと同様でカードの新規発行ができない恐れがあるので避けましょう。

 

具体的には過去2ヶ月で2枚以上カードを発行している場合は、期間を空けてから申し込みましょう。2ヶ月間で3枚以上のクレジットカード新規発行はカード会社に怪しまれる原因となります。

入力内容に誤りがある

申し込み時の入力内容に誤りがある場合も審査落ちの対象です。電話番号を間違えて入力したために本人確認ができなかったり、審査に合格しても住所を間違えて入力したため、カードを受け取れず強制解約になったりすることがあります。

 

申し込みの際は、入力内容が間違ってないか何度も確認しましょう。単純な入力ミスだけでなく、収入を実際よりも多く入力するなど嘘の申告も審査落ちの原因となるので、正しい情報を申告してください。

キャッシング枠を0円にする

キャッシング枠を0円にして申し込むと審査に通りやすくなります。クレジットカードのキャッシング枠は「個人の借入額は年収の3分の1以下まで」とする賃金業法の総量規制の対象であるため、キャッシング枠を多くして申し込みをすると審査が厳しくなります。

 

キャッシング機能が欲しい人は、カード発行後にキャッシング枠を申請しましょう。申し込み段階ではキャッシング枠は0円にするのが審査に通りやすくするコツです。

クレジットヒストリーを積み上げる

良いクレジットヒストリーを積み上げていくと、カード会社から信用されるため審査に落ちにくくなります。クレジットヒストリーとは、今までのクレジットカードの利用歴のことです。支払い延滞などをしない良好なクレジットヒストリーを積み上げていきましょう。

 

特にフリーターなど正社員に比べ収入が不安定に思われる方は、延滞歴なしのクリーンなクレジットヒストリーを築くことがより大事になります。

 

支払い延滞歴がなくても、クレジットカードの利用歴が少ないのもクレジットヒストリー上はあまり良くないので、適度に利用して支払い実績を作ることが大事です。現金派の方は支払いを少しずつクレジットカードに変えてみてはいかがでしょうか。

固定電話の番号も登録する

固定電話がある方は申し込み段階で、携帯電話番号だけでなく固定電話の番号も入力しましょう。固定電話番号を入力することで、住所が嘘ではないという証明になります。また、携帯電話と固定電話の2つを登録しておけば、連絡がより取りやすいとカード会社に判断されるので、仮に滞納をしても催促がしやすいというカード会社側へのメリットが大きいです。

家族カードを発行してもらう

どうしても審査が厳しい方は家族カードを発行してもらいましょう。Yahoo! JAPANカードは家族カードの発行が可能で、対象は「同一生計内の配偶者、親、子ども」に限ります。兄弟は対象外なので注意しましょう。

 

家族カードの場合、支払いは本会員がまとめて行い、カード利用可能枠も本会員(カードを発行してくれる配偶者や親)と共有になります。家族会員自身にカード利用枠が別で与えられるわけではないことを覚えておきましょう。

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、PayPay

今回は、Yahoo! JAPANカードの審査基準と申し込み方法について解説しました。Yahoo! JAPANカードの審査は最短2分で完了する審査が甘いカードです。無料で発行できて基本還元率も高い上、このカードを持つとYahoo!関連のサービスをお得に利用できますので、Yahoo!ユーザーの方は発行してみてはいかがでしょうか。

ヤフーカードについて興味を持たれた方、さらに詳しく知りたいと思われた方にヤフーカードに関連する記事をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

TOPへ